Square 請求書アプリのススメ

経営者は時として一人で何役もこなさなければいけません。今回は、経営者にとって負担が減るうえに、キャッシュフローの改善にも役立つSquare 請求書アプリを紹介します。

Square 請求書アプリなら、請求書の送信、入金状況の確認、リマインダーの送付がどこにいても可能です。手間が減った分、ほかの業務にもっと時間が有効活用できます。Square 請求書アプリのダウンロードは無料、月額使用料金や固定費用はありません。お客様がクレジットカードで支払いをした場合、最短で翌営業日に売上金が登録した口座に入金されます。

オンラインで送信・管理ができる請求書
Square 請求書を導入する

Square 請求書アプリでは以下のことができます:

  • 請求書をメールで送る:アプリで作成した請求書はお客様のメール宛に送れます。ペーパーレスで手早く請求業務が完了します。

  • 請求書を定期送信する:月謝や顧問費用など、毎月定期的に送る請求書は定期送信できます。お客様の同意を得た上で、クレジットカードの情報を保存しておれば自動引き落とし(継続課金)も可能です。

  • 見積もりを送る:請求書だけでなく、見積もりを送ることもできます。請求業務が終わったら、次の仕事を確保しましょう。見積もりをお客様のメール宛に送付します。お客様は見積内容に承諾したら、クリックするだけです。見積もりから請求書への変換も簡単にできます。

  • 支払状況の確認とリマインダーの送付を行う:お客様が請求書を開封したかどうか、支払いを済ませたかどうかをアプリで確認できます。また、未払いを防ぐためにリマインダーを自動で送ることも可能です。

  • 複数の支払い方法を受け付ける:請求書を受け取ったお客様はクレジットカードを使ってオンラインで支払いを済ませられます。Square ReaderとSquare 請求書アプリを接続して、対面での決済を受け付けることも可能です。
  • 一部の金額を事前に請求する:事前に請求金額の一部の支払いをお客様にリクエストすることもできます。残額とは異なる入金日に設定できます。

  • 請求書をカスタマイズする:請求書にロゴマークを入れるなど、自社のブランディングに合わせて請求書の見た目をカスタマイズできます。

The invoicing app feature gif

Square 請求書アプリではじめての請求書を送る

請求書アプリは、一日働き詰めの経営者の負担を軽くしてくれます。アプリのダウンロード方法と請求書の送り方を紹介します:

1, 手持ちのiPhoneかAndroid端末に、無料のSquare 請求書アプリをダウンロードする
2, 無料のSquareアカウントを作成する、すでにアカウントをお持ちの方はログインをする
3, [+] 記号をタップし、 [請求書] を選択します。
4, [顧客を追加] をタップして新しい顧客を作成するか、または顧客リストから顧客を追加します。
5, [商品またはディスカウントを追加] をタップし、商品ライブラリから商品を追加します。
6, [送信] をクリックして請求書を送ります。