従業員管理を利用している場合は、Square タイムカードで従業員の勤務時間を管理することができます。タイムカードの設定が完了すれば、Square データを開いてすぐにタイムカードレポートを確認できます。

現在、残業代は全て25%割増で計算されパーセンテージの数字を変更することができませんので、あらかじめご了承ください。残業や休憩時間など労働基準法について詳しくは、 厚生労働省のページでご確認ください。

残業ルールを設定する

現在、残業代は全て25%割増で計算されパーセンテージの数字を変更することができません。残業の設定はデフォルトでオフになっています。25%割増の計算のみでよい場合は、下記の操作を行い機能をオンにします。

  1. Square データにログインし、[タイムカード] > [設定] の順に進みます。
  2. [残業と休憩] の画面で、日次および週次の制限、倍額支給時間の制限を設定します。詳しくは 厚生労働省のページをご確認ください。
  3. [保存]します。

勤務期間を設定する

勤務期間を設定することで、Square タイムカードから事業運営に基づく残業時間の計算やレポートの作成ができるようになります。深夜過ぎに勤怠を記録することが多い場合、就業日の開始時刻はシフトの終了時刻から1時間は空くように設定します。たとえば、午前2時に閉店するバーを経営していて従業員の退勤が午前3時である場合は、就業日の開始時刻を午前4時に設定します。これは残業が発生した際に、その勤怠の確認を同就業日中にできるようにするためです。

  1. Square データから [タイムカード] > [設定] > [勤務期間] の順に進みます。
  2. 勤務開始の週と時間を設定します。
  3. [保存] をクリックします。

残業時間および休憩時間の確認と設定を行う

残業時間の設定は、店舗の営業時間と自動的に関連付けられます。Square データの [アカウントと設定] にアクセスして、 [ビジネス] > [店舗情報]から自分の店舗の営業時間が確認できます。

従業員が賃金の異なる複数の職種を担当している場合、残業時間分の賃金は、非残業分の賃金の合計額を総労働時間で割ることによって求める、加重平均の方法で算出されます。

休憩時間の記録機能を設定する

  1. Square データから [タイムカード] > [設定] > [休憩の設定] の順に進みます。
  2. [新しい休憩を追加] をクリックして、最初の休憩時間を追加します。
  3. 名称および休憩時間を追加し、該当の時間の報酬設定(有給または無給)を選択します。
  4. [保存] をクリックして休憩の設定を確定します。
  5. 休憩は各店舗につき最大3つまで追加できます。

タイムカードの記録をオンにする

アクセス権限、従業員およびタイムカードの設定がすべて完了したら、Square POSレジアプリで休憩時間を記録できるようになります。

まずは、Square POSレジアプリにログインし、[設定] > [従業員管理] の順に選択して、[Squareレジで就業時間を記録する] をオンに切り替えます。

個別の端末を特定の店舗に関連付けしている場合、従業員がその店舗で端末を扱うアクセス権限があることを確認してください。Square データの [従業員] に移動し、従業員名を選択後、正しい店舗が選択されているかご確認ください。

出勤/退勤・休憩時間の記録・職種の切り替えを行う

タイムカードで従業員の勤務時間を記録する前に、あらかじめPOSレジのパスコードを従業員に割り当ててください。パスコードを割り当てると、従業員はPOSレジアプリからタイムカードの打刻ができるようになります。

出勤/退勤を打刻する

タブレット端末で出勤/退勤時間を打刻するには、次の手順を行います。

  1. Square POSレジアプリの右下にある時計アイコンをタップします。別の従業員がアプリにログインしている場合、このボタンにはXXをログアウトと表示される場合があります。
  2. 自身の4桁のパスコードを入力します。打刻対象の役職に当てはまるものがある場合は、それを選択します。
  3. [出勤] をタップします。

退勤時間を打刻するには手順1~2に沿って進めてから、[シフト終了] > [シフトの終了を確認] の順にタップします。

従業員管理が有効の場合、Square POSレジアプリに時計アイコンが表示されます。

スマートフォンで出勤/退勤時間を打刻するには、次の手順を行います。

  1. ナビゲーション バーで3本線のアイコンをタップします。 3本線のアイコン
  2. [出勤/退勤] をタップします。
  3. 自身の4桁のパスコードを入力します。打刻対象の役職に当てはまるものがある場合は、それを選択します。
  4. [出勤] をタップします。

退勤時間を打刻するには手順1~3に沿って進めてから、[シフト終了] > [シフトの終了を確認] の順にタップします。

メモ:自分のメールアドレスとパスワードでSquare POSレジアプリにログインしている代理人キャッシャーは、POSレジにパスコードを入力することなくタイムカードの打刻が可能です。

休憩を開始する

  1. iPadで休憩に入る処理を行うには、[ 時計アイコン]をタップします。iPhoneの場合は、ナビゲーション メニューから [出勤/退勤] をタップします。 JP iPad_Tap Clock Icon
  2. 従業員のパスコードを入力します。
    JP iPad_Enter Employee's Passcode
  3. [休憩を取る]を選択します。JP iPad Take Break
  4. 休憩を開始するにあたって利用できるオプションがある場合は、それを選択します。

休憩を終了する

  1. iPadで休憩を終える場合は、時計アイコンをタップします。iPhoneの場合は、ナビゲーション メニューから [出勤/退勤] をタップします。
  2. 従業員のパスコードを入力します。
  3. [休憩を終了] を選択します。
  4. 休憩の終了を確定します。

職種を切り替える

あるシフトの時間中に職種を切り替えるには、次の手順を行います。

  1. 時計アイコンをタップします。iPhoneの場合は、ナビゲーション メニューから [出勤/退勤] をタップします。
  2. 従業員のパスコードを入力します。
  3. [職種を切り替え] をタップし、別の職種を選択します。