システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム>店舗管理

1つのアカウントで複数店舗を管理する

Squareには、あらゆる規模の企業向けのツールがあります。 Squareは、リンクされた店舗と転送オプション、店舗ごとの商品ライブラリ、セキュリティのためのデバイス管理、プレミアム複数店舗レポートなど、無料の複数店舗管理機能を提供します。必要に応じて、追加のスタッフログインを申し込むください。

重要: 複数店舗管理機能をご利用いただくには、同事業・同業種の場合のみとなります。同事業・同業種でない場合は、別途Squareアカウントを作成ください。

 
現在レストラン事業でSquareを利用しており、2店舗目を出店する場合 複数店舗管理機能を利用
現在レストラン事業でSquareを利用しており、エステ時事業を始める場合 新たにSquareアカウントの作成が必要

詳しくは加盟店コミュニティ店舗を追加できるのは、同事業・同業種に限りますをご確認ください。

店舗の新規追加と編集

複数店舗を運営している場合、Square データからすべての項目を管理できます。店舗ごとに独自のビジネスプロフィールを作成して、それぞれの営業時間や銀行口座、タグを設定したり、振込を仕分けしたりすることができます。また端末コードを使用して、端末を店舗ごとに管理することも可能です。

Square データの閲覧時には、ページによってオレンジ色または黒色のバーが上部に表示されることがあります。これは店舗固有の情報が表示されていることを知らせるものです。

注意: マスターアカウント1つあたり、設定できる店舗数は最大300か所です。

注意: 一旦新しい店舗を追加したら、取り消すことはできません。店舗作成後は、無効に設定しても削除できず、表示されたままになります。

新しい店舗を追加する

新たに店舗を作成/追加するには、Square データの [店舗情報] にアクセスして、[新しい店舗を追加] をクリックします。一旦新しい店舗を追加したら、その店舗を削除することはできませんが、無効にすることは可能です。無効に設定された場合でも店舗は表示されたままになり、必要に応じていつでも再度有効にすることができます。

店舗に関する以下の情報を入力します。

企業または店舗名とニックネーム

企業または店舗名とニックネームを選択します。入力した企業または店舗名は、お客さまのカード利用明細書や電子レシートに表示されます。特定の企業または店舗名をお持ちでない場合は、商品/サービス名とあわせて都市名を記入しましょう(例:「マッサージセラピー - シカゴ」)。ニックネームとは社内用の店舗の名称で、お客さまには表示されません。

略歴と店舗の種類

事業のかんたんな経歴を入力します。短いながらも、効果的で印象に残る説明にしましょう。店舗の種類を選択します。実店舗の場合は [実店舗] を、実店舗がない場合は [移動式店舗] を選択します。[移動式店舗] は、移動式の事業、オンライン販売、発送/デリバリーのみ、追加設定の管理をする場合に使用します。

企業または店舗の住所

住所と郵便番号を入力します。[実店舗] を選択した場合、この住所がお客さまのレシートに表示されます。移動式店舗の住所は表示されません。

連絡先情報

店舗のメールアドレスと電話番号を入力します。また、ソーシャルメディアのアカウントやウェブサイトも追加できます。

ブランド情報

ブランド情報は、レシート、請求書、予約、マーケティング文書のレイアウトに適用されます。ロゴを追加するには、[+ロゴをアップロード] をクリックします。推奨されるサイズは、フレーム画像で200x200ピクセル以上、全幅画像で1280x648ピクセル以上です。フレーム付きロゴは、Squareのどこでも表示できます。全幅ロゴは、レシートや請求書のヘッダーなどの広めのエリアに表示可能です。

Japan Logo Example

POSレジ背景にプロフィール画像を追加するには、このセクションの画像アイコンをクリックします。プロフィール画像は、この店舗と関連付けられたSquare POSレジ端末のお会計画面の背景に表示されます。推奨されるサイズは、2328x1144ピクセルです。

銀行情報

振込に使用する銀行口座を選択します。

注意:選択した口座に、この店舗のすべての支払いが振込まれます。

言語

この店舗で選択する言語は、Squareからのお知らせメールとお客さま用レシートに使用されます。

商品ライブラリを同期

別の店舗の商品ライブラリを同期させたい場合は、ドロップダウンメニューから同期する店舗を選択します。注意:この操作を行うと新規店舗の商品ライブラリはリセットされ、元には戻せません。

店舗情報を編集する

Square データ店舗からいつでも店舗の編集が可能です。店舗を選択し、情報を編集し、[保存]をクリックします。

店舗にスタッフを一括で割り当てる

  1. Square データから、[アカウントと設定] > [企業または店舗の情報] > [店舗] の順にアクセスします。

  2. 店舗を選択して [スタッフ] にスクロールし、該当する店舗のスタッフをクリックします。

  3. スタッフ選択時には、個別にスタッフを選択したり、すべてのスタッフを選択したりすることができます。また店舗や役割でフィルタリングすることも可能です。例えば、[役割] の中から [すべての役割] > [マネージャー] の順に選択すると、現在マネージャーの役割に指定されているスタッフを選択して割当てすることができます。

  4. [保存]します。

店舗を切り替える

Square POSレジアプリから店舗を切り替えるには、以下の手順を行います。
1. ナビゲーションバーから [その他] をタップします。
2. [店舗を切り替え] を選択します。 
3. 表示したい店舗を選択します。

複数店舗の商品を管理する

フルアクセスを付与されているスタッフのアカウントから店舗別に商品を管理することができます。商品をはじめ、オプション、ディスカウント、税金などの項目の設定を個別の店舗に割り当てることができます。

商品を個別の店舗に割り当てる

  1. Square データの[商品]セクションから、商品を登録または既存の商品をクリックします。

  2. 該当する店舗を選択して変更した内容を保存します。

  3. 新しい店舗に商品を追加した場合は、現在の商品設定(オプション、ディスカウント、税金)を確認してください。

保存済みの複数の外部銀行口座

Squareアカウントに複数の外部銀行口座を登録すると、振込時に銀行口座をかんたんに切り替えることができます。複数の店舗を管理している場合、複数の外部銀行口座を登録すると、解約した銀行口座への振込を防ぐのにも役立ちます。

Squareアカウントに複数の外部銀行口座を登録するには、以下の手順を行います。

  1. Square データの [アカウントと設定] から、[口座情報] をクリックします。

  2. [すべての店舗] で、口座を更新したい店舗の横にある登録済み銀行口座をクリックします。

  3. ドロップダウンメニューから、その店舗に追加したい認証済み銀行口座を選択します。登録したい銀行口座が表示されない場合は、[外部銀行口座を追加] を選択して銀行認証プロセスに進みます。

  4. [登録アカウントを更新] > [完了] の順にクリックします。Squareアカウントに登録されたメールアドレス宛てに、確認メールが送信されます。

メールに記載されているリンクを24時間以内にクリックして、変更を確定してください。クリックしなかった場合、新しい銀行口座は認証されません。

注意:現時点では、Square1店舗あたりに登録できる銀行口座は1つのみです。

複数店舗の管理 の詳細を見る

お探しの答えが見当たりませんか?