システムの更新情報をみる

ご利用中のSquare サービスに影響を及ぼす可能性のある問題が発生しています。詳細については、弊社のステータスページに随時更新いたします。

ホーム画面に戻る

見積もりを作成・管理する

Square 請求書では見積りを送信できます。お客さまが見積りを承諾すると速やかに請求書に変換できるため、請求手続きがスムーズになります。

また複数パターンの見積もりを送信して、1つの見積もりで複数の商品やサービスを提示することもできます。注意:複数パターンの見積もりは、Square 請求書 プラスの機能です。

見積もりを送信する

オンラインで見積もりを作成する

  1. Square データの[請求書]に進みます。
  2. [見積もり] > [見積もりを作成] の順にクリックします。
  3. [顧客リスト] から顧客を選択するか、新しい名前とメールアドレスまたは電話番号を入力します。受信先は、9件まで追加入力できます。
  4. 必要に応じて [見積もりの件名] を入力したり、記録に合わせて [請求書ID] を編集したりします。
  5. 任意の個別メッセージを入力します。
  6. 必要に応じて、ファイルを添付します。注意:合計25MB、10ファイルまで添付できます。対応しているファイル形式はJPG、PNG、GIF、TIFF、BMP、PDFです。個人情報や法的な文書は添付しないでください。Squareは、チャージバックの代理手続きにおいてアップロード情報を使用することがあります。
  7. [次へ] をクリックします。
  8. 支払期限日とサービス日(該当する場合)を選択します。
  9. 商品を追加してから、カスタマイズ、メモ、または税金を適用します。
  10. 該当する場合、[ディスカウントを追加] をクリックしてディスカウントを適用します。
  11. 初回入金をリクエストするか残高をマイルストーンに分割して、支払いスケジュールを作成します。注意:マイルストーンによる支払いは、請求書 プラスの機能です。
  12. 該当する場合は、最大9つの複数パターンを追加します。注意:これは、請求書 プラスの機能です。
  13. [次へ] をクリックします。
  14. 見積もりをメールで送信するか、手入力で共有するかを選択します。また、送信日と有効期限も選択できます。
  15. [下書き保存] をクリックして、下書きを続けます。または、見積もりが完成したら [送信] をクリックします。

見積もりをCSVファイルでダウンロードするには、 見積もり画面で [エクスポート] をクリックします。

Square 請求書アプリで見積もりを送信する

Square 請求書アプリで見積もりを作成する

  1. Square 請求書アプリから、[+] > [見積もり] の順にタップします。
  2. 新規のお客さまを追加します。または [顧客リスト] から、既存のお客さまを追加します。
  3. 必要に応じて、見積もりのタイトルまたはカスタムIDを追加します。
  4. 必要に応じて、ファイルを添付します。
  5. [見積もりを追加] をタップします。
  6. 単位品目またはディスカウント(該当する場合)を追加します。
  7. 初回入金をリクエストするか残高をマイルストーンに分割して、支払いスケジュールを作成します。注意:マイルストーンは、請求書 プラスの機能です。
  8. サービス日(該当する場合)と支払期限日を追加します。
  9. お客さまの選択肢として、最大9つの複数パターンを追加します。注意:複数パターンの見積もりは、請求書 プラスの機能です。
  10. [プレビューと送信] をタップします。
  11. 送信方法、送信日、期限日を確認します。
  12. 見積もりを請求書に自動変換するには、[お客さまが承諾したら自動的に請求書に変換する] をオンに切り替えます。
  13. [見積もりを送信] をタップします。

注意:Square POSレジアプリで見積もりを送信する機能は、まだございません。見積もりにアクセスするには、請求書アプリまたはSquare データをご利用ください。

複数パターンの見積もりを作成する

Square 請求書 プラスでは、価格を併記した商品やサービスのグループを含む複数パターンの見積もりを送信して、お客さまに購入を希望するパターンを選んでいただけます。これにより、同じ案件について複数回見積もりを送付する手間が省け、販売成立のためにより多くの時間を割くことができます。

複数パターンの見積もりを作成するには、以下の手順を行います。

  1. Square オンラインビジネスの概要ページにアクセスして、[見積もり] をクリックします。

  2. [見積もりを作成] をクリックします。

  3. お客さまの情報と見積もりの詳細を入力します。[次へ] をクリックします。

  4. 支払いの詳細と見積もりの単位品目を入力します。

  5. [パターンを追加] の [+] アイコンをクリックします。必要に応じて、タイトルと説明を入力します。また、パターンを複製または削除することもできます。[次へ] をクリックします。

  6. 連絡方法のオプションを入力して、見積もりをプレビューします。[送信] をクリックします。

注意:送信可能なパターン数は2つ以上9つ以下です。

見積もりを請求書に変換する

見積もりがお客さまにより承諾されたら、その見積もりを支払うことができるよう変換する必要があります。

オンラインで見積もりを変換する

  1. Square データの [請求書] タブから
  2. [•••] をクリックして、[請求書に変換] をタップします。
  3. 請求書の詳細を確認して、必要に応じて編集を行います。
  4. [送信] をクリックします。

アプリ内で見積もりを変換する

  1. 対象の見積もりを開きます。
  2. 画面を下にスクロールして、[請求書に変換] をタップします。
  3. 請求書の詳細を確認して、必要に応じて編集を行います。
  4. [続行] > [請求書を送信] の順にタップします。

見積もり承諾時に請求書に自動変換する

Square 請求書 プラスでは、見積もりがお客さまによって承諾されると、請求書に自動変換するよう設定することができます。または、請求書を下書きとして保存して後日に送付するよう選択することも可能です。見積もりから請求書への自動変換を選択すると、その請求書の件名と説明は見積もりと同じままになり、見積もりの承諾後すぐに、お客さまによるお支払いが可能になります。

自動変換機能を有効にする

  1. 上述の手順を行い、見積もりを作成します。
  2. [コミュニケーション] 画面で、[お客さまが見積もりを承諾したら自動的に請求書に変換する] をオンに切り替えます。
  3. [承諾後に請求書を送信または共有リンクを作成する] または、[承諾後に請求書を下書きとして保存する] のいずれかを選択します。

重要

  • この請求書 プラスは、Square データおよびiOS端末でのみ利用可能です。自動変換オプションは現在Android端末ではご利用いただけません。
  • 見積もりを請求書に自動変換すると、変換された請求書には元の見積もりと同じ送信方法が使用されます。すなわち、見積もりがSMS経由で送信された場合は、自動変換された請求書もSMS経由で送付されます。
  • 請求書デフォルト設定は、見積もりとは共有されていないフィールドに使用されます。例えば、請求書のリマインダーは請求書デフォルト設定に基づきます。この機能は、いつでもどの見積もりについてもオフに切り替えられます。

見積もりに関するFAQ

請求書 プラスの機能にはどのようにアクセスすればよいですか?

Square 請求書 プラスをサブスクリプション登録して、請求書プロセスをアップグレードしましょう。複数パターンの見積もりへのアクセス、承諾された見積もりの請求書への自動変換、カスタムフィールドやコンテンツテンプレートの作成などを行えます。無料で30日間お試しいただけます。

Square データ内で見積もりを表示させるにはどうすればよいですか?

複数のパッケージの見積もりが送信されると、[見積もり] タブに表示されます。見積もりをクリックすると、見積もり​​詳細の確認、承認されたパッケージ(もしあれば)を表示したり、[編集] や [承諾済み] などを確認することもできます。見積もりが承諾された場合、手動で [請求書に変更] オプションが表示され、ステータス列に [承諾済み] の見積もり​​ステータスが表示されます。

複数パターンの見積もりをSquare POSレジアプリから送信できますか?

複数パターンを含む見積もりは、Square POSレジアプリでの機能が制限されています。当該機能はSquare 請求書アプリでは利用できません。制限なく利用するには、Square データで当該機能を利用してください。

1つの見積もりには、いくつのパターンを含めて送信できますか?

複数パターンの見積もりには、2つ以上9つ以下のパターンを含めてください。必要に応じて、複製または消去が可能です。

見積もりは、Squareのレポートに表示されますか?

見積もりはレポートには取引として反映されません。見積もりには送金処理は一切関わりません。見積もりは、あくまで費用の概算と提供サービスの範囲を提示するための機能です。

お探しの答えが見当たりませんか?