飲食店経営には欠かせない!?バイトリーダーの存在

Alt text

アルバイトスタッフが多く働いている飲食店では、バイトリーダーというポジションが設けられていることがあります。バイトリーダーは、リーダーとして他のアルバイトスタッフをまとめたり、店長や社員が不在の時には店舗責任者代理として対応するなど、店長の右腕として円滑な店舗運営を行うために欠かせない存在です。今回はバイトリーダーについて紹介します。

バイトリーダーとは

Alt text

バイトリーダーは、アルバイトリーダーとも言われます。アルバイトスタッフが多く働く飲食店では、店長が現場を全て把握、管理することが難しい場合があります。そのような場合、現場の状況をよく把握している人をバイトリーダーに任命し、他のアルバイトスタッフをまとめる権限を持たせることで現場を円滑に回すことができます。また、任命されたバイトリーダーにとっても、責任あるポジションを任されたことでより一層仕事に対してモチベーションが上がったり、リーダーとしての意識が高まったりします。

役割

Alt text

バイトリーダーは、状況によっては店長代理にもなるポジションです。しかし、役割や待遇が他のアルバイトスタッフと異なったとしても、あくまでも雇用形態はアルバイトであることに変わりません。接客や会計などの基本的な仕事はほかのアルバイトスタッフと同様に行います。万が一、何か問題が発生した時は最終的には店長や社員が管理者として責任を取ることが必要です。バイトリーダーの役割や権限は職場によって異なりますが、よく見受けられるものを例として紹介します。

教育

バイトリーダーの役割の一つに、他のアルバイトスタッフへの教育が挙げられます。新しいアルバイトスタッフへの教育には負担がかかることが多いです。アルバイトスタッフの出入りが激しい傾向がある飲食店では、その度に店長や社員が新人教育を担当することは難しい場合があります。店長と比べて他のアルバイトスタッフとの距離が近く、現場を把握しているバイトリーダーが教育を担うことによって、よりきめ細かなサポートが可能になり、人材の定着率が上がる可能性があります。

シフト管理

店舗でシフト制勤務を導入している場合、アルバイトスタッフ数が多くなるほどシフト管理は複雑になります。学生アルバイトスタッフが多い職場では試験期間は人数が減ったり、新年会や忘年会などの繁忙期ではより多くの人数が必要となったりします。各アルバイトスタッフの都合を考慮し進めていくシフト管理は、複雑で手間がかかる業務です。

上手なシフトの作り方の記事もぜひ参考にしてください。

レジ締め作業

アルバイトスタッフの中でも、バイトリーダーがレジ締め作業を行うことが多いようです。お店によって異なる場合がありますが、レジ締め作業の一連の流れは営業時間が終わった後に、レジに入っている現金の総額と売り上げ金額が合っているかを確認します。その後は翌営業日のために、定められた金額だけレジの中に残して金庫に入れます。

店舗責任者代理

店長や社員の不在時に店舗責任者代理として対応することももちろんですが、店側の考えや方針を普段から現場のアルバイトスタッフに浸透させる役割もバイトリーダーは担っています。

バイトリーダーに向いている人

Alt text

バイトリーダーはどのような人が向いているのでしょうか。バイトリーダーに必要な要素を挙げてみます。

経験、知識

店舗責任者代理にもなるバイトリーダーは、店舗全体のことを把握している必要があるでしょう。例えば飲食店の場合、ホールとキッチン両方を理解していることが求められます。単純に経験が長いほど良い、知識が多いほど良いということではありませんが、他のアルバイトスタッフにバイトリーダーとして認められる程度の知識と経験があることが前提となります。

責任感

店長や社員の不在時には、バイトリーダーが店長の代理を務めます。自分は他のアルバイトスタッフをまとめる立場という自覚を持つ人でなければ、バイトリーダーは務まらないと言えるでしょう。

調整力

店長や社員と他のアルバイトスタッフの間に入ることが多いバイトリーダー。それぞれの意見や方針が食い違う場合は、間に入って話を進める調整力が必要となります。

受容力

「自分が経験の浅いアルバイトスタッフの時はこんなに頑張っていたんだから、これぐらい出来て当然だ!」と他のアルバイトスタッフに自分の考えだけを押し付ける人に、多くのアルバイトスタッフはついていこうと思うでしょうか。また、飲食店のアルバイトスタッフには、学生やフリーターなどさまざまな立場の人がいます。相手の気持ちや状況を理解しようと努力する人がバイトリーダーにふさわしいのではないでしょうか。

鈍感力

受容力と相反するように見受けられますが、バイトリーダーにはどのような時もめげずに前向きに進む鈍感力も必要です。店側と他のアルバイトスタッフの板挟みになったり、さまざまな立場のアルバイトスタッフをまとめることは、ポジティブなことばかりではないでしょう。逆境をポジティブに捉える力も大切ではないでしょうか。

バイトリーダーを育てる

Alt text

全てを最初から完璧に兼ね備えている人はなかなかいません。最初は、店長や他の社員の仕事を観察してもらうことから始め、徐々にバイトリーダーに権限を与えていきましょう。例えうまくいかないことがあったとしても諦めることなく、長い目で育てることが大切です。店長の「長い目で人を育てる」という姿勢は、バイトリーダーに対する教育だけでなく、現場の雰囲気として他のアルバイトスタッフにも伝わります。バイトリーダーを育てながら一緒に店舗を盛り上げていくことを目指しましょう。

効率的な店舗運営

Alt text

効率的に店舗運営をしていくためには、バイトリーダーの存在は欠かせません。Squareの従業員管理機能を使えば、権限レベルを自由に編集できるので、バイトリーダーと他のアルバイトスタッフの権限を区別できます。また、Square POSレジと連携しているため、付与された権限によって確認できる情報の範囲設定などを分けることが可能です。

他にも、居酒屋でPOSを導入するべき理由の記事では、POSを導入することで飲食店が抱えるさまざまな課題が解決されることを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

バイトリーダーと協力することで業務やコミュニケーションを円滑にし、効率的な店舗運営を目指してはいかがでしょうか。

執筆は2017年9月19日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash

さらに詳しく

業務効率化に役立つPOSシステム

あなたの事業の成長に合わせて使えるPOSシステムです。

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。