ECサイトを始めるには〜初級編〜

alt text

地元で採れた食材をふんだんに使った焼き菓子、日常で使う器を制作する焼き物作家、繊細なアクセサリーを作るアクセサリーデザイナー。自分が作っているものをたくさんの人に届けたいと考えている人は多いのではないでしょうか。店舗だけではリーチできない顧客にも自慢の商品を手にとって欲しい、資金などに余裕がなく店舗を構えられないけれど売る場所がほしいと考えている人もいるでしょう。

そんな人におすすめの方法が、インターネット上でお店を運営するEC(E-Commerce、イーコマース)サイトです。今回は初級編として比較的低コストで簡単にECサイトを始める方法を紹介します。

専門知識がなくても簡単に始めるには

alt text

ウェブサイト制作に関する専門知識がなく、できるだけお金をかけずに手軽にECサイトを作りたい人におすすめなサービス、BASEとSTORES.jp。

小さなお店を商店街や街の中に開くようなイメージでしょうか。お店のデザインや売れる商品数などにある程度制限がある分、コストと時間をかけずに開店できるのが特徴です。一方、実店舗と同様、知名度が低いと集客に苦労するかもしれません。商品を売るにはインターネット上でお客様を集める工夫が必要です。

BASE

初期費用や月額費用がなく、コストをかけずにオンラインストアが開けます。サイトのデザインは、無料のテンプレートの中から好きなものを選ぶか、多種多彩なテンプレートを販売しているデザインマーケットの中から好みのものを購入することもできます。

BASEでは「BASEかんたん決済」という決済のシステムも提供しており、コンビニ決済や銀行振込、クレジットカード決済、後払い、キャリア決済の複数の決済方法を使うことができます。

商品が売れた場合、以下の料金がかかります。

1, サービス利用料
商品の金額と送料の両方に3%のサービス利用料がかかります。

2, BASEかんたん決済手数料
商品の金額と送料の両方に3.6%+40円のサービス利用料がかかります。

3, 売上金を引き出す際の手数料
お客様が商品に支払った売上金はBASEが預かっています。預かったお金を引き出すために2種類の手数料、振込手数料(一律250円)と事務手数料(500円、ただし20,000円以上は無料)がかかります。

たとえば、1,000円の商品を販売し、500円の送料がかかったとします。その売上金額を引き出す場合を考えてみます。

サービス利用料:(1,000円+500円)✕3%=45円

BASEかんたん決済手数料:(1,000円+500円)✕3.6%+40円=94円

売上金額は、
(1,000円+500円)−45円−94円=1,361円
になります。

1,361円の売上金を引き出すためには、合計750円の手数料がかかるので手元に残る金額は、
1,361円−250円(振込手数料)−500円(事務手数料)=611円
になります。

発送方法を工夫することで送料を抑えたり、売上金額が20,000円を超えた時点で引き出したりなど、やり方によってはもっと費用をかけずにショップを運営できます。

手軽におしゃれなオンラインストアが開けるBASE。セミナーなども定期的に行っているようです。ショップ開設のノウハウを紹介しているBASE Uに詳しい情報が載っていますので、興味がある人はぜひ確認してみてください。

STORES.jp

最短2分でオンラインストアが開けるというSTORES.jp。BASE同様、専門知識がなくても手軽にオンラインストアをオープンできます。無料で始められる「フリープラン」と、月々980円(税抜)の「プレミアムプラン」があります。フリープランの場合、公開できる商品は5アイテムまでなので、たくさん商品を売りたいのならプレミアムプランがおすすめです。

フリープランで利用できる決済方法は、銀行振込、クレジットカード決済、コンビニ決済、翌月後払い、PayPal、キャリア決済、楽天ペイ。

プレミアムプランで利用できる決済方法は、上記に加えて代引きとAmazon Payが利用できます。

決済手数料はクレジットカード決済、コンビニ決済、銀行振込、翌月後払い、PayPal、キャリア決済、楽天ペイが5%。Amazon Payが4%です。

プレミアムプランは最初の月は無料のようですが、2ヶ月目からは月々980円かかるので、毎月定期的に商品を売るのではなく、ある程度商品を作ってからお店に出品しようと考えているクリエイターや作家にとっては負担が大きいかもしれません。

一方、定期購入に特化した機能があるので、野菜やお米の定期便、雑誌の定期購読、月会費の徴収を行う人には向いているといえます。

オンラインで送信・管理ができる請求書

Square 請求書を導入する
無料のアカウントを作成

集客力のあるショッピングモールにショップをオープンする

alt text

上記で紹介した2つのサービスはコストを低く抑えられ、ウェブサイト構築の知識がなくても短期間でオンラインストアをオープンできることが特徴です。しかし、ある日突然街の中にお店をオープンしてもすぐにはお客様が来ないのと同様に、ただオンラインストアを開設するだけではすぐにお客様は集まらないです。

一方、すでに集客力のある「モール型」と呼ばれるインターネット上のショッピングモールに出店するのもひとつの方法です。デパートや大型の商業施設などに出店するイメージです。

一等地に立ち、食べ物から衣料品まで魅力的で多種多様なお店が集まるデパートや商業施設には大勢の人がやってきます。デパ地下と呼ばれるデパートの食料品フロアを想像してみてください。和菓子や洋菓子、惣菜にパンなど、同じような商品を販売しているお店がひしめき合って、あの手この手を使ってお客様を惹き付けています。ショッピングモールへの出店は、集客に苦労することはない分、目の前を通る大勢のお客様に選んでもらえるよう、絶え間ない努力が必要だといえます。

また、デパートや商業施設に出店するには高額なテナント料がかかるのと同じように、大手のショッピングモールに出店するにはある程度費用もかかります。中でも、費用が比較的かからないYahoo!ショッピングについて紹介をします。

Yahoo!ショッピング

初期費用や月額費用がなく、BASEやSTORES.jpと同様に大きなコストをかけずに、ショッピングモールに出店できます。

出店方法は「ライト出店」と「プロフェッショナル出店」の2種類あり、中でもライト出店はスマートフォンを使って最短5分で出店できるようです。パソコンの操作に自信がない人や、副業などでスキマ時間を使って出店したい人におすすめです。

商品数が多く、お店の訪問者数のレポートや商品管理などの機能も使いたい人には、プロフェッショナル出店の方が合っているかもしれません。

商品が売れたときには以下の費用がかかります。

1, Tポイントにかかる費用
Yahoo!ショッピングで何かを購入した際、お客様にはTポイントが付与されます。そのTポイントにかかる費用を一部出店者も負担します。負担は販売価格(税込)の2.5%〜16.5%。

2, アフィリエイトにかかる費用
ブログやウェブサイトに貼られた成功報酬型の広告、つまりアフィリエイトを経由して商品が売れた場合、そのブログやウェブサイトのオーナーに支払う報酬が発生します。報酬の一部を出店者も負担します。

販売価格の1%〜50%をアフィリエイト報酬原資として支払い、手数料としてアフィリエイト報酬原資の30%を支払います。アフィリエイト報酬原資の割合を高く設定すればするほど、ウェブサイトやブログにアフィリエイトのリンクが設置されやすくなります。

3, 決済手数料
ライト出店の場合、決済方法はクレジットカード決済とYahoo!マネー、預金払いが利用できます。プロフェッショナル出店の場合は、クレジットカード決済、キャリア決済、モバイルSuica決済、コンビニ決済、銀行振込決済、Yahoo!マネー、預金払いが利用できます。

決済方法によって手数料が異なります。クレジットカード決済なら、3.24%の手数料がかかります。

たとえば、ライト出店を使って出店をし、5,000円の商品が売れた場合を考えてみます。税込の販売価格は5,400円です。お客様がクレジットカードを使って支払いをすると、

5,400円✕2.5%(Tポイントにかかる費用)=135円

5,000円✕1%(アフィリエイト報酬原資)=50円

50円✕30%(アフィリエイトの手数料)=15円

5,000円✕3.24%(決済手数料)=162円

合計で362円の費用がかかります。

今回は初級編として、低コストで簡単に始められるサービスをいくつか紹介しました。次回はウェブサイトの知識がすでにある人や、もっと凝ったサイトを作りたい人向けのサービスを紹介します。

関連記事
失敗しないECサイトのための運用方法まとめ
越境ECで世界へ!越境ECのメリットと導入の手順

執筆は2018年1月19日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash

業務効率化に役立つPOSシステム

あなたの事業の成長に合わせて使えるPOSシステムです。

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。