飲食店でキャッシュレスを導入するメリットとは

Alt text

クレジットカードや電子マネーなどキャッシュレス決済で支払われる額が年々増加しています。

参考:キャッシュレスの現状と推進(経済産業省)

そんな中、店舗でキャッシュレス決済を導入する前に、具体的なメリットを知りたいと考える飲食店経営者も少なくないかもしれません。

飲食店ではテーブルごと、あるいはお客様ごとに会計をするため、一日の中で従業員がレジに立つ回数も多いでしょう。会計の件数が多ければ、キャッシュレス決済を取り入れた際の変化も感じやすいです。

今回は飲食店でキャッシュレスを導入するメリットを紹介します。

キャッシュレスとは

Alt text

現金以外の手段で支払う、受け取ることをキャッシュレス(cashless)決済といいます。具体的には、クレジットカードやデビットカード、電子マネーなどでの支払いが挙げられます。また、代引きやプリペイドカード、デビットカードでの支払いもキャッシュレス払いといえます。

日本は他の国と比較して、キャッシュレス決済が浸透しているとはまだいえませんが、2020年東京大会の開催に向けてや、訪日外国人観光客数の増加に伴って、徐々に広まりつつあります。

お客様にとってキャッシュレスでの支払いには以下のようなメリットがあります。

・現金を持ち歩かなくても良い
・持ち合わせが少なくても買い物ができる
・支払い時、小銭を探す手間がなくなる
・クレジットカードやデビットカードのポイントを貯められる
・カードの履歴から何に使ったかを把握できて家計の管理がしやすい

このようにお客様にとって多くのメリットがあるキャッシュレス決済ですが、支払いを受け付ける飲食店側にもさまざまなメリットがあります。

飲食店でキャッシュレス決済を導入するメリット

飲食店でキャッシュレス決済を取り入れる、具体的なメリットを見ていきましょう。

集客につながる

支払い方法の選択肢が増えることで、それまで店舗を利用しなかったお客様が訪れるきっかけになるでしょう。希望する決済方法が選べれば、お客様がお店を選ぶ際に候補として挙がりやすくなるかもしれません。

また、初めて店舗を訪れるとき、手持ち金額で足りるかどうか不安を感じるお客様もいるでしょう。「入ってみようかな」という気持ちが湧いたとしても、支払いに不安を感じれば、他のお店に行ってしまうかもしれません。

そんなとき、その場で現金の持ち合わせがなくても支払いができるクレジットカードが使えれば、安心して店舗を利用できます。

キャッシュレス決済は、新規のお客様が店舗を訪れるきっかけのひとつになり得るのです。

会計がスムーズになる

現金での支払い時には、お客様に合計金額を伝え、現金を受け取り、お釣りとレシートを渡すという手間が発生します。

1回1回の会計に時間がかかると、ランチタイムや繁忙期などの忙しいときには店舗全体のオペレーションが乱れる原因にもなります。

キャッシュレス決済では、お客様がお金を数えて渡したり、従業員がお釣りを返したりという手間がなくなります。スムーズな会計によって、混雑時にも他のお客様をお待たせすることが少なくなり、サービスの向上につなげられるでしょう。

ビジネスの成長に合わせたPOSレジアプリ

Square POSレジを設定
無料のアカウントを作成

客単価が上がる

キャッシュレス決済を導入することで、飲食店では「ついで注文」の増加が期待できます。手持ちの現金を心配することなく注文ができるため、「あと一品」を気軽に注文するお客様もいるでしょう。また、予定していたメニューよりワンランク上のメニューを選ぶ人もいるかもしれません。

「ビールと枝豆」「ビーフシチューとバゲット」など、相性の良いメニュー同士を紹介したり、メニュー表やメニューボードを工夫したりすることもオススメです。

「顧客単価を上げるアップセリング、クロスセリングとは?」の記事もぜひ参考にしてみてください。

レジ締め作業が楽になる

キャッシュレスの会計が増えると、閉店後のレジ締め作業が楽になります。

現金を数え、売り上げと差異があればその原因を探らなければならないレジ締め作業は、時間も手間もかかります。

キャッシュレス決済を導入すると、1日の終わりにレジに入っている現金が少なくなり、レジ締め作業が楽になります。かかる時間が少なくなれば、人件費の削減にもつながるでしょう。多額の現金を店舗に置かないため、防犯効果も期待できます。

近年、クレジットカードや電子マネーといったキャッシュレス決済の導入は飲食店経営者にとってコストや導入の手続きなどの面で身近なものになりました。

SquareならSquare Readerの購入と無料のSquare POSレジで、スマートフォンやタブレット端末を使ってクレジットカード決済を受け付けることができます。月額料金や期間ごとに発生する費用はないので、ランニングコストを抑えられます。ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

お客様の立場に立ったとき、「快適な支払いができること」はお店を選ぶポイントのひとつになるでしょう。また、店舗にとってもキャッシュレス決済を導入することで、売り上げアップにつなげることができます。飲食店経営者にとってもメリットが多いキャッシュレス決済。この機会にぜひ検討してみてかいかがでしょうか。

関連記事

飲食店経営者なら知っておきたい!軽減税率について
ワンモアドリンクで売上拡大!飲食店経営で大切なFD比率とは

執筆は2018年6月7日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash

業務効率化に役立つPOSシステム

あなたの事業の成長に合わせて使えるPOSシステムです。

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。