新型コロナウイルスへの対応

飲食店にはSquare。ビジネスの成長に寄り添う、4つの機能

Square (スクエア), ブログ編集者

オープンから数カ月が経ったタイミングで、常連客がつき始めるとワクワクした気持ちが生まれるのではないでしょうか。提供しているメニューやサービスがお客様から評価されていると知ることは、どんな経営者にとっても励みになるものです。このように少しずつ注目が集まり始めると自ずと出てくるのが、新たに挑戦してみたいこと、はたまた新しい課題などです。この記事では、飲食店が成長する段階で活用できるSquareの機能を紹介します。

jp-blog-vertical-restaurant-2-new-menu

成長ステップ1. そろそろ新メニューにも挑戦したいな。

客層を広める意味でも、常連客をあっと驚かせる意味でも、「メニューに振れ幅をつけたい」と新たなチャレンジに意識が向き始める頃。料理人が作りたいメニューを提供することももちろん大切ですが、お客様のニーズがなければ食材を無駄にしてしまう可能性も。

既存メニューの売れ行きが数字で把握できればお客様のニーズ分析も可能になり、より売り上げにつながる新メニューを生み出せるかもしれません。ところが売上分析機能が備わったPOSレジは高額であることから「導入もまだ。帳簿は手書き、分析する余裕がない……」という場合。

Squareであればラクラク解決!

Square POSレジであれば導入コストはゼロ。アカウントを作成するだけですぐに利用を始められます。Square POSレジで注文や会計を行えば、売上データは自動で蓄積されていくので帳簿付けも楽に。あらかじめにメニュー登録をしたうえで注文を受け付ければ、メニュー別の売上情報も自動的に蓄積されます。蓄積された売上データは日別・月別・年別でも確認できるので「去年の今ごろ、どのメニューがよく出ていたかな」など季節ごとの売れ行きを見たいときにも頼りになります。

メニュー登録(※)、注文、会計、売上レポートの機能は全て無料で利用できます。

※:最大30,000点まで登録できます。

jp-blog-vertical-restaurant-popup

成長ステップ2. イベントに出店したいな。

イベントへの出店といえば自店舗のことを全く知らない人にも、自慢のメニューを楽しんでもらえるチャンス。たまにはいつもの店舗を飛び出て参加してみたい、と出店に興味を抱いたことはありませんか。イベントのほかにも、売り上げアップを狙って「ケータリングにチャレンジしてみたい」と目論む飲食店オーナーもいるかもしれません。いずれにしても気になるのは「支払い、どうしよう」。

Squareであればラクラク解決!

手持ちの足りない人にも難なく対応できるよう、イベント時でもキャッシュレス決済(※)には対応しておきたいところ。直径66mmのコンパクトなSquare Readerであれば持ち運びも簡単、省スペースも叶えてくれ、イベントでの出店にはぴったり。スマートフォンやタブレットなどお手持ちのモバイル端末とBluetooth接続するだけで、キャッシュレスでの支払いが受け付けられるようになります。

※この記事での「キャッシュレス決済」は、Squareが対応しているキャッシュレス決済手段を指します。
Square 対応クレジットカードブランド:Visa、Mastercard、American Express、Discover、Diners Club、JCB
Square対応電子マネー:交通系IC、iD、QUICPay。交通系ICにはSuica, PASMO, Kitaca, TOICA, manaca, ICOCA, SUGOCA, nimoca, はやかけんが含まれます。PiTaPaはご利用いただけません。

合わせてSquare POSレジアプリをスマートフォンなどにダウンロードしておけば、お手持ちのモバイル端末がレジに早変わりします。Square POSレジで会計を受け付ければ売り上げは自動で集計されるので、イベント終了後に待ち構えるレジ締めがあっという間に終了します。

一方ケータリングの場合も、金額が高額になり得ることから、キャッシュレス支払いに対応しておくのが賢明。ケータリング当日にキャッシュレス払いを受け付ける場合は持ち運びが簡単なSquare Readerで、事前に決済を終えておきたい場合はSquare 請求書を活用しましょう。Square 請求書はSquareのアカウントを作成すれば、何通でも無料で作成・送信できます。

双方とも支払いをキャッシュレスにすることで、現金を持ち運ぶ手間やストレスが解消できます。

jp-vertical-restaurant-2-busy

成長ステップ3. 最近ずいぶん忙しくなってきたな。

飲食店の認知度が上がりはじめると、ランチやディナーのピークタイムは満席になることも。ところが少ない人数でお店を回していることからお客様を待たせてしまうことも少なくない……。そうなると考えなければいけなくなるのが「アルバイトの雇用」。とはいえ「従業員を管理するソフトもないし、教育には時間がかかりそう……」など、気掛かりな点があるかもしれません。

Squareであればラクラク解決!

Square POSレジアプリをお手持ちのモバイル端末にダウンロードすれば(※)、会計処理などに限らず、従業員の勤怠管理も同一アプリから行うことができます。勤務時間や休憩時間の打刻は無料。「会計と注文の機能だけ扱えるようにする」など、アクセス権限を付与することも可能です。

※スタッフ管理機能はSquare データからでもアクセスできます。

操作方法が簡単なSquareは、レジのトレーニングに充てる時間をぐっと抑えられるのも特徴的。従来のレジは操作方法が複雑なものが多く、初日から新人にレジ打ちを任せるのはなかなかハードルの高いものでした。一方でSquare POSレジアプリを利用すれば、レジとなるのは普段から触り慣れているタブレットなどのモバイル端末。画面の表示に従ってタップやスワイプをしながら注文や会計を受け付けられるので、初心者にとってもわかりやすく、レジ研修の時間を大幅に削減できます。会計周りの処理をすぐに覚えてもらえるのは、忙しい飲食店であればなおさら助かる点かもしれません。

jp-blog-vp-restaurant-spacious

成長ステップ4. 今より広い店舗への移転が決定!

「店舗が繁盛してきたので、もう少し広い店舗に移転しよう」と思い切って決断したとき。ステップアップに心が弾む反面、これまでのやり方ではうまくいかないことも出てくるでしょう。

たとえば今までは注文を読み上げてキッチンに伝えていた場合、移転先の広い店舗では非効率となる可能性もあります。注文ミスを防ぐためにも、ホールとキッチンの連携をスピーディーにするためにも、オーダーエントリーシステムを導入したいところですが、そこでぶつかるのは「導入には10万円から100万円ほどかかると聞いたような……」という導入コストの問題。

Squareであればラクラク解決!

Squareであればオーダーエントリーシステムの利用は無料。Square POSレジがあれば、テーブルごとに伝票を作成し、「保留伝票」として会計時まで保存しておくことも、テーブルで受けた注文をキッチンプリンターから印刷することもできます。複数のプリンターとの接続も可能なため、「ドリンクプリンターとキッチンプリンターを別で用意したい」などの用途にもラクラク対応。

会計を受け付けるときは保留していた伝票をタップするだけで会計画面が表示されるので、レジ打ちの時間を削減でき、お客様を待たせることなく会計処理を終えられます。

決済端末を選ぶ際には、店舗を拡大したり、新しいことに挑戦したりするタイミングでも、変わらず使い続けられるかという点を押さえておきたいところ。ビジネスの成長を支える機能を備えているのはもちろんのこと、会計から注文、売上分析など飲食店には欠かせない機能をコストなしで利用できるのがSquareです。この機会にぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

Square Readerで今日からキャッシュレス決済導入を

カード決済、タッチ決済、電子マネー決済がこれ1台で


続けて読もう!セットで揃えたいレジの周辺アイテム

(1) 飲食店にはSquare。毎日のタスクをラクにする3つの機能
(2) 飲食店にはSquare。ビジネスの成長に寄り添う、4つの機能
(3) 飲食店にはSquare。セットで揃えたいレジの周辺アイテム

Squareのブログでは、起業したい、自分のビジネスをさらに発展させたい、と考える人に向けて情報を発信しています。お届けするのは集客に使えるアイデア、資金運用や税金の知識、最新のキャッシュレス事情など。また、Square加盟店の取材記事では、日々経営に向き合う人たちの試行錯誤の様子や、乗り越えてきた壁を垣間見ることができます。Squareブログ編集チームでは、記事を通してビジネスの立ち上げから日々の運営、成長をサポートします。

執筆は2020年3月26日時点の情報を参照しています。2020年8月4日に記事の一部情報を更新しました。
現時点では、タクシー・ハイヤー等での電子マネー決済のご利用はできません。ご了承ください。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。