ホーム画面に戻る

Square 請求書をオンラインで定期送信する

定期請求書を作成する

お客さまに対して定期請求書を設定する必要がある場合は、Square 請求書から行えます。

Square データからの場合は、以下の手順を行います

  1. [請求書] にアクセスします。
  2. [定期請求書] タブ > [定期請求書を作成] の順にクリックします。
  3. 顧客情報:既存のお客さまを選択するか、新しい名前とメールアドレスまたは電話番号を入力します。
  4. 請求書の詳細:タイトル、売上データに一致するカスタム請求書ID、メッセージ、オプションのサービス日などのカスタム請求書の詳細を追加します。
  5. 定期スケジュール:定期請求書を送信する頻度を選択します。カスタム開始日、終了日、定期請求書の支払い期限日を含めることが可能です。
  6. 自動引き落とし:お客さまが保存済みカード情報を使用した自動支払いを選択できるようにするには、[自動引き落としをオンにする] をオンに切り替えます。これでお客さまのお支払いカード情報が保存され、次回以降は各請求書の請求日に自動的に継続課金することができるようになります。
  7. 単位品目商品ライブラリから商品を追加できます。追加し終わったら、数量を変更したりメモや税金を追加してカスタマイズできます。定期請求書の全商品にディスカウントを適用するには、[ディスカウントを追加] をクリックします。
  8. 支払いオプション:受け付けている支払方法を選択します。定期請求書にチップを追加できるようにするには、[チップの追加を許可する] をオンに切り替えます。
  9. 支払方法を保存:[カード情報の保存を許可する] をオンに切り替えると、お客さまは請求書の支払いに使用するカード情報を保存できるようになります。保存された情報はそれ以降も請求先情報として利用できます
  10. コミュニケーション:定期請求書をどの方法で共有するかを選択します。メールで送信するには、お客さまのメールアドレスが必要です。テキストメッセージで共有するには、お客さまの電話番号が必要です。また受信者を複数追加することもできます。
  11. リマインダー:お客さま宛てに送信するリマインダーの頻度または数をカスタマイズしたい場合は、[リマインダーを編集] を選択します。
  12. その他のオプション:お客さまの届け先住所の入力を必須にする場合は、[届け先住所をリクエストする] をオンに切り替えます。またカスタム添付ファイルを添付したり、カスタムフィールドを追加したりもできます。
  13. 一通り入力が終わったら [プレビュー] でお客様に表示される請求書を確認し、[下書き保存] または [送信] をクリックします。
  14. お客さまは定期請求書を受け取ると、オンラインで安全に支払いを完了することができます。カード情報がすでに保存されている場合は自動的に課金されます。代金は、振込スケジュールに従って入金されます。

Square 請求書アプリからの場合は、以下の手順を行います

  1. ナビゲーションメニューで [+] 記号を選択し、[定期請求書] をタップします。
  2. 請求先:既存のお客さまを選択するか、新しい名前とメールアドレスまたは電話番号を入力します。お客さまの届け先住所の入力を必須にする場合は、[届け先住所をリクエストする] をオンに切り替えます。
  3. 単位品目商品ライブラリから商品を追加できます。追加し終わったら、数量を変更したりメモや税金を追加してカスタマイズできます。請求書にチップを追加できるようにするには、[チップをリクエストする] をオンに切り替えます。
  4. 支払いスケジュール:定期請求書を送信する頻度を選択します。カスタム開始日、終了日、定期請求書の支払い期限日、サービス日を含めることが可能です。
  5. 自動引き落とし:お客さまが保存済みカード情報を使用した自動支払いを選択できるようにするには、[自動引き落としをオンにする] をオンに切り替えます。これでお客さまのお支払いカード情報が保存され、次回以降は各請求書の請求日に自動的に継続課金することができるようになります。
  6. 支払方法:受け付けている支払方法を選択します。[カード情報の保存を許可する] をオンに切り替えると、お客さまは請求書の支払いに使用するカード情報を保存できるようになります。保存された情報はそれ以降も請求先情報として利用できます
  7. 詳細:タイトルやカスタム請求書IDなど請求書の詳細を追加して、売上のデータと一致させます。またカスタム添付ファイルを添付したり、カスタムフィールドを追加したりもできます。
  8. [続行] をクリックしてプレビューします。
  9. 送信方法:定期請求書をどの方法で共有するかを選択します。メールで送信するには、お客さまのメールアドレスの入力が必要です。テキストメッセージで共有するには、お客さまの電話番号の入力が必要です。
  10. 支払いリマインダー:お客さま宛てに送信するリマインダーの頻度または数をカスタマイズしたい場合は、[支払いリマインダー] を選択します。
  11. 入力が終わったら [プレビュー] をクリックして、お客さまに表示される請求書を確認し、問題がなければ [定期請求書を送信] を選択します。下書きとして保存するには、画面右上の [] をクリックします。
  12. お客さまは定期請求書を受け取ると、オンラインで安全に支払いを完了することができます。カード情報がすでに保存されている場合は自動的に課金されます。代金は通常、決済日から1~2営業日後に銀行口座に振込まれます。

Square POSレジアプリからの場合は、以下の手順を行います

  1. 下のナビゲーションバーから [その他] をタップして、[請求書] > [請求書を作成] の順に選択します。
  2. 請求先:顧客リストからお客さまを選択するか、新しい名前とメールアドレスまたは電話番号を入力します。受信者は9名まで入力可能です。お客さまの届け先住所の入力を必須にする場合は、[届け先住所をリクエストする] をオンに切り替えます。
  3. 単位品目商品ライブラリから商品を追加できます。追加し終わったら、数量を変更したりメモや税金を追加してカスタマイズできます。請求書にチップを追加できるようにするには、[チップをリクエストする] をオンに切り替えます。
  4. 支払いスケジュール:[この請求書を定期送信にする] > [定期送信] の順に選択します。定期請求書を送信する頻度を入力します。カスタム開始日、終了日、定期請求書の支払い期限日、サービス日を含めることが可能です。
  5. 自動引き落とし:お客さまが保存済みカード情報を使用した自動支払いを選択できるようにするには、[自動引き落としをオンにする] をオンに切り替えます。これでお客さまのお支払いカード情報が保存され、次回以降は各請求書の請求日に自動的に継続課金することができるようになります。
  6. 支払方法:受け付けている支払方法を選択します。
  7. 詳細:タイトルやカスタム請求書IDなど請求書の詳細を追加して、売上のデータと一致させます。またカスタム添付ファイルを添付したり、カスタムフィールドを追加したりもできます。
  8. [続行] をクリックしてプレビューします。
  9. 送信方法:定期請求書をどの方法で共有するかを選択します。メールで送信するには、お客さまのメールアドレスの入力が必要です。テキストメッセージで共有するには、お客さまの電話番号の入力が必要です。
  10. 入力が終わったら [プレビュー] をクリックして、お客さまに表示される請求書を確認し、問題がなければ [定期請求書を送信] を選択します。下書きとして保存するには、画面右上の [] をクリックします。
  11. お客さまは定期請求書を受け取ると、オンラインで安全に支払いを完了することができます。カード情報がすでに保存されている場合は自動的に課金されます。代金は通常、決済日から1~2営業日後に銀行口座に振込まれます。

カード情報保存機能を利用して翌日以降の日付で定期送信を予定すると、指定日の午前10時(送信元のタイムゾーン)にお客さまのカードに自動で課金されます。

注意:請求書の定期送信を設定されているお客さまが、保存されたカード情報を変更した場合、正しいカードに課金されるよう定期送信する請求書を編集する必要があります。

定期請求書を管理する

オンラインSquare データ、Square 請求書アプリ、およびSquare POSレジアプリから、定期送信を編集、終了、管理できます。

Square データからの場合は、以下の手順を行います

定期請求書シリーズを管理する

定期請求書シリーズを管理すると、そのシリーズ内のすべての定期請求書に反映されます。

  1. Square データから [請求書] にアクセスします。
  2. [定期請求書シリーズ] タブをクリックします。
  3. アクティブな定期請求書シリーズの [] をクリックします。
  4. [定期請求書シリーズを編集] を選択すると、そのシリーズ内の定期請求書を編集できます。
  5. [定期請求書シリーズを表示] を選択すると、その定期請求書のシリーズ内のすべての定期請求書を見ることができます。

定期請求書を管理する

定期請求書の管理は、単一の定期請求書にのみ反映されます。定期送信全体を管理するには、[定期送信を管理する] の指示に従ってください。

  1. Square データから [請求書] にアクセスします。
  2. アクティブな定期請求書の [] をクリックします。定期請求書のステータスは [定期] とマークされ、その後ろに000001-R-0001に似た形式のIDが表示されます。
  3. 単一の請求書の情報を編集するには、[定期請求書を編集] をクリックします。
  4. 単一の請求書をキャンセルするには、[定期請求書をキャンセル] をクリックします。
  5. 請求書シリーズの詳細を表示するには、[定期請求書シリーズを表示] をクリックします。
  6. 単一の請求書の情報を複製するには、[定期請求書を複製] をクリックします。

Square 請求書アプリからの場合は、以下の手順を行います

定期請求書シリーズを管理する

定期請求書シリーズを管理すると、そのシリーズ内のすべての定期請求書に反映されます。

  1. Square 請求書アプリを開き、画面下のナビゲーション内の [請求書] タブをタップします。
  2. [絞り込み: すべての送信済み] リンクをタップします。
  3. 絞り込みリストの一番下までスクロールして、[定期請求書シリーズ] で [アクティブ] を選択します。
  4. 任意のアクティブなシリーズをタップします。
  5. 定期請求書シリーズの情報(顧客情報、単位品目、支払方法、など)を編集するには、画面右上の [編集] リンクをタップします。
  6. 定期請求書シリーズ内の定期請求書を見るには、ページ下部の [シリーズ内の請求書を表示] ボタンをクリックします。

定期請求書を管理する

定期請求書を管理すると、単一の請求書にのみ反映されます。シリーズ全体を管理するには、[定期請求書シリーズを管理する] の指示に従ってください。

  1. Square 請求書アプリを開き、画面下のナビゲーション内の [請求書] タブをタップします。
  2. 任意のアクティブな [定期請求書] をタップします。定期請求書と、その後ろに000001-R-0001に似た形式のIDが表示されます。
  3. 単一の請求書の情報(顧客情報、単位品目、支払方法、など)を編集するには、画面右上の [編集] リンクをタップします。
  4. 単一の定期請求書をキャンセルするには、ページの一番下までスクロールして [定期請求書をキャンセル] ボタンをタップします。

お探しの答えが見当たりませんか?