Instagramでネット販売!ECサイト無しでもできる方法とは?

Eコマース(ネット販売)を始めるにあたり、独自のECサイトやネットショップを持っていなくても、Instragram活用して販売する方法があります。商品の魅力発信とネット販売を同時にできるInstagramは、ビジネスオーナーなら知っておきたいオンラインツールです。そこで、既にECサイトを持っている場合、持っていない場合の二通りについて、Instagramで商品販売をする方法を紹介します。

Instagram (インスタグラム)とは

「インスタ」の略称でも親しまれる「Instagram(インスタグラム)」は、写真や動画を中心とした投稿を共有して楽しむことができるソーシャルメディアです。スマートフォンアプリを通じて、きれい、可愛い、格好いいといったポジティブなメッセージを共有しやすいことから、Instagramはおしゃれなイメージの強いプラットフォームとして、10代から20代を中心に幅広い世代に爆発的な人気を誇っています。

Instagramは個人でも企業でも利用することができ、タレントや俳優、ファッションブランドの他、スモールビジネスにとっても商品やサービスの宣伝、イメージ戦略、販売などに有効です。国内のInstagram利用者(月間アクティブアカウント)数は、2019年3月時点で3,300万人に達するなど年々増加中で、ビジネスに利用しやすい新機能も順次追加されています。

参考:Instagramの国内月間アクティブアカウント数が3300万を突破(Facebook)

jp-blog-instagramshop01

Instagram (インスタグラム)で商品を販売する方法

Instagramの使い方は、写真や動画を共有するだけに留まらず、有料でビジネス広告を配信する、カタログ機能を利用し商品のディテールを伝える、またはInstagramの投稿から商品を販売するなど、宣伝や利益を高めるために活用することも可能です。

Instagramで商品販売をする際は、まずソーシャルメディアとしての使い方を知っておくと、ユーザー心理を理解しやすくなるでしょう。

Instagramの個人アカウントは、Eメールアドレスがあれば誰でも作成可能です。登録したら、好みのアカウントをフォローすると、そのアカウントの投稿が自動的に自分のフィードに流れてくるようになります。他にも「#(ハッシュタグ)」と呼ばれるタグを付けたキーワードを検索したりフォローしたりすることで、そのハッシュタグの付いた投稿を見ることができます。ビジネスアカウントによる商品販売も、投稿からアクセスが可能です。

Instagramを使った商品販売は、既に外部のECサイトを持っているかどうかによって、方法が異なります。

Instagramショッピングを利用する(ECサイトあり)

既にECサイトを持っている場合に便利な「Instagramショッピング」という機能は、以下の条件を満たし、審査を経て利用を開始できます。ショッピング機能の利用は無料ですが、この販売機能はInstagramのプロアカウント(旧名称・ビジネスアカウント)を持っている人のみが利用可能です。個人アカウントを使った販売方法については後述します。

  • FacebookとInstagramのコマースポリシーに準拠している
  • 有形商品を扱っている
  • 自社ECサイトなどで直接購入できる商品を出品している
  • 所在地がInstagramショッピングを利用できる国である(日本は利用可能)
  • 十分なフォロワー数やアカウント認証などで信頼性を示す
  • 価格や製品情報が正確である
  • InstagramのプロアカウントをFacebookページにリンクさせている

Facebookにアクセスして、Facebookのカタログマネージャを利用して既存のECサイトと連携します。FacebookページとInstagramのプロアカウントをリンクをさせた後、Instagramのアプリが最新バージョンであることを確認し、ショッピング設定を行います。設定完了後、アカウントの審査を受けます。無事承認がされれば、投稿をする際に、商品画像に商品タグ(商品名、価格など)を付けると、投稿を見た人はタグをタップすることで自社ECサイトなどにジャンプして商品購入ができるようになります。

参考:Instagramショッピングの設定方法(Facebook)

jp-blog-instagramshop00

Square オンラインチェックアウトを利用する(ECサイトなし)

Instagramショッピングの機能を使わず、個人アカウントを使って商品販売をするなら、ECサイトなしでネット販売ができる「Square オンラインチェックアウト」というサービスが便利です。これは、商品ごとに専用のオンライン会計用のURLを作成し、そのリンクを相手に送ると、相手はリンクをクリックするだけで決済画面に進むことができるものです。リンク作成は商品名や値段などを登録するだけで簡単にできる点が特徴で、月額利用料や固定費なく、かかるのは取引ごとの決済手数料のみ(※)です。

※Visa、Mastercard、American Express、Diners Club、Discoverの決済手数料は3.60%(サブスクリプション機能の利用した場合は3.75%)、JCBの決済手数料は3.95%です。詳しくはこちらからご確認ください。

Square オンラインチェックアウトをInstagramで利用するなら、商品やサービスを投稿で紹介した上で、プロフィールページに会計リンクを貼る、または購入希望者にダイレクトメッセージでリンクを送る、という使い方が可能です。独自のECサイトを持たずに販売をスタートできるため、低コストでビジネスを運営することができます。サブスクリプション機能もあるので、毎週・毎月など定期的な販売にも活用が可能です。

また、Instagramに限らず、Twitterなど他のソーシャルメディアやブログ、メールマガジンなどでも、Square オンラインチェックアウトのリンクを使って商品を販売することができるため、販売チャネルを拡大しやすい点もメリットです。

Instagramショッピングは、Facebookページを持つことや有形商品に限定することが求められるなど条件が多いのに対し、Square オンラインチェックアウトは一度Squareのアカウントを作ってしまえば管理がしやすいため、ネット販売のビギナーにも向いている方法と言えます。

参考:
ECサイトなしにオンライン販売をはじめよう!Square オンラインチェックアウトのススメ

Instagramで販売を成功させるコツ

Instagramで商品販売を成功させるためには、投稿を見てくれるフォロワーやファンを獲得することが不可欠です。投稿する際には、検索してもらいやすくするためにハッシュタグを上手に活用し、フォローや「いいね」を多く獲得することで、アカウント自体の認知度も向上させ、まずは「フォローしたくなるInstagramアカウント」を目指しましょう。

Instagram投稿の最大の魅力は、視覚に訴えかけ、多くの情報を盛り込めることです。アクセサリーや服の宣伝をするなら、販売したい商品をただ載せるだけでなく、コーディネートの紹介や利用シーンをイメージさせる演出も鍵となります。同じ服でも、組み合わせ次第で何倍にも楽しめることが伝われば、コーディネートの参考にしたい人がフォロワーになり、やがて販売につながりやすくなると予想されます。

また、投稿のコメント欄や「いいね」の機能を通じてユーザーと交流することも、ファンを獲得しやすくする方法です。商品投稿についての質問に答える、商品機能やカラーバリエーションなどの要望を今後の参考にするなど、真摯な対応はビジネスに良いイメージをもたらします。

オンラインショッピングの利便性にますます注目が集まる中、ソーシャルメディアとしての面白さを生かしながら、ぜひInstagramを商品販売に活用してみましょう。

ウェブサイトなしでオンライン販売を

Square オンラインチェックアウトなら簡単にお会計リンクを作成し、SNSやメールで共有できるので、ウェブサイトなしですぐにオンライン販売ができます。


Squareのブログでは、起業したい、自分のビジネスをさらに発展させたい、と考える人に向けて情報を発信しています。お届けするのは集客に使えるアイデア、資金運用や税金の知識、最新のキャッシュレス事情など。また、Square加盟店の取材記事では、日々経営に向き合う人たちの試行錯誤の様子や、乗り越えてきた壁を垣間見ることができます。Squareブログ編集チームでは、記事を通してビジネスの立ち上げから日々の運営、成長をサポートします。

執筆は2020年11月3日時点の情報を参照しています。2021年4月6日に記事の一部情報を更新しました。当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。Photography provided by, Unsplash