経営者にオススメ、Squareの機能とサービスをまとめてみました。#ビジネスするならスクエア

Square (スクエア), ブログ編集者

Squareといえば、クレジットカード決済を思い浮かべる人も多いかもしれません。Squareは経営者の役に立つ、便利で簡単に使える機能やサービスを多く提供しています。しかも、無料で利用できるものもたくさんあります(※)。

今回は経営に携わる人にとって、日々の業務に役立つ、クレジットカード決済も含めたSquareを使いこなす方法を紹介します。

※クレジットカードの決済手数料など、料金について詳しくはこちら

カフェや美容院、ゲストハウスのカード決済ならスクエア

飲食店や小売店、美容院、ゲストハウスや旅館などの宿泊施設の経営者の中には、カードの需要がすでにある、もしくはカード利用を増やすことで客単価をさらにアップしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

Squareなら必要な手続きは、アカウントの登録と専用のIC カードリーダー(Square Reader)の購入のみ。スマートフォンやタブレットとSquare ReaderをBluetooth接続するだけでカード決済を受けつけられるので、レジ周りにあまりコストをかけず、スマートにお会計をしたいという経営者にはぴったりです。

今ならキャッシュレス・消費者還元事業に参加申請、またはキャッシュバックキャンペーンで通常7,980円(税込)のSquare Readerを実質0円で導入できるため、初期費用が抑えられます。Squareの利用には月額使用料などの固定費用もなく、かかるのは決済ごとの手数料のみですが、キャッシュレス・消費者還元事業に参加すると期間限定で決済手数料の補助が受けられます

こちらも合わせてお読みください>>
顧客満足度向上!カフェのレジ周りに用意したいもの
支払いもおもてなし。ホテルや旅館にもクレジットカード決済を導入しましょう。
クレジット決済をかんたんに。ICカードリーダー導入のすすめ
キャッシュレス決済を始めるなら今がチャンス!キャッシュレス・消費者還元事業とは

オンラインショップやエンジニア、クリエイターの請求ならスクエア

オンラインショップの経営者、フリーランスのエンジニアやデザイナー、でき上がり次第オーダーしたお客様に発送するという作家もいるでしょう。

経理や営業活動など一人でさまざまな役割をこなす中で、代金を請求して入金を確認するプロセスは大切な業務である一方、負担にもなっていませんか。そんな人にオススメの請求方法を紹介します。

■オンライン請求書を活用する

電話で注文を受ける際や予約を受けつける際に、お客様のメールアドレスを聞いておきましょう。Square 請求書なら、お客様のメールアドレスと請求額を入力し、送信を押すだけでオンラインで請求書を送れます。パソコンのブラウザ上だけでなくアプリでも使えるため、普段使っているスマートフォンやタブレットにSquare 請求書アプリをインストールすれば、隙間時間で外出先からでも簡単に請求書を作成してメールで送れます。お客様も受け取ったメールからそのままクレジットカードを使って決済できるため、銀行へ振込に行く必要がなくなります。この方法なら海外のお客様からの注文にもスムーズに対応できます。

支払い状況を確認する機能と自動リマインダー機能があるため、支払いの管理の手間が軽減でき、お客様の支払い忘れも防げます。お客様が支払いを済ませると、カードの決済手数料が引かれた金額が最短で翌営業日に振り込まれます。

月謝や家賃、会費など定期的に同額を請求しているなら、カード情報保存機能を使うことで請求額をお客様のカードから自動で引き落とすことができます。

Square 請求書の利用は無料ですが、お客様が請求額をクレジットカードで支払ったときにカード決済手数料が発生します。

こちらも合わせてお読みください>>
ますます便利になった!Square 請求書の機能まとめ
顧客情報の管理をより便利でかんたんに。顧客リストとカード情報保存機能のご紹介

オンラインで送信・管理が簡単にできる請求書

見積、請求、支払いを一つに

■「ブラウザ決済」を利用する

ブラウザ決済とは、パソコンのブラウザ上でSquareの管理画面にお客様のカード情報などを入力してクレジットカード決済を受けつける方法です。オンライン請求書と異なり、その場で決済が完結します。

電話などで注文や予約を受け付けたらそのままカード情報を聞いて決済できるため、お客様からの振込を待つ時間がない、決済が確認でき次第商品を送付したい、作業に取りかかりたいという経営者にぴったりです。教室の申し込みや宿泊施設の予約など、空きがあるうちに申し込みや予約を確定しておきたいお客様にとっても、便利な決済方法です。

Square 請求書と同じく、決済手数料が引かれた金額が最短で翌営業日に振り込まれるため、資金繰りの面でも経営者にとって大きな助けとなるでしょう。利用できるクレジットカードは、VISA、Mastercard、American Expressの3種類です。

こちらも合わせてお読みください>>
多様化は進む!ブラウザでできるカード決済とは

他にも、SquareのEコマースAPIを使用すれば、オンラインショップでもSquareの決済システムを使うことができます。

APIについて詳しくはこちら

カフェやレストランのレジならスクエア

飲食店や小売店の経営者なら、無料で使えるPOSレジもぜひ活用してみませんか。普段使っているスマートフォンやタブレットにアプリをダウンロードし、商品やサービスを登録すれば、手軽にPOSレジとして利用できます。

飲食店ならオーダーエントリーシステムとしても使えます。普段から使い慣れているタブレット端末を使えば、メニューが覚えきれずにオーダーミスをしてしまったり、操作方法を覚えるトレーニングに多くの時間と手間を割いたりすることがなくなります。モバイル端末とPOSレジアプリがあれば使えるので、通常のオーダーエントリーシステムより格段に低いコストで導入できる点も経営者にとっては大きな魅力です。

こちらも合わせてお読みください>>
【Squareガイド】POSレジの基本設定をしよう(税金、商品登録、レジ画面)
【Squareガイド】オーダーエントリーシステムを設定しよう

店舗と従業員を管理するならスクエア

オンラインショップから実店舗へ、1店舗が2店舗や3店舗に。たった一人でお店を回していたところから従業員が5人、10人に。ビジネスが軌道に乗り、拡大していくことは喜ばしいことです。一方、店舗や従業員が増えれば増えるほど管理コストも増えていきます。管理にかかる手間も同様です。

そんなお悩みを解決すべく、Squareでは複数の店舗を管理できる機能や、タイムカード代わりに使えるスタッフ管理機能を低コスト(一店舗あたり3,000円)で提供しています。出張など、外出先からでも最新の売上情報や従業員の出退勤を確認できます。忙しい経営者こそ、使いこなしたい機能ではないでしょうか。

こちらも合わせてお読みください>>
【使い方のヒント】複数の店舗でSquareを使うには?

顧客との関係を強化するならスクエア

開店当初から定期的に来店してくれるお客様、同じ商品をリピートして購入してくれるお客様。これらのお客様にビジネスは支えられています。いかにお客様と良好な関係を築けるか、常連客といえるようなお客様を増やすかは、常に経営者にとって課題ではないでしょうか。

リピーター客を増やすにはさまざまな方法がありますが、Squareのサービスでご利用いただけるものを紹介します。

■顧客リスト

まずはお客様情報の管理です。表計算ソフトなどですでにリストを作成しているかもしれませんが、 POSレジと連動したSquareの顧客リストなら、購買履歴をすぐに確認できる上に、お客様の職業や好み、よく来店する時間帯などもメモとして残せます。顧客リストから請求書を送信したり取引履歴を管理したりすることも可能です。ダイレクトメッセージ機能を使えば、コミュニケーションの機会を増やして顧客との信頼関係を築けるようになります。

すでに作成している顧客データは、CSVファイルをインポートすればSquareの顧客リストへの移行が簡単に行なえます。もちろん、情報の編集やグループ分けなども可能です。

■Square メッセージ

顧客リストの中に、あるときを境に来店や購入が止まってしまったお客様はいませんか。たとえ不満な点があったとしても、多くのお客様は声をあげることなく他のお店に移ってしまいます。電子レシート経由でお客様に満足度を伺い、メッセージのやりとりができるSquare メッセージなら、お客様の声を拾い上げる方法としても活用できます。

Square メッセージを使えば、お客様は電子レシートを経由して商品やサービスなどについて評価したり、直接、店舗に連絡したりできます。もしお客様からクレームがあった場合、どの商品を購入したお客様なのかはSquare POSレジからすぐに確認ができます。クーポンの発行や払い戻しもSquare POSレジ上でできるので、お客様からの声にすばやく柔軟に対応することができます。お客様との円滑なコミュニケーションは顧客満足度の向上につながり、再度の来店や購入をお客様に促すことができるでしょう。

■Square ギフトカード

メンバーズカードやポイントカードといったカードを販促ツールとして活用している店舗がたくさんあります。Square ギフトカードなら、低コストでオリジナルのプリペイドカードを作れます。

レストランであれば、大切な日を祝うディナーのためのお食事券として販売したり、カフェならコーヒー回数券として販売したりと、誰かに贈るギフトカードとしてだけでなくお客様が自分で使うこともできるため、リピーター客を増やすツールとして活用できます。

Square ギフトカードには、eギフトカードとプラスチックのカードの二種類があります。eギフトカードは、お客様が店舗で商品やサービスを購入する際に使えるデジタル仕様のギフトカードで、オンラインでも店舗でも販売できます。eギフトカードの設定と販売は無料ですが購入時の支払いはクレジットカードのみなので、お客様がeギフトカードを購入する際に3.25%のクレジットカード決済手数料がかかります。

プラスチックのカードの注文にはクイックオーダーとカスタムオーダーの二通りがあります。テンプレートから背景イメージを選びビジネス名を入力するだけで注文できるクイックオーダーは、最少ロットが250枚で、一枚あたり150円から300円かかります。オリジナルのデザインで注文できるカスタムオーダーは、最少ロットが500枚で、1枚あたり120円から300円かかります。

こちらも合わせてお読みください>>
企業の成長に欠かせない「お客様の声」の集め方
【使い方のヒント】どれくらい簡単? Squareギフトカード(新規販売、入金、決済編)
パソコン・スマホで贈るeギフトカードを、あなたのお店でも

経営に活かせるデータ分析ならスクエア

経営者として日々向き合う数字。いわゆる使える数字が簡単に手に入れば、日々の作業も楽になるかもしれません。売上レポートや在庫数、従業員ごとの売上高など、Square データには経営者にとってビジネスの発展に活用できる数字が並んでいます。

また、freeeMFクラウド会計Crewなどのクラウド会計ソフトと組み合わせることで経理業務の手間をぐっと減らすことができます。

こちらも合わせてお読みください>>
【使い方のヒント】もう紙の帳簿はいらない。Squareで始めるクラウドPOSレジ!(第3回 売上データ分析編)

今回はSquareで提供している便利なサービスについて紹介しました。どれも無料または低価格で利用できるうえに、日々の業務や事業成長をサポートするものです。ぜひ活用してみてください。

今回紹介したサービス内容についてもっと詳しく知りたい場合は、こちらの資料も参考にしてください。

執筆は2017年10月25日時点の情報を参照しています。2019年8月14日に記事の一部情報を更新しました。
Photography provided by, Unsplash