公開日:2022/08/04

青色申告とは、確定申告の種類の一つです。青色申告には条件があり、事前に所管の税務署に青色申告承認申請書と開業届を提出しなければなりません。その上で1年間の収入や経費から所得を計算する特定の帳簿が必要になります。メリットには、所得控除を受けられることなどがあります。

青色申告の対象者

青色申告ができる所得は限られており、不動産所得、事業所得、山林所得です。法人を設立せずに事業を営む個人事業主や、フリーランスとして会社に属さず仕事に応じて契約して働く人の収入は事業所得にあたり、青色申告をすることができます。

青色申告による確定申告の期間

確定申告の期間は原則として、毎年2月16日から3月15日です。確定申告の期間内に手続きが行えなかった場合は、無申告加算税や延滞税が課される場合があります。

青色申告と白色申告の違いとメリット

青色申告の対象者は不動産所得、事業所得、山林所得に限られています。その一方で、白色申告は青色申告ができない人が行うものです。

事前に行う申請にも違いがあります。青色申告の場合には事前に所轄の税務署に青色申告承認申請書と開業届を提出する必要があります。その一方で白色申告にはこれらの書類を提出する必要はありません。

必要となる書類や帳簿も異なります。年間の所得を計算する帳簿ですが、青色申告では少なくとも現金出納帳、売掛帳、買掛帳、固定資産台帳、経費帳が必要です。一方で、白色申告では法定帳簿と任意帳簿が必要です。

青色申告にはメリットがあり、所得控除を受けることができるため節税効果があります。また事前に届出を行っていれば、家族従業員に支払う給与(青色事業専従者給与)を経費にすることができます。

白色申告の場合には税制上の優遇などはありませんが、申告に必要な書類や手続きがシンプルというメリットがあります。

青色申告による確定申告の必要書類と記入方法

青色申告を行うには、事前に申請が必要です。青色申告承認申請書と開業届を所轄の税務署に提出します。

次に所得を計算する帳簿が必要となります。青色申告でも控除額によって異なる点があり、より正確な帳簿付けとなる複式簿記を使う場合には、高額の控除を受けることができます。一方で簡単に取り扱える単式簿記では低額の控除となります。

確定申告の際には確定申告書Bと青色申告決算書の2種類の書類を提出します。

2月16日から3月15日までの期間に直接税務署で提出、もしくは郵送、またはウェブ上で電子申告(e-Tax)をします。

確定申告の際に提出する書類の記入方法については、記入サンプルが国税庁のウェブサイトに掲載されています。青色申告決算書の書き方は「青色申告決算書(一般用)の書き方」に掲載されています。確定申告書Bの書き方は「申告書の記載例」に掲載されています。サンプルを確認しながら記入してみましょう。

【関連サイト】
国税庁ウェブサイト|青色申告決算書(一般用)の書き方 
国税庁ウェブサイト|申告書の記載例

青色申告には確定申告ソフトが便利!

「青色申告には、会計の知識が必要なのでは?」と不安に感じる方がいらっしゃると思います。そうした問題を解決してくれるものが、確定申告の書類作成ソフトです。ソフトウェアの指示に従ってデータを入力すると、会計の知識が少なくても書類を作成することができます。

中にはレシートや請求書などのデータを読み取る機能を備えたソフトもあり、手間がかかる作業を短縮することができます。

また、普及しつつあるウェブ上の電子申告(e-Tax)に対応するソフトもあります。こうしたソフトを使えば、電子申告もスムーズに行うことができるでしょう。

青色申告に関するよくある質問

青色申告とは何ですか?

確定申告の種類の一つです。特定の所得を受ける人が事前に申請することで利用できるようになります。青色申告では控除などの税制上の優遇を受けるメリットがあります。控除額によって、それぞれ1年間の所得を計算する特定の帳簿が必要となります。

青色申告の対象者は誰ですか?

青色申告の対象者となるのは、不動産所得、事業所得、山林所得を得る場合です。法人を設立せずに個人で事業を行う個人事業主、そして会社に属さず仕事に応じて契約で働くフリーランスの所得は、事業所得になります。そのため個人事業主やフリーランスは青色申告を使うことができます。

青色申告による確定申告はいつ行いますか?

確定申告の期間は原則として、毎年2月16日から3月15日です。確定申告の期間内に手続きが行えなかった場合は、無申告加算税や延滞税が課される場合があります。

青色申告と白色申告の違いは何ですか?

青色申告の対象となるのは、不動産所得、事業所得、山林所得を得る場合です。白色申告は、青色申告ができない場合に利用することになります。青色申告では事前に申請する必要があり、提出する書類も多くあります。そのため控除を受けられるなどのメリットがあります。白色申告は簡易に申請を行えるメリットがあります。

青色申告では何を提出する必要がありますか?

提出する年間の所得を計算する帳簿として、少なくとも現金出納帳・売掛帳・買掛帳・固定資産台帳・経費帳が必要となります。また確定申告書Bと青色申告決算書も提出することになります。所得の内容や控除の金額によって、異なる帳簿の形式や追加で必要となる書類がありますので事前に確認しましょう。

青色申告ではいくら税金を支払いますか?

事業所得額に応じて税率が変わるため、課税額は一律ではありません。青色申告では特定の帳簿を使うことで、10万円または65万円の控除を受けることができます。税金の額、控除、税率については国税庁のウェブサイトをご確認ください。

本ページは情報提供を目的としており、掲載している情報は記事更新時点のものです。法律、雇用、税務、その他経営に関する最新情報に関しましては専門家にご相談ください。

Squareの機能をビジネス運営にお役立てください。

無料のPOSレジソフトウェア

Square POSレジを使えば、お店はもちろん、ネットショップで、電話で、屋外イベントで、あらゆる場所での販売がかんたんになります。操作はシンプルですのでトレーニングは一切必要ありません。

お会計リンク

Square オンラインチェックアウトでお会計リンク、購入ボタン、QRコードを作成しましょう。どこにでも埋め込むことができ、ウェブサイトなしでもオンライン販売が可能になります。

決済ターミナル

Square ターミナルは、商品管理や支払い受け付け、さらにはレシート印刷や代金受け取りなどを行える一体型のカード決済端末です。