好きを仕事に!自宅サロンを開業するには

Alt text

働き方が多様化している現在、働く場所の選択肢もさまざまです。オフィスはもちろん、コワーキングスペース、カフェ、自宅などそれぞれの働き方に応じて働く場所を選ぶことができるようになってきました。今回は、その中でも自宅サロンの開業について紹介します。

自宅サロンとは

Alt text

自宅サロンとは、自宅をサロンとして開放しお客様をお呼びしてサービスを提供することです。自宅を利用してビジネスをしたいと考えている方に適している方法と言えるでしょう。また、自宅サロンを開き人気を博している女性を差すサロネーゼという言葉もあリます。自分の好きなことを仕事にしたい、育児や介護などのために仕事量をコントロールしたい女性が自宅サロンを開業することが多いようです。本業の傍ら週末のみサロンを開いている場合もあるでしょう。

副業として自宅サロンの開業を考えている場合は、本業で勤めている会社の就業規則の確認が必要です。副業の始め方の記事もぜひ参考にしてみてください。

自宅サロンには、ネイルやエステなどのリラクゼーションサロン、フラワーアレンジメント教室、料理教室や手芸教室などさまざまな業種があります。自宅サロンは、知識やスキルを教える場としてだけでなく、共通の趣味を持つ人たちが集うコミュニティとしての役割も担っていると言えるでしょう。

メリット

Alt text

自宅サロンの開業には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

時間の制約が少ない

自宅サロンの場合、オフィスや教室がある場所に通う必要がありません。また、完全予約制でレッスンを行なっている場合、予約が入っていない時には家事など他のことも行うことができます。仕事と家庭を両立しやすいと言えるのではないでしょうか。

開業資金が少ない

自宅を開業場所とするため、他に場所を借りるための賃料がかからない上に、改装費及び什器購入費を抑えることもできます。新しい物件を最初から見つけるよりも、資金が少なく済むでしょう。

常に家を綺麗にする意識が働く

自宅にお客様を招くことで、常に家の中を綺麗に見せられる状態にしておかなければならないという意識が働きます。結果的に、普段の生活でも清潔で快適な暮らしを送ることができるかもしれません。

デメリット

Alt text

一方、自宅にお客様をお呼びすることは次のような懸念点もあります。

セキュリティ

自宅サロンを開くということは、自宅の住所をお客様に公開することになります。また、自宅にさまざまな方を招き入れるのなら、家の防犯にも気を遣う必要があります。

レッスン予約が確定するまでは住所の詳細は知らせず、「自宅サロンのため、詳細な住所はご予約確定後にご案内いたします」と断りを入れることも可能でしょう。

また、お客様がレッスンにいらした際に自宅の外観などを撮影することも考えられます。そのままソーシャルメディアなどに投稿するとセキュリティ上問題となる場合があるので、写真撮影に関するルールもあらかじめお客様と決めておくことを推奨いたします。

周囲の理解

自宅というプライベートな空間を仕事場として使う場合、家族などの同居者からの理解を得ることが必要となります。同居者が他人を自宅に入れることに抵抗を感じていたら、自宅サロン開業は難しいかもしれません。開業に理解が得られた場合でも、夕方以降はレッスンをしないなど営業時間を決めたり、お客様が出入りできる部屋を限定したりするなど、あらかじめ取り決めをするようにしましょう。

また、マンションなどの共同住宅に住んでいる場合、管理会社や近隣の人たちにも自宅サロンを開くことを伝えておきましょう。居住者ではない方が頻繁に出入りされることを懸念する場合もあるためです。

自宅サロン運営

Alt text

集客

フラワーアレンジメント、料理や手芸など自宅サロンで教える分野には写真映えするものが多く見受けられます。写真と相性の良い集客手段にFacebookやInstagramなどのソーシャルメディアが挙げられます。

インスタ映えを集客に活かす方法の記事もぜひ参考にしてみてください。

また、お客様の紹介も自宅サロン運営にとって大切な集客方法です。現在通われているお客様には共通の趣味や興味を持つ友人や知人がいる可能性が高いです。お客様にとっても会ったことのない先生の自宅に行くことのハードルは高いですが、共通の知り合いがいることで足を運びやすくなることも考えられます。ぜひ、他の方にも勧めていただくよう声をかけてみましょう。

数あるサロンから選んでもらうためには、自分がターゲットとする顧客の年代や年収、家族構成や居住地域など細かく設定した上で集客手段を考えることも大切です。

マーケティングに欠かせない、ペルソナ設定の記事もぜひ参考にしてみてください。

支払い

レッスン用のお花や料理の食料は事前の準備が必要です。万が一お客様が当日来られなくなった場合、材料費が無駄になり損失となります。Square 請求書を使えばオンライン請求書を予約のお客様のメールアドレスに送り、材料費の事前決済が可能です。ぜひ検討してみてください。

経営者視点

趣味の延長でサロンを開いているとしても、お客様から月謝を頂戴し教室を続けていく以上、経営者の視点を持つことが重要です。材料の仕入れや顧客の確保など、サロンを維持していくために経営者としての視点を持つよう意識しましょう。

弛まぬ努力

自宅サロンで教えているフラワーアレンジメントや料理、手芸は生徒が技術を習得すると、教室に通うことを辞めてしまう可能性があります。生徒に長い期間通ってもらうため、また他の教室との差別化を図るためにも、レッスンの内容にバリエーションを持たせるなど弛まぬ努力が必要でしょう。たとえば、料理教室では料理だけでなく、料理に合わせたテーブルコーディネートレッスン、フラワーアレンジメント教室では上手にスマートフォンでアレンジメントを写真撮影するためのスマホ写真レッスンなど併せて開催することも方法として挙げられます。常にアンテナを張り巡らせ、学び続ける姿勢が大切です。

自分の好きなことを活かして教室を開く自宅サロン。メリットとデメリットを理解した上で、挑戦してみてはいかがでしょうか。

執筆は2017年10月5日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash

Square 請求書への登録

その場で請求書を送信して代金をすぐに入金

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。