新型コロナウイルスへの対応
POSレジを使い始める
Square POSレジ

よくあるご質問

よくあるご質問をこちらにまとめて紹介しています

導入と初期設定について

Squareを導入するには何が必要ですか

無料のアカウントを作成し、Square POSレジアプリをダウンロードしてください。カード決済の受付に関する審査結果は、アカウント作成時に登録したメールアドレスにお知らせします。審査が完了しカード決済が有効化されると、クレジットカード決済をお受け付けいただけます。電子マネーを受け付けるには、Square データから手動で有効化する必要があります。カード決済、電子マネー決済にはSquare Readerをご利用ください。Square Readerは、公式オンラインショップでご購入の場合、2日から5日ほどでお手元に届きます。また、Amazon、ビックカメラ、ヨドバシカメラでもご購入いただけます。Square Readerがお手元にない場合、Square POSレジアプリにカード情報を手入力して決済する方法もご利用いただけます。

カード決済の設定にはどれくらい時間がかかりますか

カード決済の設定は数分程度で終わります。Square POSレジアプリをダウンロードしたモバイル端末と、Square Readerをお手元にご用意ください。モバイル端末とSquare ReaderをBluetoothで接続すれば、準備は完了です。パソコンのブラウザからアクセスできるSquareデータからは、Square 請求書やブラウザ決済をご利用いただけます。商品登録もSquare POSレジアプリもしくは、Squareデータから簡単に行うことができます。

Squareの操作に慣れるまでには時間がかかりますか

Squareの製品はデジタル機器が苦手な方でもご利用いただけるように、シンプルな設計になっています。特別なトレーニングがなくても、1時間程度で操作に慣れるという加盟店さまが多いようです。スタートガイドもぜひ参考になさってください。

Squareの導入や利用に関して分からないことがある場合、どうすればいいですか

電話(受付:10:00~18:00、月〜日)またはメールフォーム(24時間受付)によるサポートを提供しています。また、ヘルプセンターでは、よく聞かれる質問、各機能の説明など参考になる記事を随時掲載していきます。加盟店コミュニティでご質問内容を検索いただくことで、解決することもございます。ぜひ、ご活用ください。

料金と安全性について

導入費用はいくらですか

Square POSレジアプリは、さまざまな規模・種類のビジネスでご利用いただける無料のアプリです。カード決済、電子マネー決済を受け付けた際には、決済手数料(Square Readerを利用した場合、Visa、Mastercard、American Express、Diners Club、Discover、各種交通系ICは3.25%、QUICPayとiDは3.75%、JCBは3.95%)が発生しますが、アカウント作成や審査などの手続にかかる費用は一切ありませんので、お気軽に導入いただけます。

追加で費用がかかることはありますか

Squareの利用には、登録手数料や長期契約費、解約手数料、振込手数料、払戻手数料、明細出力費用、PCI DSS対策費用、カード種類による追加費用などはかかりません。ご負担いただくのは、カード決済を受け付けた際の決済手数料と、一部の有料機能を利用した際の費用のみです。

スタッフの人数に合わせて追加費用を払う必要がありますか

Square POSレジアプリを利用して、スタッフの勤怠管理を行ったり、全員に同じアクセス権限を付与したりする場合は、スタッフ数にかかわらず無料のスタッフ管理機能をご利用いただけます。スタッフごとにアクセス権限を変えたい、一人ひとりの売上を把握したいなどの場合は、一店舗につき月額3,000円の「スタッフ Plus」機能がおすすめです。

どんなカード・電子マネーに対応していますか。カード・電子マネーによって決済手数料は違いますか

主要ブランドのクレジットカード(海外発行カードを含む)とデビットカード、電子マネー*¹がご利用いただけます。Square Readerを利用した場合、Visa、Mastercard、American Express、Diners Club、Discover、各種交通系ICは3.25%、QUICPayとiDは3.75%、JCBは3.95%の決済手数料がかかります。決済手数料について詳しくはこちらをご確認ください。交通系ICに含まれるのはSuica, PASMO, Kitaca, TOICA, manaca, ICOCA, SUGOCA, nimoca, はやかけん、です。PiTaPaはご利用いただけません。
*¹ 現時点では、タクシー・ハイヤー等での電子マネー決済のご利用はできません。ご了承ください。

詐欺や不正利用の防止策を教えてください

Squareでは、不審な取引が行われていないか、決済を常時監視しています。機械学習と専門のスタッフが連携し、日々変化する不正行為の傾向に合わせてアルゴリズムを調整しています。不自然な取引が発生した際には、専門チームからご連絡いたします。

決済について

どんな決済手段が利用できますか

主要カードブランドのクレジットカード、デビットカード、電子マネー、現金、Squareのギフトカード・eギフトカードをご利用いただけます。

カード決済・電子マネー決済を受け付けるには何が必要ですか

店舗のレジなどお客様と対面する場でご利用の場合、お手持ちのスマートフォンやタブレット端末にSquare POSレジアプリをダウンロードしたあと、端末とSquare ReaderをBluetoothで接続し、カード決済・電子マネー決済を受け付けてください。遠方にいるお客様や取引先への請求には、メールを使ったSquare 請求書やパソコンを使ったブラウザ決済、Square オンラインチェックアウトを利用して、クレジットカード決済を受け付けることができます。

インターネットに接続できないときはどうすればいいですか

インターネットが一時的に使用できない状況においては、オフラインモードを使用することで、クレジットカード決済を受け付けることができます。オフラインモードでは、カード情報をSquare POSレジアプリに直接手入力して決済します。Square Readerでの決済よりも手数料が3.75%と若干高くなります。オフライン決済は、端末のインターネット接続が復元されると自動的に処理されます。72 時間以内に処理されなかった決済は、期限切れで無効になります。

払い戻しはできますか

はい、できます。払い戻しの方法はとても簡単です。こちらを参考にしてください。

売上金はいつ振り込まれますか

みずほ銀行と三井住友銀行をご利用の場合は翌営業日に、地方銀行や信用金庫、ゆうちょ銀行など、その他の金融機関をご利用の場合は毎週金曜日に、決済手数料を引いたカード決済代金を自動でお振り込みします。振込先口座には日本国内のどの金融機関も指定することができ、振込手数料は全てSquareが負担します。振込について詳しくはこちらをご確認ください。

互換性のある端末

わたしのスマートフォンでも使えますか

インターネットに接続できればApple(iPhone、iPad)、Androidのどちらの端末でもご利用いただけます。お手元のスマートフォンやタブレットでSquareを利用可能かどうかは、こちらでお調べください。

Square POSレジアプリで商品の在庫管理をできますか

在庫管理機能をご利用いただければ、商品の在庫数を管理することができます。在庫機能をオンにしている商品に関しては、Square POSレジアプリで販売した商品の個数が自動的に在庫に反映されます。また、Square データでSquare 請求書の在庫機能をオンにすると、請求書で支払った商品の在庫も管理することができます。

Square POSレジはプリンターやキャッシュドロアーと接続して使えますか

はい、Squareは他社製の周辺機器にも幅広く対応しています。各周辺機器との互換性についてはこちらからご確認いただけます

Squareを他のアプリやサービスと連携して使うことはできますか

Squareは、クラウド会計ソフトのfreeeやMoney Forward、オンラインストアのWixやWoocommerce(ウーコマース)など、経営に役立つさまざまのアプリやクラウドサービスとスムーズに連携してご利用いただけます。