経営者にオススメ、Squareの機能とサービスをまとめてみました。#ビジネスするならスクエア

Two employees at coffee counter

Squareといえば、クレジットカード決済を思い浮かべる方も多いかもしれません。Squareは経営者のお役に立てる、便利でかんたんに使える機能やサービスを多く提供しています。しかも、無料でご利用いただけるものもたくさんあります(※)。

今回は経営に携わる方にとって、日々の業務に役立つ、クレジットカード決済も含めたSquareを使いこなす方法をご紹介します。

※クレジットカードの決済手数料など、料金について詳しくはこちら

カフェや美容院、ゲストハウスのカード決済ならスクエア

飲食店や小売店、美容院、ゲストハウスや旅館の宿泊施設を経営している方。カードの需要がすでにある、もしくはカード利用を増やすことで客単価をさらにアップしたいと考えている経営者もいらっしゃるのではないでしょうか。

Squareなら必要な手続きは、アカウントの登録とICカードリーダー(税込4,980円)の購入のみ。スマートフォンやタブレットに届いたICカードリーダーを取り付けるだけで、カード決済を受け付けられるので、レジ周りにあまりコストをかけず、スマートにお会計をしたいという経営者にはぴったりではないでしょうか。

こちらも合わせてお読みください>>

顧客満足度向上!カフェのレジ周りに用意したいもの
支払いもおもてなし。ホテルや旅館にもクレジットカード決済を導入しましょう。
クレジット決済をかんたんに。ICカードリーダー導入のすすめ


【ICカードリーダーを利用している加盟店】

Dongree コーヒースタンドと暮らしの道具店(京都)
Kinco. hostel + cafe(高松)


オンラインショップやエンジニア、クリエイターの請求ならスクエア

Alt text

オンラインショップを経営している方、電話で注文を受けている方、フリーランスのエンジニアやデザイナー。他にも、陶芸や家具の作家で出来上がり次第予約したお客様に作品を発送している方もいらっしゃるかもしれません。

経理や営業活動など一人でさまざまな役割をこなす中で、お代を請求して入金を確認するプロセスは大切な業務である一方、負担にもなっていませんか。そんな方にオススメの請求方法を紹介します。

■オンライン請求書を送付する

電話で注文を受ける際や予約を受け付ける際に、お客様のメールアドレスを聞いておきましょう。メールでSquareのオンライン請求書を送れば、お客様は受け取ったメールからそのままカードを使って決済ができます。この方法なら海外のお客様からの注文にも対応できます。

さらに月謝や家賃、会費など定期的に同額を請求しているなら、カード情報保存機能を使うことで費用をお客様のカードから自動で引き落とすことができます。

こちらも合わせてお読みください>>

ますます便利になった!Square 請求書の機能まとめ
顧客情報の管理をより便利でかんたんに。顧客リストとカード情報保存機能のご紹介


【オンライン請求書を利用している加盟店】

サラド(渋谷)
梅田洋品店(青山)
大山崎 COFFEE ROASTERS(大山崎)


■「ブラウザ決済」を利用する

ブラウザ決済とは、パソコンのブラウザ上でSquareの管理画面にお客様のカード情報などを入力するだけで、クレジットカード決済を受け付けられる方法です。オンライン請求書と異なるのは、その場で決済が完結する点です。お客様からの振込を待つ時間がない、決済が確認出来次第商品を送付したい、作業に取り掛かりたいという業種の方にぴったりではないでしょうか。

こちらも合わせてお読みください>>

多様化は進む!ブラウザでできるカード決済とは

他にもSquareのEコマースAPIを使用すれば、オンラインショップでもSquareの決済システムを使うことができます。

APIについて詳しくはこちら

カフェやレストランのレジならスクエア

alt text

クレジットカード決済でSquareをご利用の方、それだけでは少しもったいないです。特に飲食店や小売店を経営されている方は、無料で使えるPOSレジもぜひご活用ください。スマートフォンやタブレットにアプリをダウンロードし、商品やサービスを事前に登録すれば、POSレジとしてご利用いただけます。

飲食店ならオーダーエントリーシステムとしても使えます。無料でここまで使えるのは、運営コストをなるべく節約したい経営者にちょうど良いのではないでしょうか。

こちらも合わせてお読みください>>

【Squareガイド】POSレジの基本設定をしよう(税金、商品登録、レジ画面)
【Squareガイド】オーダーエントリーシステムを設定しよう


【POSレジを利用している加盟店】

カフエマメヒコ(渋谷、三軒茶屋)
ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前(蔵前)


店舗と従業員を管理するならスクエア

オンラインショップから実店舗へ、1店舗が2店舗や3店舗に。たった一人で回していたところから従業員が5人、10人に。ビジネスが軌道に乗り、拡大していくことは喜ばしいことです。一方、店舗や従業員が増えれば増えるほど管理コストも増えていきます。管理にかかる手間ひまも同様です。

そんなお悩みを解決すべく、Squareでは複数の店舗を管理できる機能や、タイムカード代わりに使える従業員管理機能を低コストで提供しています。出張など、外出先からも最新の売り上げ情報や従業員の出退勤を確認できます。忙しい経営者こそ、使いこなしたい機能ではないでしょうか。

こちらも合わせてお読みください>>

【使い方のヒント】複数の店舗でSquareを使うには?

顧客との関係を強化するならスクエア

alt text

開店当初から定期的に来店してくれるお客様、同じ商品をリピートして購入してくれるお客様。これらのお客様にビジネスは支えられています。いかにお客様と良好な関係を築けるか、常連客と言えるようなお客様を増やすかは、常に経営者にとって課題ではないでしょうか。

リピーター客を増やすには様々な方法がありますが、いくつかSquareのサービスでご利用いただけるものを紹介します。

■顧客リスト

まずはお客様情報の管理です。Excelなどでリストを作成しているかもしれませんが、
POSレジと連動した顧客リストなら、購買履歴をすぐに確認できる上に、お客様のご職業や好み、よく来る時間帯などもメモとして残せます。

■Square メッセージ

顧客リストの中には、ある時を境目に来店や購入が止まってしまったお客様もいらっしゃるのではないでしょうか。不満な点があっても多くのお客様は声をあげることなく、他のお店に移ってしまいます。電子レシート経由でお客様に満足度を伺い、メッセージのやりとりができるSquare メッセージお客様の声を拾い上げる方法として利用してみてはいかがでしょうか。

■Square ギフトカード

メンバーズカードやポイントカードなど、カードを販促ツールとして使っている店舗は多く存在します。Squareのギフトカードなら、低コストでオリジナルのプリペイドカードを作ることができます。日頃のお礼に少額チャージしたものを常連客にプレゼントしたり、コーヒー回数券として使ったり、リピーター客を増やすツールとしてぜひご活用ください。

こちらも合わせてお読みください>>

企業の成長に欠かせない「お客様の声」の集め方
【使い方のヒント】どれくらい簡単? Squareギフトカード(新規販売、入金、決済編)


【ギフトカードを利用している加盟店】

eyelash salon RACOTA (銀座)


経営に活かせるデータ分析ならスクエア

alt text

経営者として日々向き合う数字。いわゆる使える数字がかんたんに手に入れば、日々の作業も楽になるかもしれません。売り上げレポートや在庫数、従業員ごとの売り上げ高など、Squareデータには経営者にとって参考になる数字が並んでいます。

また、freeeMSクラウド会計Crewなどのクラウド会計ソフトと組み合わせることで経理業務の手間をぐっと減らすことができます。

こちらも合わせてお読みください>>

【使い方のヒント】もう紙の帳簿はいらない。Squareで始めるクラウドPOSレジ!(第3回 売上データ分析編)
【事例】Square & freee - テクノロジーで広がる飲食店経営の選択肢


【Squareデータを利用している加盟店】

穂高岳山荘(飛騨)
LIGHT UP COFFEE(吉祥寺、下北沢、京都)


問い合わせをする

alt text

なんとなくSquareを使いこなせば便利なのは理解したけれど、何をどう始めればいいかわからない方や、使い方を調べる時間がそもそもない方もいらっしゃると思います。そんな方はぜひ直接お問い合せください。

■Squareの利用を検討中の方

0120-963-334(平日10:00〜17:00)へお電話
もしくは
問い合わせ窓口
からお問い合せください。

■すでにSquareのアカウントをお持ちの方

0120-202-945 へお電話
※受付時間10:00〜18:00 土日・祝日も営業 / 年末年始・臨時休業日除く
もしくは
問い合わせ窓口
からお問い合せください。

執筆は2017年10月25日時点の情報を参照しています。

機能満載のPOSシステムがここまで身近に

あなたの成長に合わせた Square POSシステム

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。