飲食店でセルフオーダーシステムを導入するべき?メリットや導入方法を解説

飲食店での注文の流れといえば、お客様がメニューを見て頼みたい品を決め、従業員が席で注文を受ける、が割と一般的かもしれません。一方、近年ではお客様がスマートフォンでQRコードを読み取り、自身のスマートフォンからメニューを確認し、注文する「セルフオーダーシステム」も少しずつ見かけるようになりました。従業員を介さず注文ができるため、感染症対策としても有効です。

便利そうには聞こえますが、「QRコードって、どうやって発行するんだろう」と、頭にハテナを浮かべる飲食店経営者も少なくないかもしれません。この記事では「セルフオーダーシステムを取り入れたい!」と考える飲食店経営者に向けて、セルフオーダーシステムの導入方法、費用、導入のメリットなどを解説します。

目次



セルフオーダーシステムって何?

セルフオーダーとは、英語で「自分で注文する」を意味し、主に飲食店で使われる用語です。セルフオーダーシステムとは、従業員を介さず機械などを通して、お客様が自身で注文するシステムを指します。

セルフオーダーシステムにはいくつか種類があります。

  • 食券販売機から食券を購入する
  • テーブルに設置してあるタブレットから頼む
  • QRコードにアクセスし、お客様が自身のスマートフォンから注文する

たとえば食券販売機は大手牛丼チェーンや、食堂、蕎麦屋などで見かけることが多いかもしれません。タブレットで注文する方法はファミリーレストランや居酒屋などで見かけることも増えてきました。

上記が主な種類で、費用や導入にかかる時間は種類によってそれぞれです。この記事では最近普及しつつある「QRコードにアクセスし、お客様が自身のスマートフォンから注文する」方法に着目します。

jp-blog-selforder01

セルフオーダーシステムの利用方法

難しそうにも聞こえるセルフオーダーですが、利用方法はいたってシンプルです。ここでは、

  • お店が行うこと
  • お客様が行うこと

に分けて、利用方法を見ていきましょう。

jp-blog-selforder-new00

セルフオーダーシステムのメリット

セルフオーダーシステムは、以下のような飲食店に向いているといえます。

jp-blog-selforder-new01

小さな飲食店だと、キッチンとホールに一人ずつ、など限られた人数でお店を回すことも稀ではありません。セルフオーダーシステムの採用は、「注文を伺う」というステップが省かれる分、注文のタイミングでお客様を待たせてしまう、という問題の解消になります。規模の大きな飲食店なら、ホールの人数を減らし、人員コストの削減にもつなげられるかもしれません。さらにはPOSレジやキッチンプリンターなどに送信される注文データをもとに調理を進めるので、手書きの伝票の読み間違いや、口頭での伝達ミスによるオーダーミスの防止にもなります。

新しいメニューを追加したいときは、システムに登録するだけ。売り切れ商品も同様に登録して、反映するだけです。メニューを都度作成したり、全メニューに「売り切れ」と書いたり、テーブル分のメニューを印刷したり……などの手間が省けます

セルフオーダーの導入は、接触機会を減らす方法の一つでもあります。指紋だらけになってしまうメニュー、注文する際の従業員との会話……外食をしたいお客様はたくさんいても、状況を踏まえると、不安に感じる場面はいくつかあるかもしれません。お客様自身がスマートフォンから注文できるセルフオーダーの導入は、お客様に少しでも安心して飲食してもらうための施策にもなります。

セルフオーダーシステムのデメリット

セルフオーダーシステムには多くのメリットがある一方で、以下のような飲食店には向いていないともいえます。

jp-blog-selforder-new02

スマートフォンに慣れていない、あるいはスマートフォンを持っていないなどの客層が主な場合は、逆に不便に感じられてしまう可能性もあるでしょう。さらにはカウンター席しかないお店など、口頭で注文したほうが早い場合、セルフオーダーシステムの導入は逆に非効率かもしれません。

また、セルフオーダーシステムによっては、注文だけでなく決済までできるものもあるため、お客様との交流がぐんと減る点が気になる場合もあるようです。たとえば従業員が口頭で本日のメニューや食材を説明するのが大事なおもてなしの一部、というお店では、セルフオーダーシステムの導入は不向きといえます。ただ、感染症の状況を踏まえて、会話を減らせるように説明方法を工夫することを検討してみてもいいかもしれません。

費用はタダ。Squareのセルフオーダー機能を活用しよう!

初期費用や月額利用料金がかかるセルフオーダーシステムが多いなか、Squareでは注文から決済までを終えられるセルフオーダー機能を無料で導入(※)することができます。

※Visa, Mastercard, American Expressは3.6%の決済手数料が決済ごとに発生します。

導入からQRコードを発行するまでは、すべてオンライン上で簡単に行えます。おおまかにいうと、以下の四つのステップを踏むことで、メニューにアクセスできるQRコードが発行できます。

(1) Squareで無料アカウントを作成する
(2) Squareのウェブサイト作成機能にある【オンラインでオーダー】のページにメニューを登録し(※)、お客様がアクセスするウェブサイトを公開する
(3) 店内にある座席の数と、座席の名前(番号など)を設定する
(4) QRコードを発行する

※新たなメニューの追加、提供を終了したメニューの削除などは、オンラインでオーダーのページからその都度編集できます。

発行したQRコードは、印刷してテーブルに提示しましょう。より細かな設定手順は以下の記事をご参考ください。

▶︎「Square オンラインビジネスでセルフオーダーとQRコードを設定する

Squareのセルフオーダー機能での注文方法は以下の通りです。

お客様が行うこと:
(1) QRコードを読み取りメニューにアクセス、注文したい品を選択
(2) 支払い画面に進み、クレジットカード決済をする

飲食店の従業員が行うこと:
(1) Square POSレジ(※)の注文通知、またはキッチンプリンターに送られてきたオーダーをもとに、調理・配膳する

※注文通知を受け取るには、あらかじめにSquare POSレジをダウンロードしておく必要があります。ダウンロードも利用も無料です。キッチンプリンターにオーダーが送信されるよう設定することも可能です。

jp-blog-selforder02

注文と一緒に決済も完了しているので、食事後、レジでのやりとりは不要。現金を扱わずに済むのは、従業員にとってもお客様にとっても、衛生面においてうれしい点でしょう。

また、セルフオーダーを受け付けるために作成したウェブサイトからは、デリバリーの注文事前注文も受け付けられるよう、設定することができます。そのため、セルフオーダーに合わせて「テイクアウトの注文をオンラインで受けたいと思っていた」「ちょうどデリバリーに注力したいと考えていた」などといった飲食店経営者は、同じウェブサイトをこれらに役立てることができます。お客様にはソーシャルメディアなどで、ウェブサイトのリンクを共有し、テイクアウトやデリバリーの存在を宣伝しましょう。

無料であなたのビジネスに合ったネットショップを

Squareなら店舗もネットショップも一括で管理。無料で簡単に始められます。

接触機会を減らしつつ、業務の効率化にもつながる、セルフオーダー機能。まずは無料で使えるSquareのセルフオーダー機能から導入を検討してみてはいかがでしょうか。


続けて読もう!

Squareのブログでは、起業したい、自分のビジネスをさらに発展させたい、と考える人に向けて情報を発信しています。お届けするのは集客に使えるアイデア、資金運用や税金の知識、最新のキャッシュレス事情など。また、Square加盟店の取材記事では、日々経営に向き合う人たちの試行錯誤の様子や、乗り越えてきた壁を垣間見ることができます。Squareブログ編集チームでは、記事を通してビジネスの立ち上げから日々の運営、成長をサポートします。

執筆は2020年2月8日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。