経営者なら活用したいフィンテックを使ったサービス

Alt text

フィンテック(Fintech)という言葉を聞いたことがありますか。フィンテック(Fintech)とは、金融を意味するファイナンス(Finance)と技術を意味するテクノロジー(Technology)を合わせた造語です。フィンテックの発達に伴って、ビジネスを含めて、生活のさまざまな場面に変化が起きつつあります。

今回は、経営者なら知っておきたいフィンテックの活用について紹介します。

フィンテックとは

Alt text

フィンテックと呼ばれるものにはさまざまなシステムがありますが、近年では、ICT(情報通信技術)を用いた革新的な金融商品やサービスを指すことが多いようです。

参考:フィンテック(Fintech)とは(富士通総研)

決済や送金、資産運用など多岐に渡るサービスに及び、日本でも金融業界がフィンテックを積極的に導入できるよう、金融庁が銀行法などの関連法令の改正を進めています。

参考:フィンテックに関する現状と金融庁における取り組み(金融庁)

フィンテックの活用は、個々人の生活を変化させるだけでなく、経営にまつわる業務の効率化が期待できます。

バックオフィスを楽にするフィンテック活用

Alt text

フィンテックを活用したサービスの中でも、経営者にとって役立つのはバックオフィスにまつわるサービスではないでしょうか。請求書の処理や経費精算、小規模の企業では経営者自らが経理や総務といったバックオフィスの業務を担当していることあるでしょう。商談や資金調達などの業務に集中するためにも、バックオフィスにかける時間をなるべく減らしたいものです。

バックオフィスに活用できるフィンテックのサービスを紹介します。

請求書業務

事業運営には欠かせない請求書。請求書を取引先に発行することもあれば、請求書を受け取ることもあります。

事業がうまく行けば、取引先が増えたり、取引内容が複雑化したりなどで、作成する請求書の量も管理する量も増えます。請求書はお金のやりとりを証明する書類として、証憑書類に該当し一定期間保管することが法律によって義務付けられています。

大事な書類である一方、経理に割く人員に余裕がない場合、請求書関連の事務作業はなるべく効率化したいものです。そこで、活用できるのが、パソコンやスマートフォン上で簡単に請求書を作成し、インターネットを利用して送れるクラウド請求書です。

Square 請求書なら、パソコンやスマートフォン上で作成した請求書を、メールで送付できるので、印刷や郵送の手間が省けます。

会計業務

領収書や請求書、通帳に記載されている数字を一つひとつ表計算ソフトに入力する作業は、単純なようでミスの許されない作業です。起業したばかり、個人事業主として独立したばかりだと慣れないこれらの業務に時間がかかってしまうこともあるかもしれません。

たとえば、freeeMFクラウド会計など、クラウド会計ソフトが増えています。銀行やクレジットカードのデータを自動で取り込んだり、クラウド請求書と連携して売掛金の管理ができたり、会計業務にかかる時間と手間を減らすサービスが登場しているので、自社にあったサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

オンラインで送信・管理ができる請求書

Square 請求書を導入する
無料のアカウントを作成

レジ業務

お店やイベント出店時にお客様とお金のやりとりをするレジ。アルバイトスタッフにレジを任せているお店も多いかもしれません。大手のスーパーマーケットなどでは無人レジが登場するなど、レジも日々進化しています。

小規模なお店で無人レジの導入は難しいかもしれませんが、今ではスマートフォンをレジ代わりに使えるサービスがあります。

スマートフォンにクレジットカードリーダーと呼ばれる比較的小型の機器を接続し、専用のアプリケーションをインストールすれば、レジ端末として使えます。

スマートフォンを使ったレジを導入するメリットには、次のようなことがあります。

初期費用を抑えられる
普段使っているスマートフォンを利用できるので、新たに決済端末などのハードウェアを購入する必要がなく、初期費用を抑えられます。

使いやすい
スマートフォンを日常的に利用している人も増えている中、普段使っている端末なら短期間で使いこなせるようになることが期待できます。

「簡単にカード決済を導入できる、スマホ決済とは」の記事もぜひ参考にしてみてください。

Squareなら、カード決済に必要な専用のICカードリーダーを4,980円で購入できます。また、月額料金も不要で、決済手数料のみ発生するので、ランニングコストも抑えられます。

「経営者にオススメ、Squareの機能とサービスをまとめてみました。#ビジネスするならスクエア」の記事もぜひ参考にしてみてください。

資金調達

事業に必要な資金調達。自己資金でまかなったり、知人友人や金融機関から借りたりなどの方法が一般的でしたが、クラウドファンディングを使った資金調達を活用するケースも増えているようです。

インターネット上で起業や製品開発のための資金を広く多くの人から募る、クラウドファンディング。目標額を達成するのは簡単ではありませんが、多くの人に応援してもらうことでモチベーションが上がったり、起業や商品を販売する前からファンが付いたりなどのメリットもあります。

インターネットで資金調達!クラウドファンディングについて」の記事も参考にしてみてください。

スマートフォンやタブレット端末の普及、AIの活用などでフィンテックを使った新たなサービスが日々登場しています。経営者の業務を楽にするツールを積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

モバイル決済を導入してビジネスシーンにフル活用させましょう。
まとめてみました ! クラウド請求書とブラウザ決済の違い

執筆は2018年5月25日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash

さらに詳しく

Square 請求書への登録

その場で請求書を送信して代金をすぐに入金

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。