POSを超えた!?モバイルPOS導入のすすめ

近年、モバイルPOSと呼ばれるレジシステムを導入している店舗が増えてきています。

飲食店小売店で従業員がスマートフォンやタブレット端末から会計を受け付けている光景を目にしたことがあるかもしれません。

ここでは簡単かつ低コストで導入できることから、大小さまざまな規模のビジネスから注目を集めるモバイルPOSの仕組みや導入のメリット、導入方法を解説します。

目次



そもそもPOSシステムとは

POSシステムの「POS」とは「Point Of Sales」の略で、日本語にすると「販売時点情報管理」を意味します。スーパーやコンビニで見かけるレジをイメージすると分かりやすいかもしれません。

jp-blog-mobilepos04

レジといえば、店員が商品についているバーコードをスキャンすると、商品名や商品価格がレジ画面に表示される光景を思い浮かべる人も少なくないでしょう。POSシステムの役割は商品バーコードを通して商品情報を呼び出すことだけではありません。POSシステムを通して会計を受け付けると、どの商品がいつ・何個・どの店舗で売れたのかなどの細かな情報が自動で記録されたり、販売数にあわせて在庫が自動で調整されたり、売上・在庫管理をしやすくする役割も持ち合わせています。

POSシステムごとに利用できる機能は異なりますが、一般的には以下の機能が備わっています。

ずっと0円。機能満載のPOSレジ

手軽さを追求した無料で使える直感的なPOSレジ

モバイルPOSとは

モバイルPOSは、スマートフォンやタブレットを利用したPOSシステムです。専用アプリを手持ちのスマートフォンなどにインストールするだけで前章で紹介したPOSレジ機能が使えるようになります。

jp-blog-mobilepos02

従来のPOSシステムとの違い

従来はターミナル型のPOSレジがよく使われていました。大型スーパーや飲食チェーン店などでよく見かける、大型のレジです。レジ本体は基本的に高額で、専用のハードウェアに専用のシステムをインストールして使うため、自身のスマートフォンから売上情報の確認などはできない作りでした。

従来のPOSレジと同等の機能をより簡単に導入できる方法として挙げられるのが、近年利用が目立つモバイルPOSシステムです。前述のようにスマートフォンやタブレットにアプリをインストールすれば、POSシステムの導入は完了。ネット環境の整ったモバイル端末、またはパソコンさえあれば、リアルタイムで売上・在庫情報などをいつでもどこからでも確認することができます。

モバイルPOSはコストもお手頃。初期費用は無料のことも少なくありません。Squareのように初期費用に限らず固定費も無料なPOSレジもありますが、月額費用がかかる場合は1万円程度が相場のようです。個人商店でも手が届くような価格帯でPOSシステムが利用できるようになったことで、ビジネスの規模問わずモバイルPOSレジを導入する店舗が増えてきました。

jp-blog-mobilepos01

▲東京都新宿区にあるカフェ、「AKHA AMA COFFEE JAPAN」ではSquare POSレジを利用しています。使い心地や詳しい活用方法についてはこちらの記事で紹介しています。

モバイルPOSを使うメリット

従来と比べて簡単に導入できるPOSシステム、モバイルPOS。ここではモバイルPOSを使う具体的なメリットを見ていきましょう。

導入コストが抑えられる

前章でも触れたように、従来の専用端末と比べてモバイルPOSは価格がリーズナブルです。手持ちのスマートフォンやタブレット端末をそのままレジとして使えるため、ハードウェアを新たに購入する必要がありません。そのため、導入コストを抑えたい店舗でも気軽に使い始めることができるでしょう。

たとえばSquareのPOSレジアプリなら初期費用も固定費もかかりません。一部追加料金がかかる機能もありますが、基本的な会計機能や、売上・在庫・勤怠・顧客の管理機能は全て無料で利用することができます。

また、数百・数千と膨大な商品数を抱える小売店には、在庫管理が一層簡単に行えるSquare リテールPOSレジ(無料・有料プラン有)の利用がおすすめです。

ずっと0円。機能満載のPOSレジ

手軽さを追求した無料で使える直感的なPOSレジ

操作が簡単で覚えやすい

若い世代の従業員は、キーボードの操作より、スマートフォンのタッチパネルのほうが慣れているかもしれません。モバイルPOSなら、スマートフォンなど使い慣れた端末で操作ができるため比較的容易に使い方を覚えることができます。

レジスペースを独占しない

モバイルPOSの利用に必要なのはタブレット、もしくはスマートフォンだけです。モバイル端末は基本的に無線のため、利用時以外は棚や引き出しにしまっておくなど、狭いカウンタースペースでも工夫しながら利用することができるでしょう。カウンターをスッキリ見せたいと考える店舗オーナーにもぴったりです。

顧客満足につながる

スマートフォンやタブレットを活用したモバイルPOSは簡単に持ち運びができるため、お客様が求めるときにすぐ対応できます。たとえば、会計時にお客様の近くにいる従業員がモバイルPOSを使って対応すれば、お客様はレジを探す必要がありません。必要なときにすぐ対応できることは、顧客満足度の向上にもつながるでしょう。

モバイルPOSの導入における注意点

簡単なステップで使い始めることができるモバイルPOSですが、いくつかの注意点もあります。

インターネット環境が必要

機能をフル活用するには、インターネットに接続できるネットワーク環境が必要です。「従来のPOSシステムとの違い」の章でモバイルPOSは「リアルタイムで売上・在庫情報などをいつでもどこからでも確認できる」と説明しましたが、このような情報をリアルタイムで記録していくためにネットワーク環境が必要となります。また、タブレットとモバイル決済端末を接続しキャッシュレス決済を受け付ける際にもネットワーク環境が必要となります。SquareならWi-Fi回線はもちろんのこと、モバイル回線(4G、LTE)でも利用することができます。

モバイルPOSを提供している各サービスではネットワーク環境の構築までは基本的に請け負わないため、インターネット回線の導入はモバイルPOSとは別で行わなければいけないと覚えておきましょう。

アプリが手持ちの端末に対応していない可能性も

モバイルPOSはサービスによって、使える端末と使えない端末があります。ご自身が持っている、あるいは購入しようとしているモバイル端末とアプリとの互換性はあらかじめに確認しておくといいでしょう。

たとえばSquare POSレジならAppleの端末にもAndroidの端末にも対応しています(詳しくはこちら)。小売店専用のSquare リテールPOSレジに関しては、Appleの端末のみの対応です。

ずっと0円。機能満載のPOSレジ

手軽さを追求した無料で使える直感的なPOSレジ

モバイルPOSシステムは改良を重ねて、どんどんバージョンアップしていく傾向にあることも覚えておきましょう。そのため、こまめにアプリをアップデートし、端末のOSも最新のものにアップデートしておくことが推奨されています。古いモバイル端末を使用していると最新のOSに対応できず、アプリに不具合が生じることも考えられるので、注意が必要です。

サポート面で不安を感じることも

従来のPOSレジは数十万円から数百万円ほどかかる高額なものでしたが、お店ごとに担当がつくなど、手厚いサポートが受けられるというメリットもありました。一方、近年登場しているモバイルPOSシステムを導入した場合、困りごとは電話やメール、またはチャットなどを通して相談します。サポートの窓口では日々さまざまな加盟店に対応しているため、緊急時にすぐに電話がつながらない、メールが返ってこないということもあるかもしれません。

SquareでモバイルPOSを導入しよう

Square POSレジなら以下のステップで簡単に使い始めることができます。

jp-blog-mobilepos00

それぞれのステップを詳しく見ていきましょう。

Step 1 無料アカウントを作成

無料アカウントはこちらのページから作成しましょう。メールアドレスや事業の詳細についてなど、フォームに従って必要事項を順に入力していきます。入力は数分ほどで終了します。詳しいステップや入力内容はこちらからご確認ください。

Step 2 POSレジアプリをインストール

Square POSレジアプリのダウンロード方法は、こちらのページにある通りです。Square リテールPOSレジのはじめかたについてはこちらをご確認ください。

Step 3 商品登録を行う

商品登録はパソコンからアカウントにログインをして行うこともできれば、アプリから行うこともできます。商品数が多かったり、すでに商品情報をまとめたエクセルシートやCSVがあったりする場合は、パソコンからの登録が簡単です。

商品登録については、以下の記事をご参考ください。

Step 4 必要な周辺機器と接続する

プリンターやキャッシュドロワーなど、POSレジとあわせて利用したい周辺機器が揃ったら、USB、またはBluetoothなどでモバイル端末と接続しましょう。キャッシュレス決済が受け付けられる決済端末もあわせて用意しておくと、クレジットカードや電子マネーでの決済が簡単に受け付けられるようになります。Squareの決済端末は7,980円(税込)で購入できます。

Square POSレジの対応端末と互換性のある周辺機器はSquare ショップから購入できます。

ずっと0円。機能満載のPOSレジ

手軽さを追求した無料で使える直感的なPOSレジ

従来と比べて手軽に、低コストで導入できるPOSシステム、モバイルPOS。ここではその仕組みや導入方法を紹介してきました。会計機能に限らず、在庫管理や売上分析など一つのシステムで何役もこなしてくれるモバイルPOSはビジネスの効率化を手助けしてくれる強力なツールです。多くのコストをかけずにまずは使い心地を試してみたいという場合は、ぜひ無料で利用できるSquare POSレジSquare リテールPOSレジ(無料版)をお試しください。


Squareのブログでは、起業したい、自分のビジネスをさらに発展させたい、と考える人に向けて情報を発信しています。お届けするのは集客に使えるアイデア、資金運用や税金の知識、最新のキャッシュレス事情など。また、Square加盟店の取材記事では、日々経営に向き合う人たちの試行錯誤の様子や、乗り越えてきた壁を垣間見ることができます。Squareブログ編集チームでは、記事を通してビジネスの立ち上げから日々の運営、成長をサポートします。

執筆は2018年3月2日時点の情報を参照しています。2021年11月30日に記事の一部情報を更新しました。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash