経営者にとっての資金繰り改善のヒント

Alt text

「素晴らしいアイデアがあり起業したが、その1年後には倒産してしまった。資金繰りがうまくいかなかったようだ」このような話を耳にしたことがある経営者もいらっしゃるかもしれません。資金繰りは事業の存続に関わる、経営者にとって非常に重要な課題です。

「資金繰り」とは、会社に入ってくるお金(収益)と出ていくお金(支出)の管理をし、資金の流れをコントロールすることを意味します。経営者は、仕入れや給与の支払い、売掛金の回収など、社内のお金の出入りを把握して支払いがスムーズにできるよう、資金繰りを行わなければなりません。今回は、資金繰りに役立つヒントを紹介します。

資金繰りの仕組み

Alt text

そもそも、資金はどのようなことに使われているのでしょうか。たとえば、以下の例が挙げられます。

・材料や商品などの仕入れ
・製造設備などの導入
・従業員の雇用
・広告や宣伝などマーケティング活動
・工場、店舗、事務所の維持費

このような事業運営を行う中で、資金を安定的に確保、計画的に活用し、余剰資金で新たな事業に投資してさらなる資金を生み出すというスパイラルを作ることが、経営者にとって理想的な資金繰りかもしれません。

もし資金繰りがうまくいかず、資金が不足すれば事業の継続が難しくなり、最悪の場合黒字倒産になることもあります。経営者の中には、売り上げを伸ばすことに集中し資金の回収にまで手が回らなかったり、支払期日が相手任せになっていたりするパターンが見られます。中には、日々の業務が忙しすぎて、資金の回収そのものを忘れているケースもあるかもしれません。

また、個人事業主の場合、会社と個人のお金の区別が曖昧なこともあるでしょう。しっかりとルールを設けて管理する必要があります。

基本は、現金を「早く入れ、遅く出す」

Alt text

入金までの期間が長いと資金繰りに大きく影響します。営業担当者の中には売り上げや粗利益は気にしていても、回収についてはあまり意識が向かない人もいるかもしれません。あるいは社内でのルールが曖昧であったり、徹底されていない場合もあります。

社内のルール作りや意識改革も大事ですが、カード決済を取り入れることも解決方法の一つです。たとえば、Squareでカード決済を受け付ければ、三井住友銀行とみずほ銀行は翌営業日、その他の金融機関は毎週金曜日に、決済手数料が引かれた金額が振り込まれます。売掛金を回収する側としては、最短で翌日に入金されるので、現金が早く手元に入ることになります。また、取引先にとってはクレジットカードで支払った金額はカードの引き落とし日に口座から引き落とされるので、現金が出ていくタイミングが遅くなることになります。

また、以下に挙げた2つの業務に、経営者の皆さんはどのように対応していますか。Squareをお使いの人であればこれらの業務に役立つビジネス機能が無料で利用できます。ぜひ参考にして資金繰りを改善してみてください。

在庫管理

Alt text

在庫は眠っている資金です。そのままにせずに、資金化のサイクルを早めれば早めるほど効率の良い経営につながります。

効率の良い在庫管理には、どこに、何が、いくつあるのかの徹底した管理とその可視化が大切です。また、在庫管理が徹底されていれば、無駄な仕入れを抑えることにもつながります。たとえば、Squareの在庫管理機能を使うとどこからでも在庫情報を確認することができ、在庫の少ない商品や売り切れた商品などの情報は自動通知されます。

データを確認しながら、在庫を調整すれば無駄な在庫を減らせるのではないでしょうか。適量の商品を、適切な時期に仕入れることにつながります。

また、経営者が売り上げに対して適正在庫を示すことができれば、銀行との融資に関する交渉もスムーズなるかもしれません。反対に、決算時に過剰在庫を抱えてしまっていることは、融資時の評価にも影響すると考えられます。

資金繰り計画

Alt text

経営計画と密接に関連するのが資金繰り計画です。資金繰り計画では、短期的なものだけでなく、長期的に将来の資金の出入りを把握することが重要です。

設備拡大や新規事業に投資するのであれば、手元の資金と資金計画を合わせて、資金が足りるのか、足りなければ資金調達をどうするのかを、計画しなければなりません。過去の変動を見ながら大体の予想を立てられる会社もあれば、変化の激しい業界にいて資金の出入りの予想が難しい会社もあります。

たとえば、Square データを使用すればリアルタイムで売り上げ情報を把握できます。過去の売り上げと比較したり、売り上げレポートを外出先で確認することも可能です。新規とリピーターの比較、客単価や平均来店回数など、顧客の動向や、商品ごとの売り上げデータの確認などの詳細情報も確認できます。データから全体像を把握し、商品の仕入れや従業員の配置、商品プロモーションのマーケティング戦略立案など、経営計画書・資金繰り計画書の精度を高めることができるのではないでしょうか。

資金を上手に回すのも経営者の大事な業務です。計画的に在庫管理や資金繰りを行い、収益と損失の現状を資金の観点からも捉えるようにしましょう。

関連記事

ビジネスの青写真である事業計画書の書き方
正しく理解していますか?「経費で落とす」ということ

執筆は2017年12月19日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash

機能満載のPOSシステムがここまで身近に

あなたの成長に合わせた Square POSシステム

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。