基礎から学ぶ、タッチ決済について。世界ではもう当たり前!?

Square (スクエア), ブログ編集者

クレジットカードを端末にピッとかざすだけで、決済が行なえるタッチ(コンタクトレス)決済。一定額までは暗証番号の入力やサインが不要な手軽さを特徴とします。日本では対応端末の導入が開始したばかりの段階ですが、2020年の東京大会の会場内で、Visaのタッチ決済が採用されることもあり、今後タッチ決済を目にする機会が一段と増えることが予想されています。

そこで今回はタッチ決済の成り立ちを振り返りつつ、タッチ決済が浸透している海外と国内での使用状況を見比べていきます。最終章ではタッチ決済に一足早く対応したいというビジネスに向けて、タッチ決済の対応端末も紹介します。

01 タッチ決済とは?歴史と成り立ちを知ろう!
02 海外では当たり前?タッチ決済における、世界の現状
03 海外との違いを知ろう!国内でのタッチ決済の今と未来
04 今後の端末選びには「タッチ決済対応」が肝?タッチ決済の決済端末3社を比較!

執筆は2019年8月23日時点の情報を参照しています。