クレジット決済をかんたんに。ICカードリーダー導入のすすめ

alt text

ものやサービスを「買う・売る」方法は多様化していく一方です。支払い方法もその一つです。今回は、日本でも多くの利用者がいるクレジットカードを使った決済について、メリットを挙げながら、店舗へのおすすめの導入方法をご紹介していきます。

クレジット決済のメリット

alt text

クレジット決済には、様々なメリットがあります。

例えば、現金を持ち合わせていなかったお客様がいたとして、店舗側がクレジット決済に対応していないことで、お客様の購入意欲が冷めてしまうかもしれません。わざわざ銀行を探して現金を引き出してくるほどの時間や労力がないと、と諦めてしまうといったことも。

また、登山やランニングなどアウトドアでのスポーツやレジャーを目的に出かけているお客様は、なるべく荷物を軽くしたいと思っています。

こんな場面を想定して、店舗側がクレジット決済に対応していることは、売上のチャンスを逃さないだけでなく、スムーズで気持ちのよい会計をお客様に提供することにも繋がります。

他にも、ほとんどのクレジットカード発行会社が、顧客向けに、支払金額に応じてポイントを付与するなどの特典を揃えています。クレジットカードでお買い物をすると自動的にポイントが貯まるということで、進んでクレジットカードを使いたいと思うお客様もいらっしゃいます。

さらには、「現金ではちょっと」と思ってしまうような高価なものでも、「クレジットカードが使えるのであれば」という心理が働いて購入に踏み出せるというお客様もいらっしゃいます。

もちろん、カード情報を用いた決済なので、お釣りの計算や現金の扱いにおける負担も軽減されます。

このように、クレジット決済は、お客様にとっても経営者にとっても、多くのメリットが挙げられます。

これまでのクレジット決済

alt text

しかしながら、カード所持率自体が上がり、クレジット決済にメリットを見出しているお客様が増えたとしても、全ての店舗がクレジット決済に対応しているわけではないのが現状です。

特に、個人事業主や中小規模の店舗にとっては、クレジット決済の導入は、気軽に行えることではありませんでした。主な理由として、以下が挙げられます。

初期導入費用が高い

従来のクレジット決済は、カードの有効性をクレジットカード会社に照会をするための専用端末を有線で接続して使用してきました。この端末の価格は10万円前後が相場であり、その他にも、会計に必要なレジスターや領収書を印刷するプリンターなどの導入も考えると、初期導入費用が高額に膨れ上がってしまいます。

操作が複雑

従業員が機械の操作に慣れるための時間が必要になりますし、端末によって操作方法が異なるため、入力ミスにつながることもあります。

会計場所が固定

レジの横に有線で接続されているので、会計時にはお客様にレジの近くまで足を運んでもらわなければなりません。

レジ周りが狭く、充分な場所が確保できないこともあります。

屋外や宅配先でも使用できる携帯用の端末もありますが、当然、端末費とネットワークなどの導入費のコストがかかってしまいます。

この他にも、加盟するカード会社や端末によって異なる月額使用料や決済手数料などの負担もあり、規模の小さい店舗にとっては、クレジット決済を導入することがかえって負担となることもあります。

すべての店舗が、クレジット決済をもっとかんたんに受け付けられる方法はあるのでしょうか。

カードリーダーを使ったモバイル決済

alt text

そこで、より多くの業態、幅広い規模の店舗でクレジット決済を実現させるために生まれたのが、モバイル決済です。

モバイル決済とは、スマートフォンやタブレット端末など、専用レジに比べて日常的に使用している馴染みやすいデバイスをクレジット決済に利用するという手段です。
端末に、ICチップ読み取り可能のカードリーダーを差し込むだけで、モバイル端末がクレジットカード決済端末に早変わりします。

モバイル端末をレジ代わりにし、必要な付属品をカードリーダーのみに抑えることで、次のようなメリットが生まれます。

大幅なコスト削減

カード情報の読み取りが可能なカードリーダーとモバイル端末を準備するだけでクレジット決済の環境が整います。従来の専用端末に比べ、大幅なコスト削減になります。

かんたんな操作

すべての操作は、モバイル端末の画面で行えるので、タップやスワイプなど、直感的に操作をすることができ、入力に迷うことも無くミスが減ります。スマホユーザーであれば日常生活で馴染みのある操作なので、練習や従業員の教育にかけるコストの軽減にも繋がります。

手軽に持ち歩き可能

ポケットやカバンに収まるモバイル端末は、持ち運びにも便利です。宅配先や、イベントなど屋外における場面でも、クレジット決済をかんたんに行えてしまいます。飲食店では、お客様のテーブルで決済を受け付けることができます。

増えるものはカードリーダーのみなので、レジ周りをスッキリさせることにも一役買ってくれます。

IC読取対応によるセキュリティ保証

カードリーダーは、ICチップの読取りに対応したものを選ぶようにしましょう。磁気ストライプ型に比べて、耐久性、情報のセキュリティ面の双方において優れているICチップ付きクレジットカードを利用するお客様が増えています。

ICチップ付きクレジットカードについて詳しくはこちらをご覧ください。

アプリとの連携

売上データなどを管理できるアプリケーションと連携して使用すれば、クレジットカードによる売上高だけでなく、現金や商品券などその他のデータと合わせて一括管理ができます。

他にも、在庫管理や請求書発行など、これまで別々になっていた一連の処理を全て一台の端末で処理、一括管理ができるようになります。

Squareリーダーのすすめ

alt text

Squareでは、だれでも、どこでも、かんたんにクレジット決済を受け付けられるSquareリーダーを提供しています。SquareのICカードリーダーをモバイル端末のイヤホンジャックに差し込み、同社提供の無料アプリであるPOSレジを使えば、お持ちのモバイル端末がクレジット決済対応のレジに早変わりします。

カードの種類に関係なく決済手数料は一律で、月額固定費もかかりません。
Squareアカウントをお持ちであれば、店舗経営に役立つ様々なビジネスツールを同じ端末上でご利用いただくこともできます。

その他のSquare製品について更に詳しくはこちら:
Squareデータ
Squareアナリティクス
Square請求書
ギフトカード
従業員管理
店舗管理
Squareインベントリ

これからは、もっとカード決済を

alt text

2016年の訪日外客数は、2,403万9千人と、観光局が統計を取り始めた1964年以降最多を記録しました。
(観光局による訪日外客統計の集計・発表はこちら

政府や地方自治体、企業による訪日旅行のプロモーションが続く中、2020年の東京オリンピックに向けて外国人観光客の数は更に増えると予想されます。

外国人観光客は、両替の手間を省くために少額でもクレジットカードを使って支払いをする傾向があります。経営者側は、これまで以上にクレジット決済に対応しておく必要があります。

クレジットカードが使えるというだけで売上チャンスが広がるのはもちろん、かんたんに導入・操作ができるモバイル端末とカードリーダーを検討をしてみてはいかがでしょうか。

執筆は2017年1月30日時点の情報を参照しています。
外部サイトの情報および利用に起因して生じたいかなる損害に対しても、弊社は一切責任を負わないものとします。

さらに詳しく

IC カードを受け付けを開始する

Visa、MasterCard、American Express、JCB、Diners Club、Discoverカードを挿入、またはスワイプ。

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。