POSレジにiPadを利用して業務改善!飲食店におすすめのPOSアプリ3選

飲食店経営者の中には、スマートフォンやタブレットを利用したPOSレジを導入したいと考えている人もいるのではないでしょうか。しかし、POSアプリは種類が多くて、どれを選べば良いかわからないという人も多いかもしれません。

今回は、飲食店向けのオススメPOSアプリを四つ紹介します。

目次



POSとは

POSは、英語の「Point of Sales」の頭文字をとった略称で、日本語では「販売時点情報管理」と訳されています。POSは、訳の通り、商品を販売した時点で、売上情報を自動的に記録するシステムです。POSシステムを搭載したレジをPOSレジといいます。

飲食店でPOSアプリを導入するメリット

Alt text

従来の据え置き型のPOSレジは導入費用や維持費がかかるほか、操作も複雑でした。今回紹介するPOSアプリは、スマートフォンやタブレットなどにインストールするだけでPOSの機能が使える優れものです。低コストで場所も取らないので、規模の小さな飲食店はもちろんのこと、移動販売などでも導入しやすいでしょう。

飲食店でPOSアプリを導入する主なメリットは、以下の通りです。

業務効率化

閉店後、避けられない作業の一つといえば、レジ締め。なかにはこの作業に1時間近くかけている、という店舗もあるかもしれません。POSアプリで会計を受け付ければ、売り上げの計算は自動。POSアプリの管理画面からその日の売上額が一目でわかるようになり、作業時間を大幅に短縮することができます。

スピーディーな会計

従来のキャッシュレジスターでは、毎回会計時に紙の伝票に書いてある金額を打ち込む必要がありました。多くのPOSアプリにはテーブルごとに会計伝票を作成し、会計時まで保存しておける機能がついています。会計時には該当するお客様のテーブル伝票を出せばすぐに会計に進めるので、お客様の待ち時間が減るうえ、打ち込みや計算のミスなども防げるようになります。

また、複数税率や割引もあらかじめに登録しておけるので、会計時にうっかり割引を反映し忘れたり、イートインされるお客様に対してテイクアウトの税率で合計額を出してしまったり、などのミスが発生する心配も減ります。

コスト削減

たとえばレジ締め作業などに充てる時間が減れば、従業員を夜遅くまで引き止める必要がなくなり、人件費の削減につなげることもできるでしょう。また、在庫管理機能を活用して仕入れデータを保存しておけば、材料を発注しすぎていないか、節約できるところはないか、などが確認しやすくなり、コストを抑える工夫もしやすくなります。

また、従来のPOSレジと比べて、初期費用や維持費を低く抑えることができるのも、コスト削減のポイントの一つです。POSレジは高ければ数十万円するものもあります。導入費用や維持費を低く抑えられるPOSアプリであれば、低コストでの導入を実現できます。

店舗ごとのデータの一元化

複数の店舗を抱える場合に煩雑になりがちなのが、売上データの管理。このような場合は多くのPOSアプリに備わっている複数店舗管理機能が役立ちます。一つの管理画面から複数店舗の売上データを確認できるようになるので、データがあちこちに散乱し収拾がつかなくなるような事態が防げます。

研修時間の短縮につながる

POSレジといえば操作方法が難しく、従業員向けにマニュアルを用意することも稀ではありませんでした。POSアプリであれば、日常的に使い慣れているスマートフォンなどを使うので、モバイル端末に触り慣れている人にとっては、抵抗なく操作できるでしょう。

持ち運びができる

実店舗の運営だけでなく、イベントに出店してみたい……という時がいつか訪れるかもしれません。従来のPOSレジは有線、かつ重たく、イベントへの持ち運びはあまり現実的とはいえなかったでしょう。この場合、売り上げは手書きで残しておき、イベント後に帳簿付けをする、などの作業が発生していたかもしれません。POSアプリを導入すると、タブレットやスマートフォンを持っていくだけで、イベントでの利用が可能になります。一日分の売り上げを自動的に集計してくれるPOSアプリもあるので、レジ締め作業もあっという間に終わります。

飲食店向けオススメPOSアプリ3選

Alt text

POSアプリの中から軽減税率にも対応している、飲食店にオススメのアプリを三つ紹介します。

1. Square POSレジ/Square(スクエア)

iOSとAndroid端末のどちらにも対応した無料のPOSアプリ。アカウントを作成し、アプリをインストールすることでスマートフォンやタブレットがモバイルPOSとして利用できるようになります。

専用のIC カードリーダー(Square Reader)と組み合わせれば、アプリをインストールしている端末でクレジットカードと電子マネーでの決済が受け付けられるようになります。初期費用はSquare Readerの購入にかかる7,980円(税込)のみ。月額使用料などの固定費用はなく、決済ごとの手数料のみかかるので、ランニングコストも抑えられます。審査に通過すれば最短即日から利用可能で、手数料を差し引いた金額が最短で翌日入金されます。

プリンターといった周辺機器をそろえれば、紙のレシートも発行できます。また、キッチンプリンターなどと連携して、オーダーエントリーシステムも利用できます。「【無料でここまでできる!】Square POSレジでオーダーエントリーシステム」の記事もぜひ参考にしてみてください。

利用可能なクレジットカードはVisa、Mastercard、American Express、JCB、Diners Club、Discoverです。電子マネーであれば各種交通系IC(※)、QUICPay、iDでの決済が可能です。

※:Suica, PASMO, Kitaca, TOICA, manaca, ICOCA, SUGOCA, nimoca, はやかけん (PiTaPaはご利用いただけません)

決済手数料について詳しくはこちらをご確認ください。

さらに、無料のSquare データを利用することで、売上情報や顧客情報、在庫情報なども確認できます。iPadを持っていない、iPadの操作には自信がないという場合、Square POSレジアプリやレシートプリンターが搭載されたオールインワン決済端末(Square Terminal)を導入するのも一つの手段です。

jp-blog-terminal

ずっと0円。機能満載のPOSレジ

手軽さを追求した無料で使える直感的なPOSレジ

2. ubiregi(ユビレジ)/ユビレジ

iPad用のPOSレジで、無料プラン、プレミアムプラン、飲食店向けプラン、小売店向けプラン、カスタマイズプランの5種類を展開しています。

飲食店向けプランは、基本的なPOSレジ機能や売上データの表示、カード決済サービスとの連携だけでなく、飲食店経営に特化したオーダリングシステム「FlickOrder(フリックオーダー)」とも連携しています。「FlickOrder」を使うことで、注文管理やキッチン伝票の印刷、テーブルの空席管理などがiPhoneやiPod touchなどの端末上でできるようになります。

1カ月の無料お試しがあるので、まずは試してみてもいいでしょう。ユビレジとFlick Orderのアプリをインストールすることで利用できます。

3. スマレジ/スマレジ

iPadやiPhone、iPod touchにインストールして利用できるクラウド型POSアプリ。プランはスタンダード、プレミアム、プレミアムプラス、フードビジネス、リテールビジネスの5種類です。

飲食店向けのフードビジネスプランは1店舗につき、初期費用0円、月額費用10,000円(税抜)。オーダーエントリーシステムや基本的なレジ機能、複数店舗管理機能、顧客管理機能などが利用できます。オーダーを受ける「スマレジ・ウェイター」とセットプランになっているため、注文入力やテーブル管理、会計、売上分析などの機能も利用可能です。

オプションの店舗内サーバー「ウェイターBOX」を設置すると、万が一インターネットの接続が切れてしまった場合でも、いつも通りにオーダーをとって営業することができます。

アカウント作成から30日間は、全機能と電話による導入サポートを無料で利用可能です。ただし、有料プランへの申し込みがないまま30日を経過した場合、自動でスタンダードプランに移行されるので、ご注意ください。

  Square POSレジ ubiregi(ユビレジ)   スマレジ 
月額利用料金 0円/複数店舗(一部有料機能除く) 8,400円(税別)から 10,000円(税抜)/1店舗
機能 【無料プランで利用できる機能】
・レジ機能
・オーダーエントリーシステム
・キッチン伝票出力
・テーブル会計機能
・個別会計機能
・顧客管理
・売上分析
・在庫管理
・従業員管理
・複数店舗管理
・eギフトカード
など
【無料プランで利用できる機能】
なし

【有料プランで利用できる機能】
・レジ機能
・オーダーエントリーシステム
・顧客管理
・売上分析
・在庫管理
・従業員管理
・複数店舗管理
など
【無料プランで利用できる機能】
・レジ機能

【有料プランで利用できる機能】
・オーダーエントリーシステム
・顧客管理
・売上分析
・在庫管理
・従業員管理
・複数店舗管理
など
対応端末 iPhone:○
iPad:○
Android:○
詳しくは対応端末一覧からご確認ください
iPhone:×
iPad:○
Android:×
iPhone:○
iPad:○
Android:×

POSアプリを選ぶうえで押さえておきたい4つのポイント

1. 必要とする機能は揃っているか

たとえばホールとキッチンの連携を叶えてくれるオーダーエントリーシステムがあれば、注文が入ってきた順番、メニューや数量などが明確にわかるため、提供時のミスの防止にもつながります。ランチ営業をしているなど、別々での会計を希望するお客様が多いと想定される飲食店であれば、個別会計機能があると業務効率が上がります。まずは「これだけは譲れない」と考える機能を書き出し、それらの機能を予算内で提供してくれるアプリを探してみると効率もいいかもしれません。

2. 会計アプリなど、ほかアプリとの連携は充実しているか

POSレジのなかには、ほかのアプリと連携することで、機能をより充実させられるものもあります。たとえば確定申告にかかる手間が格段に楽になる会計アプリと連携できるか、などは事前に確認しておくと、会計処理などにかかる負担を大幅に軽減できるでしょう。Squareであればfreeeやマネーフォワードとの連携が可能です。

3. 初心者にも使いやすいものであるか

モバイル端末に触り慣れていない人でも、すぐに使いこなせるインターフェースであるかも確認しておきましょう。忙しい飲食店であれば、新しい従業員を採用した際に、注文などはすぐにでも任せたいところでしょう。操作が複雑だと慣れるまでに時間がかかってしまううえ、操作に戸惑う従業員を見てお客様が不安に感じてしまうことも考えられます。このような事態を避けるためにも、使い勝手はしっかりと確かめておくのが賢明でしょう。

4. どれくらいの初期費用と固定費がかかるのか

アプリ自体は、ほとんどの場合無料でダウンロードできるでしょう。しかし、アプリを利用するモバイル端末はなければ購入する必要があります。また、プランによっては月額利用料金が発生するものもあります。Squareであれば月額利用料金はゼロ(※)。どのアプリが最も低コストで、必要な機能を提供してくれるかは、比較検討する際に念頭に置きたいポイントです。

※一部機能を除く。詳しい料金体系はこちらからご確認ください。

低コストでありながら、高機能で省スペース化にもつながるPOSレジ。会計から注文、食材の受発注状況など、飲食店では必ずついてまわるタスクに一役買う便利ツールです。また、売り上げに関する情報を見える化することで、日々の業務効率を向上させるためのヒントが得られます。上記で紹介した「POS選びのポイント」などを参考にしつつ、自店舗に合ったPOSレジアプリを見つけてみてはいかがでしょうか。


Squareのブログでは、起業したい、自分のビジネスをさらに発展させたい、と考える人に向けて情報を発信しています。お届けするのは集客に使えるアイデア、資金運用や税金の知識、最新のキャッシュレス事情など。また、Square加盟店の取材記事では、日々経営に向き合う人たちの試行錯誤の様子や、乗り越えてきた壁を垣間見ることができます。Squareブログ編集チームでは、記事を通してビジネスの立ち上げから日々の運営、成長をサポートします。

執筆は2018年7月4日時点の情報を参照しています。2021年3月16日に記事の一部情報を更新しました。現時点では、タクシー・ハイヤー等での電子マネー決済のご利用はできません。ご了承ください。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。Photography provided by, Unsplash