クレジット決済をかんたんに。ICカードリーダー導入のすすめ

ものやサービスを「買う・売る」方法は多様化していく一方です。支払い方法もその一つです。今回は、日本でも多くの利用者がいるクレジットカード決済について、対応するICカードリーダー、店舗でカード決済を受け付けるメリット、そしておすすめの導入方法を紹介します。

目次



ICカードリーダーとは

ICカードリーダーとは、ICチップを搭載しているカードを読み取る機器です。なかにはマイナンバーカードを読み取れるICカードリーダーもありますが、この記事では主にキャッシュレス決済端末として使われているICカードリーダーについて説明します。

磁気ストライプがついているクレジットカードもまだ利用されていますが、近年では偽造防止効果が高いICチップの付いたクレジットカードが普及しています。2018年には改正割賦販売法が施行され、経済産業省はクレジットカードの100%IC化を推進しています。

また、クレジットカードそのものだけでなく、対面取引を行うビジネスでは、ICチップを読み取れるクレジットカード端末の導入が求められています。

ICチップ搭載のクレジットカード所有者が増えていく現状を踏まえて、クレジットカード決済を導入するにはICカードリーダーがいまや必要不可欠だといえます。

ICカードリーダーにはSquare

ICカードリーダーのなかでも、手頃な価格で手に入るのがSquare Readerです。Square Readerは、手のひらサイズの小型の決済端末で、スマートフォンなどのモバイル端末とBluetoothで接続し、キャッシュレス決済を受け付けることができます。

Square Readerの特徴は、以下の表からご確認ください。

  クレジットカード決済 電子マネー決済 タッチ決済 最短翌営業日入金
Square Reader

対応しているカードブランドや電子マネーは以下の通りです。
jp-blog-paymentmethods
SquareではICカードリーダー(Square Reader)だけでなく、初期費用や固定費をかけずに利用できる、

などの便利な機能も充実しています。決済端末とあわせて、レジ代わりになるタブレットの購入も検討している場合には、Squareのオールインワン決済端末、Square Terminalの導入もおすすめです。レジ機能とレシートプリンターが搭載されているので、決済端末・タブレット・レシートプリンターをそれぞれ個別に揃える必要がありません。スマートフォンなどとBluetoothで接続する必要もないので、「機器の設定は苦手」という人でもすんなりと使いこなすことができるでしょう。

jp-blog-squareterminal

▲Square Terminalの使用例

また、実店舗ではSquare POSレジを利用し、ネットショップをSquareで作成すれば、実店舗とネットショップの売上・在庫状況が自動で同期されるので、それぞれの店舗にかかる業務負担が大幅に減ります。

その他にも、以下機能のほとんどが無料で利用できます:

クレジットカード決済のメリット

1732051428ac7c167cb6

そもそも、クレジットカード決済に対応すると、どのようなメリットが生まれるのでしょうか。

1. 来店数の増加につながる

たとえば、お客様が現金を持ち合わせていなかったとしたら、店舗側がクレジットカード決済に対応していないことで、お客様の購入意欲が冷めてしまうかもしれません。わざわざ銀行を探して現金を引き出してくるほどの時間や労力がないと、あきらめてしまうといったことも。

また、登山やランニングなどアウトドアでのスポーツやレジャーを目的に出かけているお客様は、なるべく荷物を軽くしたいと思っています。

こんな場面を想定して、店舗側がクレジットカード決済に対応していることは、売り上げのチャンスを逃さないための取り組みであるのはもちろんのこと、スムーズで気持ちのよい会計をお客様に提供することにもつながります。

2. 客単価が上がる

「現金ではちょっと」と思ってしまうような高価なものでも、「クレジットカードが使えるのであれば」という心理が働いて購入に踏み出せるというお客様もいらっしゃいます。もちろん、カード情報を用いた決済なので、お釣りの計算や現金の扱いにおける負担も軽減されます。

他にも、ほとんどのクレジットカード発行会社が、顧客向けに、支払金額に応じてポイントを付与するなどの特典をそろえています。現金での支払いとは異なり、クレジットカードでお買い物をするとポイント還元があることから、進んでクレジットカードを使いたいと思うお客様も少なくありません。

このように、クレジットカード決済は、お客様にとっても経営者にとっても、多くのメリットが挙げられます。

これまでクレジット決済が気軽に導入できなかった理由

17335389bee82840343b

しかしながら、カード所持率自体が上がり、クレジットカード決済にメリットを見出しているお客様が増えたとしても、全ての店舗がクレジットカード決済に対応しているわけではないのが現状です。

特に、個人事業主や中小規模の店舗にとっては、クレジットカード決済の導入は、気軽に行えることではありませんでした。主な理由として、以下が挙げられます。

1. 初期導入費用が高く、固定費がかかる

従来のクレジットカード決済は、カードの有効性をクレジットカード会社に照会をするための専用端末を有線で接続して使用してきました。この端末の価格は安ければ10万円前後、高ければ100万円近くするものでした。あわせて、現金を保管するのに必要なレジスターやレシートを印刷するプリンターなどの導入も考えると、初期導入費用はさらに高額に膨れ上がっていたことでしょう。固定費も決して安くはなく、月額利用料には数万円ほどかかることが一般的とされていました。

2. 操作が複雑

従業員が機械の操作に慣れるための時間が必要になりますし、端末によって操作方法が異なるため、入力ミスにつながることもあります。

3. 会計場所が固定

レジの横に有線で接続されているので、会計時にはお客様にレジの近くまで足を運んでもらわなければなりません。レジスペースが狭く、十分な場所が確保できないこともあります。

屋外や宅配先でも使用できる携帯用の端末もありますが、当然、端末費とネットワークなどの導入費のコストがかかってしまいます。この他にも、加盟するカード会社や端末によって異なる月額使用料や決済手数料などの負担もあり、規模の小さい店舗にとっては、クレジットカード決済を導入することがかえって負担となることもあります。

すべての店舗が、クレジットカード決済をもっと簡単に受け付けられる方法はあるのでしょうか。

ICカードリーダーのなかでも、おすすめはモバイル決済端末

1193637d850aae23f84ef

前述のICチップ付きクレジットカードを読み取れる決済端末には、大きく二種類あります。

業種や用途に合わせて細かくカスタマイズができ、導入や維持費用が高額なCAT端末と、手軽で低コストで導入できる小型なモバイル決済端末です。

CAT端末は端末自体の費用に加え、回線工事やカスタマイズ費用など高額な初期費用と維持費が必要で、規模が大きいビジネス向けといえます。

モバイル決済端末は、端末の費用が手頃で、維持費が無料のサービスもあったりと、より幅広いビジネスがクレジットカード決済を導入する手段として近年登場したものです。

ここではモバイル決済端末に注目します。

モバイル決済端末では、日常的に使用しているスマートフォンやタブレット端末とBluetoothで接続して、クレジットカード決済を受け付けます。端末にICチップ搭載のクレジットカードを差し込む、もしくはタッチするだけで決済を受け付けることができます。

ICチップ付きクレジットカード対応の決済端末のなかでも、モバイル決済端末を選ぶと、次のようなメリットが生まれます。

1. 大幅なコスト削減

カード情報の読み取りが可能なカードリーダーとモバイル端末を準備するだけでクレジットカード決済の環境が整います。これまでは安ければ10万円前後、高ければ100万円近くしていた決済端末を、数千円から2万円程度の手頃な価格で手に入れられるため、大幅なコスト削減になります。

2. かんたんな操作

全ての操作は、モバイル端末の画面で行えるので、タップやスワイプなど、直感的に操作をすることができ、入力に迷うこともなくミスが減ります。スマホユーザーであれば日常生活で馴染みのある操作なので、練習や従業員の教育にかけるコストの軽減にもつながります。

3. 手軽に持ち歩き可能

ポケットやカバンに収まるモバイル端末は、持ち運びにも便利です。宅配先や、イベントなど屋外における場面でも、クレジットカード決済を簡単に行えてしまいます。飲食店では、お客様のテーブルで決済を受け付けることができます。

増えるものはカードリーダーのみなので、レジ周りをスッキリさせることにも一役買ってくれます。

4. アプリとの連携

売上データなどを管理できるアプリケーションと連携して使用すれば、クレジットカードによる売上高だけでなく、現金や商品券などその他のデータと合わせて一括管理ができます。

他にも、在庫管理や請求書発行など、これまで別々になっていた一連の処理を全て一台の端末で処理、一括管理ができるようになります。

Square Readerで今日からキャッシュレス決済導入を

カード決済、タッチ決済、電子マネー決済がこれ1台で

Squareを導入する方法

11683a3d9a051a02a18f1 (1)

冒頭でも紹介したモバイル決済端末のSquareであれば導入も簡単。必要なのは、無料アカウントと決済端末の購入代金のみです。固定費はかかりません。Square ReaderSquare TerminalSquare ショップから注文できるうえ、Square Readerなら家電量販店からでも手に入れることができます。

アカウント作成から利用開始までの流れは以下の通りです。

  1. 無料アカウントを作成する
  2. 審査が完了し、アカウントが有効化されたら Square Reader、またはSquare Terminalを購入(審査結果は、通常一週間以内に登録したメールアドレスに届きます)
  3. 【Square Readerの場合】スマートフォン、またはタブレット端末にSquareのアプリをダウンロードし、Square ReaderをBluetooth接続する
    【Square Terminalの場合】決済端末の左横にある電源をつけて、タッチスクリーンからSquareのアカウントにログインする

クレジットカードが使えるというだけで売り上げのチャンスが広がります。この機会にぜひ簡単に導入・操作ができるモバイル端末とカードリーダーを検討をしてみてはいかがでしょうか。


執筆は2017年1月30日時点の情報を参照しています。2021年3月16日に記事の一部情報を更新しました。現時点では、タクシー・ハイヤー等での電子マネー決済のご利用はできません。ご了承ください。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。Photography provided by, Unsplash