Squareのキャッシュレス決済

キャッシュレス決済を導入して

もっとお客さまが喜ぶお店に

キャッシュレス決済とは

キャッシュレス決済について、改めておさらいしましょう

テクノロジーの急速な進化に伴って、現金以外の手段を使って決済を行う「キャッシュレス決済」が、今や世界中で当たり前になりつつあります。日本国内でも、政府が主導して事業者のキャッシュレス決済導入を促進。経済産業省は、2025年までに国内のキャッシュレス決済比率を40%程度、最終的には世界最高水準の80%まで引き上げることを目標としています。

PD03730 - S3
クレジットカード決済

PD03730 - PayPay
QRコード決済

PD03730 - T2 and iPhone
電子マネー決済

PD03730 - R12
デビットカード決済

一口に「キャッシュレス決済」と言っても、その種類はさまざま

以前から最も馴染みのあるキャッシュレス決済手段として広く普及しているのはクレジットカードです。しかし、今ではそれ以外にもさまざまなキャッシュレス決済手段があります。たとえば、公共交通機関が発達している日本ならではの交通系電子マネー、近ごろ利用者が急激に増えているQRコード決済、また、店舗ではなくオンラインで決済を完了できる手段も、広い意味ではキャッシュレス決済と言えるでしょう。

これからキャッシュレス決済の導入を考えているビジネスオーナーとしては、このような幅広い決済手段に、どこまで/どのように対応すればご自身のビジネスにとって効果的なのか悩ましいところではないでしょうか。

キャッシュレス決済のメリット

現金を持たずに外出できる身軽さや、店舗スタッフとの物理的な接触を減らせるため衛生面でも安心など、キャッシュレス決済のメリットを実感している消費者も多く、今後、お店にキャッシュレス決済対応を求める声はますます広がっていくでしょう。

icon-cash
現金をやりとりする必要がない
お釣りのやりとりに時間を取られない、高額な買い物を予定している時も多額の現金を持ち歩かずに済む、ATMを探す必要がないなど、現金を持たずにお買い物できることがキャッシュレス決済の一番のメリットです。

icon-globe
ポイントやマイレージがたまる
各クレジットカード会社やQRコード決済会社などでは、会員向けにお得な特典を用意しています。購入額に合わせてポイントやマイレージを貯められたり、特定のお店で割引を受けられたりと、さまざまな特典は現金にはないメリットです。

icon-timer
非接触決済(タッチ決済)でスピーディ、衛生的なお会計
端末にカードをかざすだけで支払いができる非接触決済(タッチ決済)なら、サインや暗証番号の入力が必要ない*ので、圧倒的にお会計が早く終わります。しかも、現金を介さないので店舗スタッフとの物理的な接触を減らすことができ、衛生面でも安心です。

*購入額によってはサイン・暗証番号入力が求められます。

お店のメリット

icon-emotion happy
顧客満足度の維持・向上
キャッシュレス決済を導入していれば、お客さまは現金の持ち合わせを気にすることなく、欲しい商品を購入したりメニューを注文したりできます。逆に、キャッシュレス決済ができないために欲しいものが買えないことは、残念な体験として記憶されてしまいます。お客さまの満足度を維持・向上させるためにも、キャッシュレス決済には対応しておきたいところです。

icon-chartline
販売機会・客単価の向上で売上アップ
欲しいものがあるのに、手持ちがないことでお客さまが購入を諦めてしまうのは、お店にとっても大きな機会損失です。また「支払いはできるだけキャッシュレスで済ませたい」という層に対応するためにもキャッシュレス決済の導入は欠かせません。

icon-bank
現金管理のコストを削減
Squareの調査によれば、レジに入っている現金の集計や銀行への入金など、事業者は毎月12時間以上を現金の管理に費やしています。キャッシュレス決済を導入すれば、現金管理の時間を短縮でき、コスト削減につながります。

キャッシュレス決済サービスを選ぶポイント

キャッシュレス決済を導入するにあたり最も手軽な方法は、「決済代行会社」と呼ばれるキャッシュレス決済サービス提供企業を利用することです(Squareも決済代行会社です)。そうすることで、さまざまな種類のキャッシュレス決済をまとめて導入でき、管理がしやすくなるからです。
決済代行会社によって提供しているサービス内容や料金が異なるため、以下のようなポイントを参考にして、ご自身のビジネスに一番フィットするものを選ぶことをおすすめします。

対応している決済手段は?

上記のとおり、キャッシュレス決済にはさまざまな種類があります。なるべく幅広い手段に対応しているサービスが望ましいことは言うまでもありません。特に、決済端末にカードやスマートフォンをかざすだけで決済が完了するタッチ決済は、その便利さや衛生面での安心感から、今後ますます需要が増えると考えられます。1台の決済端末でさまざまなタッチ決済に対応できるかどうかはチェックしておきたいポイントです。

手数料や月額固定費がどうなっているか?

キャッシュレス決済サービスごとに、料金体系は細かく違います。決済ごとにかかる決済手数料や月額使用料、契約料の有無を確認しましょう。キャンペーンなどで決済端末代金は実質無料でも、サービス加盟後のランニングコストを考えると割高になる、といったことがないように気をつけたいところです。

導入プロセスは?期間は?

いざキャッシュレス決済の導入を決めたとしても、サービスによっては契約手続が複雑だったり審査に時間がかかるために、申し込みから利用を始めるまで1か月かかる、といったこともあり得ます。キャッシュレス決済導入のダウンタイムを極力抑えるためにも、申込み方法や審査期間などの導入プロセスについて確認しておきましょう。

入金サイクルは?

キャッシュレス決済では、当日の売上げが即入金されることはありません。入金サイクルは、毎月1回だったり、毎月2回だったり、キャッシュレス決済サービスによって頻度もタイミングもさまざまです。ビジネスを円滑に運営するためにも、売上金がなるべく早く入金されるサービスを選んでおくと安心です。

Squareのキャッシュレス決済を導入するメリット

売上金の入金は最短翌日

月1回の入金では資金繰りが大変、という理由でキャッシュレス決済(※1)の導入に踏み切れずにいるビジネスオーナーもいらっしゃるのではないでしょうか。Squareなら、当日の売上額は最短で翌営業日(※2)に振り込まれます。振込手数料もかかりません。

※1: Squareで受け付けられるキャッシュレス決済には、Visa, Mastercard, American Express, Diners Club, Discover, JCB, 交通系IC(Suica, PASMO, Kitaca, TOICA, manaca, ICOCA, SUGOCA, nimoca, はやかけん), iD, QUICPay, PayPayが含まれます。
※2: 三井住友銀行・みずほ銀行をご登録の場合、0:00 から23:59 までの決済分が、決済日の翌営業日に振り込まれます。
三井住友銀行とみずほ銀行以外の金融機関口座をご登録の場合:毎週水曜日で締め、同じ週の金曜日に合算で振り込まれます。

決済の受付は、最短当日から

Squareアカウントの登録に面倒な手続きは一切必要ありません。オンラインで、いつでもどこでもたったの数分で完了します。お申し込み後、一部クレジットカードブランドについては最短でお申し込み当日から決済を受け付けることもできます。カード決済を受け付ける場合は、Squareの決済端末をご用意ください(※)。

※Squareショップからご購入いただけます。お届けまでに2日から5日程度かかります。

キャッシュレス決済手数料は一律、固定費は0円

Squareでは、キャッシュレス決済のご利用に月額費などの固定費は一切かかりません。初期費用は決済端末の購入代金(Square リーダー:7,980円、Square ターミナル:49,800円、Square スタンド:29,980円)のみです。また、ご利用の際にかかる決済手数料に関しては、業種や事業規模にかかわらず一律3%台です。

※Visa, Mastercard, American Express, Diners Club, Discover, 交通系IC, PayPay…3.25%
iD, QUICPay…3.75%
JCB…3.95%

詳しい料金体系はこちらからご確認ください。

無料で使える、機能充実のPOSレジアプリ

小売店で役立つ在庫管理機能や、請求書の作成・送信機能、飲食店で便利なオーダーエントリーシステムや複数店舗管理機能、あらゆる業種でご活用いただける売上レポートなど、豊富な機能を兼ね備えたSquare POSレジが、どなたでも無料でご利用いただけます。始め方はかんたん、Squareアカウントを作成してSquare POSレジのアプリをダウンロードするだけです。

※一部有料機能を除く。無料で使える機能はこちらからご確認ください。

持ち運びに便利、コンパクトな決済端末

屋外イベントやケータリング、宅配サービスなど、お店の外で販売する場合、Square リーダーやSquare ターミナルが便利です。どちらも軽量でコンパクト、ワイヤレスなので持ち運びもらくらく。どこでも好きな場所でキャッシュレス決済を受け付けられます。飲食店なら、お客さまのテーブルでお会計することもできます。

キャッシュレス決済の導入方法

1. 無料のアカウントを作成する

Squareのキャッシュレス決済をご利用いただくには、アカウントの作成が必要です。アカウントの作成はパソコンやスマートフォンから可能で、数分程度で終わります。作成時には、メールアドレス、事業内容、代表者の情報、決済代金の入金先口座情報などをご入力いただきます。


2. 審査結果をメールで受信

アカウント作成時にご登録いただいたメールアドレスに、キャッシュレス決済に関する審査結果が届きます。審査が完了し、有効化されると、キャッシュレス決済をご利用いただけるようになります。


3. 決済端末の準備

キャッシュレス決済にはSquareの決済端末をご利用くだい。Squareショップ(公式オンラインショップ)、または正規代理店からご購入いただけます。決済端末がお手元に届いたら、使い方ガイドに従って初期設定をします。


4. キャッシュレス決済のご利用開始

端末の準備ができたら、キャッシュレス決済の受け付けを開始いただけます。決済を受け付けた後は、売上の代金から決済手数料を差し引いた金額が自動でご登録いただいた口座に振り込まれます。


よくある質問

  • Squareで利用可能なキャッシュレス決済の種類を教えてください。

    Squareで利用可能な決済サービスには、クレジットカード決済(タッチ決済を含む)、PayPay決済、電子マネー決済、Apple Pay、オンライン請求書決済、ブラウザ上から行う決済、リンク型決済があります。

  • アカウント開設後、決済の受け付けが可能になるまで、どのくらい時間がかかりますか?

    Squareアカウント作成後、Visa、Mastercard、American Expressの決済については審査期間として通常1~3営業日程度をいただいています。最短の場合、アカウント作成当日からご利用可能です。JCB、Diners Club、Discoverについては、別途株式会社ジェーシービーによる審査(通常2~3週間程度)が完了し次第ご利用いただけます。PayPayのご利用は、Square データから手動で有効化し、別途PayPay株式会社による審査(通常10~30日)が完了し次第ご利用いただけます。
    電子マネーのご利用は、Square データから手動で有効化する必要があります。また、決済代金の振込は、登録銀行口座の認証完了後(通常3営業日以内)に開始されます。Squareアカウント作成に関する詳細は こちらをご参照ください。アカウント開設後の流れは、導入に関する詳細ページをご参照ください。アカウントはこちらのフォームから作成いただけます。

  • 支払いのサイクルについて教えてください。

    Squareアカウントが有効化され、金融機関の口座登録が完了したら、売上代金の入金はSquareの振込スケジュールに沿って自動的に開始されます。三井住友銀行・みずほ銀行の口座をご登録された場合、最短翌営業日に入金されます。それ以外の金融機関口座をご登録された場合は、毎週水曜日締め、同じ週の金曜日に合算で入金されます。事業の規模や業種にかかわらず、振込手数料はかかりません。詳しくは、Squareの振込スケジュールをご参照ください。

  • Squareのキャッシュレス決済は安全ですか?

    Square のセキュリティは、ビジネスオーナーとその顧客の両方をしっかりとお守りします。Squareでは、不審な取引が行われていないか、決済を常時監視しています。機械学習と専門のスタッフが連携し、日々変化する不正行為の傾向に合わせてアルゴリズムを調整しています。支払い異議申し立てが発生した際は、当社のエキスパートがサポートいたします。詳細は、Squareの決済セキュリティページをご参照ください。

  • キャッシュレス決済で払い戻しはできますか?

    クレジットカード、PayPay、iD・QUICPayを利用した決済では払い戻しが可能です。交通系ICでのお取引は、払い戻しができませんのでご注意ください。詳細は、払い戻しのページをご覧ください。

  • 導入や運用に関する質問の問い合わせ先はどこですか?

    導入に関するお問い合わせはサポートセンターのお問い合わせフォームよりお願いいたします。担当者より折り返しご連絡をさせていただきます。Squareの導入ガイドコミュニティページでもさまざまなご質問にお答えしていますので、ご参考ください。