【無料でここまでできる!】Square POSレジでオーダーエントリーシステム

飲食店オーナーのみなさま、いわゆる「オーダーエントリーシステム」の導入を検討されたことはありませんか?オーダーエントリーシステムとは、手書きで行っている伝票記入や厨房への連絡などをデジタル化できるシステムです。この記事では、オーダーエントリーシステムの特徴やメリット、導入方法について解説します。

目次



オーダーエントリーシステムとは

オーダーエントリーシステムとは、飲食店で手書きの伝票で行われていた注文受付や連絡などを、デジタル化したシステムです。ホールスタッフがお客様から受けた注文内容をシステムに入力すると、その情報は自動的に厨房に転送されます。厨房では、転送された情報をキッチンプリンターで印刷したり、モニターに表示させたりして注文の内容を確認します。POSレジアプリやシステムと連携することで注文内容を自動でレジに送信することができたり、会計業務の短縮化にも役立ちます。また、お客様の年齢層や性別などを記録する機能を備えたものもあるので、蓄積されたデータが効果的な広告宣伝や新メニューの開発につながるかもしれません。

オーダーエントリーシステム導入のメリット

ホールスタッフの作業効率アップ

紙伝票を利用している場合、ホールスタッフはお客様の注文を受けた後、そのオーダー内容を厨房に出向いて伝えなくてはなりません。また、会計時にも紙伝票を見ながらレジに商品名を打ち込んだり、金額を打ち込んだりする手間がかかります。オーダーエントリーシステムを導入することで、注文内容が厨房に自動的に送信されるだけでなく、POSレジにも送信できるので、会計ミスの防止にもつながります。紙伝票廃止によるホールスタッフの作業効率アップが期待できるでしょう。

オーダーミスの防止

手書きの紙伝票では、ホールスタッフの書き間違えや厨房スタッフの読み間違いなどのミスが起こり得ます。オーダーエントリーシステム導入には、このようなオーダーミスの防止が期待できます。

売上管理の効率アップ

多くのオーダーエントリーシステムは、POSレジとの連携が可能です。POSレジの機能の一つである伝票データ(売上データ)の管理で、売上情報の分析や在庫管理が可能になります。どのメニューがどのくらい売れたかをすぐに集計でき、店舗の売り上げが可視化されることで売れ筋メニューが把握しやすくなり、販売戦略に生かすことができます。また、在庫も可視化されるので、バックヤードの事務作業の効率アップにもつながります。

オーダーエントリーシステムの種類

オーダーエントリーシステムの端末には、主に3種類あります。

ハンディターミナル

片手で持てるハンディサイズの専用端末をホールスタッフが携帯し、お客様からの注文を簡単なボタン操作で入力します。入力された注文内容は厨房に送信され、設置されたプリンターから伝票を印刷する、もしくはディスプレイに表示させます。メーカーが提供するソフトウェアを自店舗向けにカスタマイズして使用する場合が多いようで、主にファミリーレストランや居酒屋チェーンで多く見られるタイプです。

タブレット型専用端末

テーブルに設置されているタブレット式のオーダーエントリーシステム端末です。タブレットを使用して、お客様自身で注文を入力します。好きなタイミングで注文ができるので、繰り返し注文が入るような居酒屋などに適しています。ホールスタッフが注文を取りに行く必要がないので、効率的なオペレーションが期待できるでしょう。

スマートデバイス

スマートフォンをはじめとしたデバイスに専用のアプリをインストールしてオーダーエントリーシステムとして利用する方法です。専用端末を導入する必要がないので導入コストを抑えることができるほか、汎用性の高さが魅力です。操作方法はハンディターミナルとあまり変わりませんが、スマートフォンを使い慣れているホールスタッフであれば、教育にかける時間も少なくて済みます。

オーダーエントリーシステムの選び方

オーダーエントリーシステムを選ぶときには、どのようなことに注意するとよいのでしょうか。

店舗に合った機能を持ったものを選ぶ

オーダーエントリーシステムを導入する際は、導入の目的やどのような機能がほしいかなど、自店舗に必要な機能を吟味したうえで選ぶことが必要です。また、店舗の規模やスタッフの人数についても考慮するとよいでしょう。

費用対効果で選ぶ

導入コストだけでなく、運用コストも気になるところです。店舗の規模にもよりますが、システムによっては導入コストが数十万から数百万円かかるということもあるようです。また、月々の利用料金がかかるものもあります。このようなコストに対して自店舗のメリットを考慮し、費用対効果を見極めることも大切です。

Squareでオーダーエントリーシステムを無料で導入!

alt text

オーダーエントリーシステムに興味はあるけれど、導入してうまくいかなかったらどうしよう……と不安を抱える飲食店オーナーや店舗マネージャーも中にはいることでしょう。そんなお店におすすめなのが、無料で始めることができるSquareのオーダーエントリーシステムです。Squareの無料アカウントがあれば、追加申込みの必要もなく、スマートフォンやタブレットにSquare POSレジアプリをダウンロードし、簡単な設定をするだけでオーダーエントリーシステムとして使用することが可能です。

Square POSレジを利用したオーダーエントリーシステムの流れは、以下のようになります。

[システムの流れ]
お客様をテーブルへご案内(テーブル管理)✔︎

オーダーをとる(オーダー管理)✔︎

厨房へオーダーを連携(キッチンプリンター)✔︎

お会計(オーダー管理)✔︎

閉店処理、レジ締め(自動売上データ保存・会計ソフト連携)✔︎

jp-blog-what-is-order-entry-system1
各テーブルごとの注文はSquare POSレジ上で「伝票」として保存できるので、お会計時には保存した「伝票」を呼び出してそのままスムーズにお会計できます。スマートフォンをハンディとして利用したり、キッチンプリンターと連動して注文内容を印刷することも可能です。オーダーエントリーシステムの設定方法については「【Squareガイド】オーダーエントリーシステムを設定しよう」の記事も参考にしてください。

Square POSレジアプリは無料でダウンロードでき、登録手数料や月額固定費もかかりません。また、Square リーダー(7,980円)、Square スタンド(29,980円)、Square ターミナル(46,980円)といったキャッシュレス決済端末も用意しています。

そのほか、各関連機能について詳しくはこちら

■テーブル管理 (事前定義伝票を使う
■オーダー管理(Square POSレジで保留会計機能を使うとスマートフォンをハンディに)
■キッチンプリンターでオーダーシート印刷(オーダーシートを印刷する
■伝票情報を呼び出してお会計(Square POSレジで保留会計機能を使う
■自動売上データ保存(Squareデータによる売上管理
■クラウド会計ソフトとの連携(クラウド会計ソフトウェアとSquareとの連携について
■複数店舗の一元管理(複数店舗を管理する

※キッチンプリンターは別に用意する必要があります。 お店の営業スタイルに合わせて必要な機能だけ利用することも可能です。

オーダーエントリーシステムだけじゃない!Square POSレジのメリット

レジ締めが簡単に

会計情報が自動的に集計されるため、手作業による売上計算を省くことができます。計算ミスや集計の間違いを防ぐことができ、レジ締め作業を効率よく行うことができます。

データ分析による売り上げの向上

Square POSレジには1日の売上高だけでなく、どの料理にどれだけ注文が入ったのか、どの時間帯に一番売り上げが多かったのかなどの情報が蓄積されます。これらのデータを活用することで、混雑に合わせたスタッフの配置管理など、売上アップのための大切なデータの一元管理ができるようになります。

スタッフ管理

Square POSレジでは、お店で働くスタッフの情報も管理することができます。スタッフ情報の登録や出退勤時の打刻以外ににも、「どのスタッフが、いつ・何を・いくつ販売したのか」といったスタッフごとの売り上げも記録することができます。

複数店舗の管理

いくつかの店舗を展開している場合、すべてのお店のデータを1つのSquareアカウントで一元管理できるので、ビジネスの運営がより効率的になります。

jp-blog-what-is-order-entry-system2

Square POSレジは無料のツールです。もちろん月額費用も掛かりませんし、解約金などもありません。ぜひSquareで、あなたのお店にもオーダーエントリーシステムを導入してみませんか?

SquareのPOSレジなら高機能なのにずっと0円

キャッシュレス決済、在庫管理、顧客管理、スタッフ管理など、店舗に必要な機能をすべて搭載


Squareのブログでは、起業したい、自分のビジネスをさらに発展させたい、と考える人に向けて情報を発信しています。お届けするのは集客に使えるアイデア、資金運用や税金の知識、最新のキャッシュレス事情など。また、Square加盟店の取材記事では、日々経営に向き合う人たちの試行錯誤の様子や、乗り越えてきた壁を垣間見ることができます。Squareブログ編集チームでは、記事を通してビジネスの立ち上げから日々の運営、成長をサポートします。

執筆は2017年8月22日時点の情報を参照しています。2022年10月7日に記事の一部情報を更新しました。当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash