病院・クリニックにもSquare

病院・クリニックのカード決済にピッタリのサービス

病院でのキャッシュレス決済の需要

便利かつ接触を減らせる支払い方法として幅広い場面で利用されている、キャッシュレス決済。Squareの調査によれば、7割以上の人が普段の支払方法としてクレジットカードを利用しています。このような利用者の需要に応えるべく、病院、クリニックや薬局などの医療に関わる施設でもキャッシュレス決済への対応が徐々に進んでいます。加えて、外来だけでなく、往診や遠隔診療など多様な場面に対応できる決済方法が求められています。

キャッシュレス決済を導入するメリット

患者さまの負担軽減

クレジットカードや電子マネーなど、現金以外の支払手段を選べることで、「手持ちが足りるかどうか不安」「高額な現金を持ちたくない」「現金に触れたくない」といった支払いにまつわる患者さまの不安の軽減につながります。

待ち時間の短縮

金額の確認やお釣りの準備が必要のないキャッシュレス決済なら、患者さまがストレスに感じる診療後の待ち時間を短縮することもできます。通院が必要な患者さまなら、事前に患者情報登録をしておけばより早くお支払いを済ませられます。

他院との差別化

普段現金をあまり使わない患者さまは、キャッシュレス決済が使えるかどうかで通院先を選ぶかもしれません。急な怪我や病気などの際には、現金の手持ちを気にせずに行ける病院のほうが利便性が高く、患者さまの満足度向上につながります。

業務効率化

現金の管理や釣り銭の補充、レジ締め時の集計作業など、キャッシュレス決済を導入することでこれらの現金にまつわる業務負担の軽減につながります。受付スタッフの負担が減り、病院全体の業務効率化に貢献します。

Squareの3つのメリット

「入金が遅いので資金繰りが大変」「固定費が高い」「レジ締めに時間がかかる」など、従来の悩みをSquareが解決します。

決済代金は最短翌営業日入金

キャッシュレス決済で受け付けた売上は、最短翌営業日にご登録の金融機関口座にお振込みします。通常かかる振込手数料は、Squareなら必要ありません。

固定費の負担が無料

月々の契約費用、売上の振込時にかかる手数料、返金手数料、解約手数料など、Squareならこれらの費用が無料。固定費を気にせずにキャッシュレス決済を導入できます。

レジ締めの時間短縮

電子マネー・クレジットカード・現金など支払い方法別の売上レポートがリアルタイムで確認できます。レジ締めにかけていた時間をぐっと短縮できます。


Square導入までの流れ

必要なのは無料のアプリとSquareの決済端末だけ。導入はとてもかんたんです。

Step 1: 無料アカウントを作成

メールアドレス、事業内容、入金先口座情報などを登録します。

Step 2: カード決済の有効化

最短申し込み当日からカード決済が可能。登録したアドレスに審査結果をお知らせします。

Step 3: 電子マネー決済の有効化

審査通過後、導入したい電子マネーのブランドをSquare データより有効化してください。

Step 4: 決済端末の準備

カード決済にはSquareの決済端末をご利用ください。決済端末がお手元に届いたら、使い方ガイドに従って初期設定をします。


固定費がすべて0円

Squareの料金体系はとてもシンプル。決済手数料以外の費用は一切かからず、事業規模や実績による手数料の違いもありません。

料金に関して詳しくは >

固定費

0円

解約費

0円

振込手数料

0円

Squareにおける審査に加えて、Visa・Mastercardカードのお取り扱いは三井住友カード株式会社、American ExpressカードはAmerican Express International, Inc.、JCB・Diners Club・Discoverカードのお取り扱いは、株式会社ジェーシービーによる審査が必要です。審査結果によってはカード決済サービスまたは一部カードブランドでの決済をご利用いただけない場合があります。現時点では、タクシー・ハイヤー等での電子マネー決済のご利用はできません。ご了承ください。