集客力アップも!家賃のクレジットカード決済導入

Alt text

物件オーナーにとって、重要な業務の一つに家賃集金があります。口座自動振替の手続きがスムーズにいかなかったり、滞納や未納のトラブルに頭を抱えている方もいるのではないでしょうか。

家賃の集金方法は、主に次の4つがあります。

銀行振込
入居者が期日までに、銀行やATMに足を運んだり、ネットバンキングを使ったりして家賃を指定の口座に振り込む方法

口座自動振替
指定した日に入居者の銀行口座から、自動的に家賃が引き落とされる方法

手渡し
入居者が直接物件オーナーに家賃を手渡す方法

クレジットカード決済
入居者が家賃をクレジットカード決済する方法

最近、入居時の初期費用や毎月の家賃をクレジットカードで支払える賃貸物件が増えてきているようです。

毎月の支出の中で大きな割合を占める家賃をクレジットカードで支払うことで、入居者にとっては手持ちのクレジットカードのポイントやマイルを効率的に貯めることができます。一方、物件のオーナーにとってはどのようなメリットがあるのでしょうか。家賃集金のクレジットカード決済について紹介します。

信用

Alt text

入居希望者からの申し込みを受けた後、多くの場合入居審査を行う必要があります。入居希望者がどのような人物か、家賃はきちんと支払えそうかなどを事前に審査し、「安心して貸すことができる」と判断できた場合に契約を結びます。その際、本人名義のクレジットカードの有無を確認することは、入居審査の参考情報になるかもしれません。入居希望者が本人名義のクレジットカードを所有している場合、クレジットカード作成時にカード会社による審査を通過していることを意味するからです。

成約率アップ

Alt text

契約を結ぶ際に、初期費用を支払うことも多いでしょう。初期費用には、次のようなものが含まれます。

礼金
物件オーナーへの「お礼」として、家賃の1~2カ月分を支払うことが多いようです。礼金は退去時に返還されません。

敷金
物件オーナーに一時的に預ける保証金です。家賃1~2カ月分を支払うことが多いです。退去時に原状回復費用を差し引いて返還されます。

前家賃
契約時に支払う初月分の家賃。1カ月分の家賃を1日単位で割り、契約日から次の家賃支払日 までの日数分を合算した金額を支払うことが多いため、契約日によって金額が異なります。

火災保険料
火事などの災害時に備えて損害保険会社に支払います。災害などで借りている物件や隣家、家財が燃えてしまった場合などに補償されるための保険料です。

入居時の初期費用は、1か月の家賃の約3倍から5倍の金額かかることがあります。高額な現金を引き出すことに不安を感じる方や銀行に行く時間がない方に、クレジットカード決済の案内をしてみてはどうでしょうか。支払いの選択肢を増やすことで、顧客満足度の向上や成約の可能性が高まることが考えられます。

支払いの滞納や未払い防止

Alt text

物件のオーナーが家賃の集金に関して直面するトラブルは、滞納や未払いではないでしょうか。このような支払いの滞納・遅延・未納への対応方法の記事もぜひ参考にしてみてください。

クレジットカード決済を導入することで、家賃の支払いの滞納や未払いを防ぐことが可能です。口座自動振替では、申し込み手続き時の印鑑相違や記入漏れ、口座の残高不足などの理由で集金がスムーズにいかないことも考えられます。このようなリスクはクレジットカード決済を利用することで改善することができます。

たとえば、Squareのアカウントをお持ちの場合、継続課金をご利用いただけます。事前に入居者から同意を得た上でクレジットカード情報を保存し、設定した日に課金されます。また、入居者が学生で保護者が家賃の支払いをしている場合は、保護者の同意を得た上で保護者のクレジットカードに対して課金することが可能です。家賃を集金する側が決済手数料を負担する必要はありますが、初期導入費用や固定費用はかかりません。ぜひ検討してみてください。

また、修繕などの原状回復費が入居時の敷金でカバーできない場合、退去後に以前の入居者に請求する必要があります。原状回復費の金額や範囲の考え方に関しては、入居者と物件オーナーの捉え方の違いから判断が難しい場合があります。ペットによる壁の傷の修復は入居者負担、日照による床の変色は物件オーナー負担など、入居前に入居者と共有しておきましょう。たとえば、東京都は原状回復費でトラブルが起きないための賃貸住宅トラブル防止ガイドラインを作成しています。ぜひ参考にしてみてください。

ルール例

物件オーナー負担
・家具の設置によるカーペットのへこみ
・壁に貼ったポスターや絵画の跡
・日照など自然現象による壁や床の変色

入居者負担
・タバコによる畳の焼け焦げ
・入居者が放置したため拡大した結露のシミやカビ
・床や壁への落書きなど故意による毀損

参考:賃貸住宅トラブル防止ガイドライン (東京都)

併せて、契約時には本人立ち会いのもと入居時の状況をチェックしてもらうことで、入居前からすでにあった経年劣化による傷や汚れなどを確認してもらうことも忘れずに行いましょう。

競合他社との差別化

Alt text

クレジットカード決済を導入することで、入居者にとっては家賃の支払い方法の選択肢が広がるので、顧客満足度の向上にもつながります。また日本よりもクレジットカードの利用が普及している国から来た入居者にとっても慣れ親しんだ支払い方法として魅力的に映るかもしれません。クレジットカード決済導入は、競合他社との差別化を図る手段として利用することができます。

家賃の集金をクレジットカード決済にすることは、物件を借りる側、貸すオーナー側の双方にメリットがあります。ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

執筆は2017年10月6日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash

Square 請求書への登録

その場で請求書を送信して代金をすぐに入金

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。