オンラインレッスンに最適な3つの決済方法

自宅にいながらもスキルを身につけられるオンラインレッスンは、感染症予防を踏まえた新たな日常のなかで広がりを見せたものの一つです。教室などに出かけることなく気軽に参加できることから、感染症の状況にかかわらずオンラインレッスンを今後も受講したいと感じる人も多いかもしれません。

これまで対面で行ってきたレッスンをオンラインに切り替えるうえで、「受講生にとって便利な決済方法を導入したい」と考える事業者もいるでしょう。ここではオンラインレッスンの受講費用をどのように回収しようかと悩む事業者に向けて、いくつかの決済方法を紹介します。

目次



オンラインレッスンの実態

決済方法について説明する前に、まずはオンラインレッスンの実態について解説します。

エキテン総研が事業者向けに行った調査によれば、オンラインレッスンを提供している教室のうち7割は、国内ではじめて緊急事態宣言が発令された2020年4月以降にサービスを開始したことがわかっています。

参考:
コロナ禍で挑戦したいオンラインレッスン、1位は?(マイナビニュース、2021年1月2日)
全国の中小事業者へオンラインレッスンに関する調査を実施(エキテン総研)

このように感染拡大をきっかけに増えたオンラインレッスンですが、受講生がオンラインでレッスンを受けたいと思う理由は「人との接触機会を減らすこと」には限らないようです。

また、エキテン総研が消費者に行った調査によれば、オンラインレッスンに興味を持つ理由として

  • 「仕事の都合上、教室まで行く時間が作りにくい」
  • 「身近で受講できるところが少ない」
  • 「オンラインなら交通費なしで長く続けられそう」
  • 「子どもが小さくてなかなか外出できないため」

など、時間や生活環境による制限、金銭面における手軽さを重要視する人が一定数いることが伺えます。

実際に受講者はオンラインレッスンに満足しているのだろうか、と疑問に思うかもしれません。オンライン接客・レッスンの提供者を対象としたヘイ株式会社の調査では、「オンライン接客・レッスンを受けたお客様からの反応はいいですか?」という質問に対して、「オンライン接客・レッスンにお客様は満足している」と答えたオンラインサービス提供者は、75.6%(内訳は大変満足している:22%、やや満足している:53.4%)と半数以上いました。さらに8割近くの事業者は「オンライン接客・レッスンをやってよかった」と答えています。

参考:7割以上がオンラインでのサービス提供に関心ありと回答!ヘイが「オンライン接客・オンラインレッスンに関する実態」を独自調査。(2020年12月18日、ヘイ株式会社)

オンラインレッスンの実施はこれまで教室に通うことが難しかったものの、スキルアップを目指したいと考える層を囲ううえでも効果的です。オンラインにシフトする近年の流れを踏まえて、チャレンジしてみる価値はあるかもしれません。

補足までに、前述のエキテン総研が消費者に聞いた調査で対象者たちが今後挑戦したいオンラインレッスンとして、以下が挙げられていました。

1位 運動
2位 英会話
3位 パソコン操作
4位 資格試験対策
5位 料理
6位 音楽(楽器、歌唱など)
7位 プログラミング
8位 アート(絵画、手芸など)
9位 カメラ
10位 その他外国言語

参考:コロナ禍で挑戦したいオンラインレッスン、1位は?(マイナビニュース、2021年1月2日)

オンラインレッスンの受講費用を受け取る方法

オンラインレッスンを提供すると決めたら、次に検討しなければいけないのは受講費用の集金方法です。

ここでは単発のレッスン(不定期に開催するワークショップなど)や回数券の販売、月謝の決済に利用できる三つの集金方法を紹介します。それぞれの強みや弱みを把握したうえで、自分に合う決済方法を見つけてみてください。

銀行振込で代金を受け取る

王道の決済方法としては、銀行振込が挙げられます。特に月謝制度を取り入れている教室では、事前に登録した金融機関から自動的に代金が引き落とされる「口座振替」を設定しているところも少なくないでしょう。銀行振込ならクレジットカードを所有していない層も囲えるうえ、レッスン代金が直接口座に振り込まれるので代金を受け取るまでの時間が短いというメリットがあります。

ただし、以下の弱点も考慮しておきましょう。

【受講者にとって】ネットバンキングを利用していない限り、振り込みには手間がかかる(滞納・未納のリスクがある)
【運営者にとって】口座振替の手続きには時間と手間がかかる

特に月謝の集金に口座振替を検討している場合は、煩雑な手続きがあることを念頭に置いておきましょう。流れとしては受講者が「口座振替依頼書」を金融機関や決済代行会社に提出するのが一般的ですが、不備があれば再度記入が必要になり、口座登録に至るまで時間と手間がかかる傾向にあります。

▼銀行振込の特徴:

😀代金を受け取るまでの時間が短い
😀幅広い層に親しみのある決済方法
😣支払遅延の可能性も
😣口座振替の手続きは煩雑

オンライン集金システムを利用する

手間をかけずにレッスン代金を集金したいという要望に応えてくれるのが、「オンライン集金システム」です。具体的には、クレジットカード決済画面に飛べる「決済リンク」を利用したシステムです。

ウェブサイトの開設は必要なし。作成した決済リンクを受講者に共有すれば、受講者はリンク先の画面にクレジットカード情報を入力するだけで決済を済ませることができます。

jp-blog-soc

リンクを作成するにはレッスンの大まかな内容や価格など、基本情報を入力するだけ。数分で作れる簡単さは大きなメリットです。単発レッスンの決済に向いているのはもちろんのこと、Square オンラインチェックアウトでは、一つのリンクから継続課金を受け付けることもできます。

初期費用・月額費用無料のオンライン集金システムも多いですが、決済ごとの手数料は必ず発生するため、コスト節約には各サービスの決済手数料にも注目しておくといいでしょう。Square オンラインチェックアウトなら決済手数料を3.6%(※)に抑えられるうえ、受講生が支払った代金は最短翌営業日に指定の口座に振り込まれます。

※JCBのみ、3.95%。また、継続課金には3.75%の決済手数料が発生します。

▼オンライン集金システムの特徴:

😀手軽に使い始められる
😀パソコンの操作が苦手でもわかりやすい
😣決済手数料がかかる
😣入金まで時間がかかることも
ECサイト不要でオンライン販売が可能に

Square オンラインチェックアウトなら簡単にお会計リンクを作成し、SNSやメールで共有できるので、ウェブサイトなしですぐにオンライン販売ができます。

予約管理システムを利用する

日に日に増加するオンラインレッスンのニーズに合わせて次々と誕生しているのが、予約管理システムです。予約管理システムとは、受講者によるネット予約や事前決済ができるシステムです。受講者はレッスン運営者が作成した予約サイト、またはアプリを通して予約をします。

予約管理システムの最大のメリットは事前決済と予約をまとめて受け付けられる点ですが、利用には月額費用がかかることが多いです。月々の相場は大体5,000円から10,000円のようです。

また、レッスンスケジュールの入力や細かな設定が必要なため、パソコンの操作にあまり慣れていないと少し難しく感じる部分もあるかもしれません。

▼予約管理システムの特徴:

😀予約と決済の管理を一元化できる
😀顧客情報の管理もできる
😣月額利用料金がかかる
😣パソコン初心者は設定に戸惑うことも
😣入金までに時間がかかることも

オンラインレッスンの代金回収にはSquare!

Squareと聞いて、小型で無線の決済端末を思い浮かべる人もいるかもしれません。

jp-blog-soc-1

▲Square リーダーで決済を受け付けている様子

Squareでは対面でのキャッシュレス決済はもちろんのこと、非対面での決済方法も豊富に提供しています。そのなかの一つが、オンライン集金システムの章でも紹介した、「Square オンラインチェックアウト」です。ここでは詳しい活用方法について見ていきましょう。

jp-blog-soc-2

単発のレッスンを提供する場合

上記の画像にあるようなワークショップなど、不定期で単発のレッスンを提供する場合には、以下の方法で決済リンクを作成しましょう。

■作成手順

  1. Squareのアカウントにログイン
  2. 左横のメニューバーにある[オンラインチェックアウト]をクリック
  3. [リンクを作成する]をクリック
  4. [クラスやチケットを販売]をクリック
    ★当日レッスンを行うURLも設定することができます。
  5. [リンクを設定]にある項目を順に入力する
  6. リンクの作成完了!

jp-blog-soc-5

■共有方法
リンクが作成できると、上記のような画面が表示されます。参加や支払いを促すにはリンクをSNSの投稿やブログで共有したり、参加希望者に直接送信したりしましょう。決済画面に飛べるQRコードの作成もできるので、ポスターなどを刷る場合にはQRコードも合わせて印刷するといいでしょう。

回数券を販売したい場合

有効期限付きの回数券を販売したい場合には、以下の手順で作成することができます(※)。

※継続的役務に該当するサービス(コース・回数券等を数カ月にわたって継続的に提供するサービス)にカード決済を利用する場合には、一定の条件を満たす必要があります。条件は業種ごとに異なるので、必ずこちらからご確認のうえ、ご利用ください。

■作成手順

  1. Squareのアカウントにログイン
  2. 左横のメニューバーにある[オンラインチェックアウト]をクリック
  3. [リンクを作成する]をクリック
  4. [支払いを受け付ける]をクリック
  5. [リンクを設定]にある項目を順に入力する
  6. リンクの作成完了!

■共有方法
回数券は、5回(3カ月)・10回(3カ月)などとバリエーションを用意することも少なくありません。複数のリンクを作成する場合には、ウェブサイトやブログなどで「3カ月コース(10回分)の申し込みはこちら!」などの文章を添えて紹介するのがわかりやすいでしょう。すでにメルマガなどを発行している場合には、メルマガで紹介するという手もあります。

月謝を回収したい場合

月謝を回収したい場合には、Square オンラインチェックアウトで自動継続課金(サブスクリプション)リンクを作成することもできますが、ここでは顧客管理がよりしやすい(※)サブスクリプション機能を紹介します。

※サブスクリプション機能を利用すると、[サブスクリプション]のページからサブスクリプション登録(月謝払い)している顧客のリストを簡単に見ることができます。

■作成手順

  1. Squareのアカウントにログイン
  2. 左横のメニューバーにある[サブスクリプション]をクリック
  3. [プラン]をクリック
  4. [プランを作成]からプランの内容を登録する
  5. [サブスクリプション]>[サブスクリプション作成]にある項目を順に入力する
    ★このとき、受講者のクレジットカード情報が登録済みでない限り、[支払方法]には[請求書を送信する]を選択ください(※)。
  6. 月謝回収の設定が完了!

※自動継続課金を設定する方法は、こちらにある「方法その2: 遠方のお客様に対し、ご来店なしで、手続きをする場合」からご確認ください。

ECサイト不要でオンライン販売が可能に

Square オンラインチェックアウトなら簡単にお会計リンクを作成し、SNSやメールで共有できるので、ウェブサイトなしですぐにオンライン販売ができます。

外出の自粛が求められるなかで、新たに生まれたオンラインレッスンのニーズ。ここではオンラインレッスンを提供する際に利用できる決済方法を紹介しました。決済方法についてどうしようかとまだお悩みの人は、初期費用・月額費用なしにはじめられるSquareの決済機能をまずは試しに使ってみませんか。必要なのはSquareの無料のアカウントだけ。アカウントの作成は数分で終わります。その簡単さには驚くかもしれません。


Squareのブログでは、起業したい、自分のビジネスをさらに発展させたい、と考える人に向けて情報を発信しています。お届けするのは集客に使えるアイデア、資金運用や税金の知識、最新のキャッシュレス事情など。また、Square加盟店の取材記事では、日々経営に向き合う人たちの試行錯誤の様子や、乗り越えてきた壁を垣間見ることができます。Squareブログ編集チームでは、記事を通してビジネスの立ち上げから日々の運営、成長をサポートします。

執筆は2021年11月24日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash