従業員管理を使うと、従業員がSquareタイムカードに記録した勤務時間を管理することができます。タイムカード レポートは勤務時間の計算にかかる時間を節約することができます。従業員のタイムカードを設定してから、Squareデータタイムカード レポートでご確認ください。

タイムカード レポート

レポート

タイムカード レポートを表示するには、次の手順を行います。

Squareデータで タイムカード > [レポート] の順にアクセスします。

タイムカード レポートには、あなたが選択した期間で、各従業員の勤務時間のサマリーが表示されます。

履歴

タイムカードの [履歴] ページを表示するには、タイムカード > [履歴] の順にアクセスします。

タイムカードの [履歴] ページには、各従業員のタイムカードの内訳が表示されます。開いているタイムカードの横に、緑色の点が表示されます。

従業員のタイムカードを編集する

Squareデータから従業員のタイムカードを編集するには、次の手順を行います。

  1. タイムカード > [履歴] をクリックします。編集するタイムカードを探すには、レポートのフィルターを設定します。
  2. タイムカードを見つけて、[編集] をクリックします。
  3. 出勤 / 退勤時間または日付を調整します。
  4. [保存] をクリックします。

タイムカード レポートをエクスポートする

タイムカードやタイムカード レポートをエクスポートするには、次の手順を行います。

  1. タイムカードにアクセスします。
  2. 必要に応じて、[レポート] または [履歴] をクリックします。
  3. タイムカード レポートの CSV ファイルをダウンロードするには、[エクスポート] をクリックします。

エンコーディング形式

タイムカードのCSVファイルは UTF-8 フォーマットでエンコードされるため、Microsoft Excel で開くといわゆる「文字化け」が発生し、文字が正しく表示されません。文字化けが発生する際は、Googleスプレッドシートを利用し、以下の手順でファイルを確認するようお勧めします。

  1. Googleスプレッドシートにアクセスします。 (Googleドライブへのログインが必要です。)
  2. Googleスプレッドシートで [ファイル] > [インポート] の順にクリックします。
  3. [アップロード] を選択して、Squareデータからダウンロードした CSV テンプレートを選択します。
  4. [現在のシートを置換する]を選択し 、[インポート]をクリックします。
  5. インポート後、Googleスプレッドシートで内容を修正することも可能です。
  6. ファイルを保存する場合、[ファイル] から形式を指定して [ダウンロード]、[カンマ区切りの値] (.csv、現在のシート) を選択します。