経営者として知っておきたいQRコード決済の基本

訪日外国人観光客が急増することが予想される2020年の東京大会、2025年の大阪・関西万博を前に、政府はキャッシュレス決済の導入を推進しています。サービス提供企業によるさまざまなキャンペーンが話題になったこともあり、QRコードを使った決済方法が注目を浴びています。

今回は、QRコードとは何か、QRコード決済の仕組みや魅力、導入の際に確認すること、そして課題と利用率について解説します。

QRコードとは

QRコードは縦と横の二次元に情報をもつバーコードで、1994年に株式会社デンソーウェーブによって開発されました。QRとは「迅速な対応」を意味する英語「Quick Response」の略で、その名の通り、読み取りの速さが大きな特徴です。黒いバーを横方向に並べた、一次元情報しかもたないバーコードと比べ、より多くの情報を格納できます。一次元バーコードの容量は英数字で最大20字程度ですが、QRコードは数字が最大約7,000文字まで格納でき、漢字や記号などを扱うことも可能です。

当初は製造業の生産管理に用いられていましたが、携帯電話に内蔵されたデジタルカメラからも読み込めることから広く普及し、現在では航空券や処方せん、モバイルクーポンなどさまざまなシーンで活用されています。

QRコード決済の魅力

alt text

スマートフォンの普及で広がりを見せるQRコード決済の魅力は何でしょうか。

スマートフォンを保有しスマートフォンアプリを利用したことがある10代から50代の2,000名を対象にした調査では、QRコード決済の魅力として「現金・カードを持ち歩かなくてもスマホだけで支払いができる」(36.6%)、「現金に比べて店頭での支払いが簡単でスピーディ」「支払うたびにポイントが貯まるなどお得」(ともに32.9%)、「ATMでお金をおろさなくても済む」(28.0%)などがあがっており、お財布を持たなくていい手軽さと現金に比べ支払いがスピーディな点が特長といえます。

参考:「QRコード決済・モバイル決済の利用実態と今後の利用意向に関する調査2018年」の発表(有限責任監査法人トーマツ)

QRコード決済の仕組み

QRコード決済の特徴の一つは導入の手軽さです。店舗はお客様に読み込んでもらうためにQRコードを掲示するか、お客様のQRコードを読み込むためのスマートフォンやバーコードリーダーを準備するだけです。数十万かかるといわれているCAT端末なしにキャッシュレス対応できるのは、事業者にとって嬉しい点です。

お客様はQRコード決済用のアプリをダウンロードし、アプリを手持ちのクレジットカードや銀行口座と紐づけるか、現金をチャージしておきます。決済方法としてユーザースキャン方式とストアスキャン方式の二種類があります。

ユーザースキャン方式
お客様(ユーザー)が、店舗のQRコードをスマートフォンなどのアプリで読み取る決済方法です。店舗はQRコードを印刷した紙やスマートフォン、タブレット、サービス提供企業の専用端末などを使ってお客様に提示します。

ストアスキャン方式
お客様がスマートフォンなどのアプリ上に自分のQRコードを表示し、店舗が専用端末やバーコードリーダーなどを使って読み取る決済方法です。

QRコード決済を導入するには

店舗がQRコード決済を導入するには、利用したいサービスに加盟店申請をして審査を通過する必要があります。その際に確認することを見てみましょう。

決済手数料
クレジットカード決済と同じくQRコード決済には決済手数料がかかります。QRコード決済で販売した商品やサービスの代金の数パーセントを手数料として事業主が支払いますが、各社異なる手数料率を設定しているため、事前の確認が必要です。

導入費用
多くのサービスでは、入会金などの導入費用が無料です。ユーザースキャン方式であれば、インターネットに接続できる環境と、QRコードを表示させたり読み込んだりするタブレットやスマートフォンがあれば準備は完了です。ストアスキャン方式でQRコードとPOS端末を連携させたい際は、POS端末をカスタマイズするなどの費用がかかります。

ランニングコスト
月額利用料や振込手数料といったランニングコストについても把握しておきましょう。月額利用料は無料としているサービスが多いものの、サービスが提携している金融機関以外の口座への振込を希望する場合は手数料がかかる場合があります。

審査日数
申請受理後、審査が始まります。申請から審査完了までの日数は、最短で1営業日という場合もあれば追加書類の提出などが必要となって2週間以上かかる場合もあります。

QRコード決済の課題

alt text

費用面でも機器面でも導入が容易なQRコード決済。しかし以下のような課題もあります。

利用できる店舗
クレジットカードの日本国内加盟店数は2017年時点で約630万店で、業種も多岐にわたっています。一方、QRコード決済はこの数年普及し始めた新しい決済方法なので、加盟店は主にコンビニエンスストアやファストフードなどのフランチャイズチェーンなど、利用できる店舗が限られています。

また、QRコード決済にはさまざまな種類があり、店舗が加盟しているサービスとお客様が利用しているサービスが必ずしも一致するとは限りません。そのため、複数のサービスに対応しているお店も多く、その数だけ異なるQRコードをレジスタンドなどに提示することになります。

支払いにかかるスピード
ユーザースキャン方式の場合、お客様がアプリを立ち上げ、店舗のQRコードをスマートフォンなどのカメラで読み取って金額を入力し決済を完了させます。クレジットカードや電子マネーなどと比べると支払いから決済完了までに必要な動作が多く、時間がかかるのが課題になっています。

支払いに使える金額
QRコード決済では一回の利用限度額が低く設定されていることが多く、また残高を事前にチャージして使う場合には高額をチャージする人は少ないため、数万円から数十万円のような高額の商品の支払いにもあまり向いていないといえます。

Square Readerで今日からカード決済導入を

Squareなら簡単にカード決済受付可能に

QRコードの利用率

alt text

同じキャッシュレス決済でもクレジットカードと比べると、QRコード決済の利用率はまだ低いことが調査で明らかになっています。

2018年末にICT総研が実施したアンケートでは、少額決済の手段として71.6%の人が現金を使うと答えています。クレジットカードは43.6%で、一方のQRコード決済は4.1%でした。1万円から3万円の比較的高額な買い物では、現金が44.7%、クレジットカードが68.3%、QRコード決済が2.6%になっています。

現金やクレジットカードに比べてまだまだ普及していないことと、高額の買い物にはクレジットカードを利用する人が多いことがわかります。

参考:2019年 モバイルキャッシュレス決済の市場動向調査(ICT総研)

JCBの調査では、日本におけるクレジットカードの保有率は84%、平均保有枚数は3.2枚、一人当たりの携帯枚数は平均2.1枚であることが明らかになっています。スマートフォンにアプリをダウンロードして、クレジットカードと紐づけたり、チャージしたりするQRコード決済よりも、クレジットカードのほうが手間がかからず、現金の次に日常の生活に浸透している決済手段だといえます。

参考:クレジットカードに関する総合調査 2018年度版 調査結果レポート(株式会社ジェーシービー)

導入の手軽さが特徴であるQRコード決済ですが、実はクレジットカード決済も同じくらい手軽になっています。CAT端末に数十万円かかる・審査に数カ月かかるというイメージがあったクレジットカード決済ですが、Squareなら、初期投資なしかつ短期間で導入できます。準備するものは、専用のIC カードリーダー(Square Reader)と普段お使いのスマートフォンやタブレット端末だけです。審査に通過すれば最短で即日から利用でき、決済手数料を引いた売上金額が最短で翌営業日に振り込まれます。また、請求書発行機能(Square 請求書)やPOSレジといった日々の経営に役立つ便利な機能も無料で利用できます。

もし、まだキャッシュレスに対応していないなら、まずはクレジットカード決済の導入から検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

クレジット決済をかんたんに。ICカードリーダー導入のすすめ
経営者にオススメ、Squareの機能とサービスをまとめてみました。#ビジネスするならスクエア
執筆は2019年5月14日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash, PAKUTASO