ホーム画面に戻る

Square オンラインビジネスの概要ページに関する重要な変更

Square-Online-Overview-Page-Changes-JP-JA

Square オンラインビジネスの概要ページの異なるセクションがSquare データの他の箇所に移動したことについて、複数の通知が届いている可能性があります。ここでは、これらの変更が加盟店さまやそのワークフローにどのような影響を与えるかについてご説明します。これにより、Square オンラインビジネスサイトの管理に必要な機能を見つけることができます。

Square オンラインビジネスの操作方法について詳しくは、SquareデータでSquare オンラインビジネス概要ページを操作する方法をご覧ください。

概要

Square オンラインビジネスで多くのことが変更されているのはなぜですか?

対面販売やオンライン販売の管理が簡単ではないというフィードバックをいただきました。たとえば、過去に商品マスタに新しい商品を追加した場合、対面販売で使用するには分類する必要がありましたが、Square オンラインビジネスサイトで使用するには、別々に分類する必要がありました。Squareは、このような繰り返しのワークフローをSquare オンラインビジネスからなくすことを目標にしています。Squareの製品やツールをより統合することで、複数の場所で同じ作業を行う時間を減らすことができます。

Square オンラインビジネスの概要ページのどのセクションが変更されていますか?

Square オンラインビジネスの概要ページの左側にナビゲーションメニューがあります。その次のタブがSquare データの他の部分に移動します。

  • [商品]にある、[サイトの商品] と [サイトのカテゴリ]
  • [設定] または [共通設定]にある、[消費税]
  • [商品] または [共通設定] にある、[クーポン]
  • お届け方法
  • 注文
  • レポート

それらのセクションがSquare データの他の場所に移動すると、機能は失われますか?

一部の機能はわずかに異なる場合がありますが、Square オンラインビジネスサイトの商品、サイトカテゴリ、消費税、クーポン、お届け方法、注文、およびレポートなど、ほぼすべての機能は同じです。ただし、移行期間中に、ほぼ使用されていない機能は削除されます。

すべての変更スケジュールを教えてください。

各セクションは2024年にそれぞれ移行され、年末までにすべての変更が完了する予定です。

商品とカテゴリ

Square オンラインビジネスの商品とカテゴリの管理では、何が変わりますか?

従来、商品管理はSquare商品ライブラリの [商品] セクションと、Square オンラインビジネスの概要ページの [商品] セクションの2か所で行っていました。今後は、サイト商品、サイトカテゴリ、オプション、商品の詳細設定は、すべてSquare商品ライブラリに移行します。移行後は、商品に関するすべての要素(Square オンラインビジネス固有の機能を含む)を1か所で管理できます。

Square オンラインビジネスサイトの商品では、何が変わりますか?

商品の詳細(商品名や価格など)の多くは、すでにSquare商品ライブラリとSquare オンラインビジネスの間で同期されていましたが、すべての詳細が同期されていたわけではありません。また、詳細の一部はSquare オンラインビジネスにのみ保存されていました。2023年から2024年にかけてSquare オンラインビジネスのみに保存されていた詳細をすべて移行することで、商品ライブラリで商品を一元管理できるようになりました。詳しくは、Square オンラインビジネスの商品設定を商品ライブラリから管理する方法をご覧ください。

Square オンラインビジネスのサイトカテゴリでは、何が変わりますか?

Square商品ライブラリの各種カテゴリとSquare オンラインビジネスの概要ページのサイトカテゴリは同期されておらず、2か所で別々のカテゴリリストを維持する必要がありました。これを踏まえ、商品ライブラリのカテゴリ機能を充実させました。カテゴリの並べ替えやネスティングのほか、ひとつの商品を複数のカテゴリに割り当てたり、カテゴリのオンライン表示/非表示設定を切り替えたりできます。Square オンラインビジネスのカテゴリを商品ライブラリのカテゴリに移行すると、すべてのカテゴリを1か所で管理できます。詳しくは、Square オンラインビジネスサイトのカテゴリに関する重要な変更点をご覧ください。

Square オンラインビジネスの商品設定と同期設定では、何が変わりますか?

Square オンラインビジネスで取り扱う商品の詳細設定と同期設定のうち、多くを管理していたホーム画面が移行します。これにより、商品管理画面(商品ライブラリ)から、Square オンラインビジネスサイトでの商品の表示方法も管理できるようになります。

設定済みのデフォルトの商品タイプ、デフォルトの商品お届け方法、デフォルトの商品表示/非表示設定、およびデフォルトのSquare オンラインビジネスサイトの割り当ては、[設定] > [商品のデフォルト設定] にある [商品ライブラリ] に移行します。既存のデフォルト設定をSquare商品ライブラリに移行する際、Square オンラインビジネスのウェブサイトや商品管理に支障をきたすことはありません。また、これらのデフォルト設定はいつでも変更が可能です。

消費税

Square オンラインビジネスの消費税設定で何が変わりますか?

これまで、Squareにはオンライン注文とPOSレジ注文の税金を設定・管理する場所が2つありました。Square オンラインビジネスの概要ページの [消費税] セクションと アカウントと設定ページ の [消費税] セクションです。これで、チャネルにかかわらず、税金管理のホーム画面は「アカウントと設定」になります。詳しくは、Square オンラインビジネス注文の消費税設定を管理するをご確認ください。

ご注意:これらの変更は、2024年のさまざまな時点でさまざまな市場に影響を及ぼすことになります。これらの変更がまだ反映されていない場合があります。

クーポン

Square オンラインビジネスのクーポンで何が変わりますか?

クーポンの作成・管理のホーム画面は、Square オンラインビジネスからSquare マーケティングに移動します。この変更により、Square オンラインビジネスのウェブサイトやその他のSquare製品で使用できるクーポンを一元的に管理・編集できます。詳しくは、Square オンラインビジネスの商品にディスカウントとクーポンを設定するをご覧ください。

ご注意:Square オンラインビジネスおよびSquare POSレジでご利用いただけるSquare マーケティングのクーポン作成・管理機能は無料で、サブスクリプション登録は必要ありません。

お届け方法

Square オンラインビジネスのお届け方法設定で何が変わりますか?

Square オンラインビジネスのお届け方法設定のホーム画面は、Square オンラインビジネスの概要ページの [お届け方法] セクションからアカウントと設定ページの [お届け方法] セクションに移動します。受け取りとデリバリーの設定にはすでにアクセスできます。Square オンラインビジネス注文の発送設定は2024年後半に移動します。

Square POSレジから作成された注文に、Square オンラインビジネス注文と同じお届け方法設定を適用できますか?

現時点ではまだ行えませんが、Square オンラインビジネスからの発送、受け取り、自店舗によるデリバリーのすべての現在の機能をアカウントと設定に導入し、お届け方法の設定が対面注文とオンライン注文の両方に適用されるよう取り組んでいます。

注文

Square オンラインビジネスの注文管理で何が変わりますか?

これまで、Squareには注文を管理する場所が2つありました。Square オンラインビジネスの概要ページの注文Square オーダーマネージャー注文です。Square オンラインビジネスからの注文は常にSquare オーダーマネージャーに送られますが、一部の機能はSquare オンラインビジネスでのみ利用可能でした。Square オーダーマネージャーにもこれらの機能が追加され、すべての注文の管理が1か所で可能になりました。

さらに、発送注文、梱包伝票、ラベルの管理は、今年初めにオーダーマネージャーの新しい発送セクションに移動しました。Square オンラインビジネスの注文は2024年後半に完全に移行されます。

レポート

Square オンラインビジネスレポートで何が変わりますか?

Square オンラインビジネスのインサイトとレポート機能のホーム画面が、Square オンラインビジネスからSquare データのSquare レポートに移行し、すべてのレポートを1か所でご確認いただけます。Squareの総合的な売上レポートの一部としてオンライン注文を表示することはこれまでも可能でしたが、新しいチャネルフィルターではサイト固有のデータに焦点を当てることができます。

また、Squareのレポートページの新しいSquare オンラインビジネスセクションも開始します。コンバージョン率やサイトトラフィックなど、オンラインビジネスに固有のインサイトを提供する2つの新しいページ(購買ファネルレポートとトラフィック&ソースレポート)が含まれます。これまでと同様、これらの2つのレポートは、Square オンラインビジネスのサブスクリプションをアップグレードするとご利用いただけます。

レポートへのアクセスがSquare データの一元化された場所に移動しますが、以下の点にご注意ください。

  • 履歴カートとカテゴリデータは移行されません。
  • これまでのカゴ落ちメールのパフォーマンスデータは移行されません。
  • Square オンラインビジネスに複数のサイトをお持ちの場合は、2021年1月1日以降のデータのみSquare レポートのサイトで絞り込むことができます。

詳しくは、Square オンラインビジネスのレポートに関する重要な変更をご覧ください。

お探しの答えが見当たりませんか?