今すぐモバイル端末で使えるおすすめPOSアプリ3選

会計目的のレジはもう古い!?POSシステム導入のすすめでは、商品が売れた時点で、何が、いつ、どれだけ売れたのかといった売り上げに関する情報や、在庫情報などを自動的に記録・管理するシステムであるPoint Of Sales(販売時点情報管理)の特長と導入するメリットを紹介しました。

しかし、従来のPOS専用機は導入費用や維持費が高く、ビジネス規模の小さい事業者にとっては決して導入しやすいものではありませんでした。また、操作が複雑であるため従業員が操作を習得するのに時間がかかるという問題もありました。

そこで登場したのが、POSアプリです。スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末にアプリをインストールするだけで、POSレジを低コストかつ簡単に導入できるようになりました。画面を見ながら直感的に操作できるため、金額の入力間違いなどのミスも防止します。従来の固定式のレジスターに比べると、場所を取らず持ち、運びが可能なので、美容院や飲食店ではお客様の眼の前でお会計ができ、顧客満足度の高いサービスを提供することが可能です。

商品の売上情報などがクラウド上に記録されるため、スマートフォンなどがあれば外出先でもその日の売り上げや在庫情報を確認できます。

会計ソフトや決済サービスなどとの連携も簡単にでき、経営に役立つさまざまな機能を幅広く利用することができます。

このようなメリットをそろえたモバイルPOSアプリは多く提供されていますが、今回はSquareがおすすめするPOSレジアプリ三つを紹介します。

ビジネスの効率を上げるPOSレジアプリ

手軽さを追求した無料で使える直感的なPOSレジ

PD01289 - S JP photo break invoices iphone

Square POSレジ / Square(スクエア

クレジットカード決済サービスを提供するSquareの無料POSレジアプリです。iOSでもAndroidでも使えるため、スマートフォンやタブレットを買い替えても同じデータを引き継げます。アカウントを作成し、普段使っているスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末にアプリをインストールするだけでPOSレジが手軽に導入できます。
SquareのPOSレジは、小売店や飲食店、ヘアサロン、宿泊施設など業種を選ばずに使えるのが特徴です。

飲食店なら便利なオーダーエントリーシステムも無料で導入できます。商品登録やテーブル設定も直感的にでき、プリンターと接続すれば、キッチンプリンターとして伝票を印刷してオーダーミスを防げます。ヘアサロンや宿泊施設なら顧客リストを活用してお客様の満足度向上をはかれます。お客様に請求書をメールで送信できるSquare 請求書なら、一部入金機能や定期請求機能などを使って確実な代金回収を可能にします。

スタッフ管理機能を使えば、暗証番号で各従業員のレジへのアクセス権を管理することができ、会計や払い戻しなどに対応した従業員を把握できます。また、従業員一人ひとりの勤怠を一目で管理することもできます。

レジで受け付けた会計データは自動的に集計され、いつでもどこからでもSquare データ上で確認でき、顧客リストや在庫情報と簡単に結びつけられます。

クレジットカード決済に対応するのであれば、SquareのIC カードリーダー(Square Reader)をPOSレジとして使用するモバイル端末とBluetooth接続するだけで利用できます。初期費用はSquare Readerの代金のみで、クレジットカード決済手数料を除いて毎月の利用料などはかかりません。決済手数料はVisa、Mastercard、American Express、Diners Club、Discoverのカードであれば3.25%、JCBカードであれば3.95%です。最短で翌営業日に登録した銀行口座に振り込まれるので、資金繰りを効率化できます。

また、ギフトカード支払いにも対応しています。レシートはメールで直接送ることも、レシートプリンターを接続して希望するお客様にレシートを印刷してお渡しすることもできます。

今なら、経済産業省が推進しているキャッシュレス・消費者還元事業またはキャッシュバックキャンペーンで通常7,980円(税込)のSquare Readerを実質0円で導入できます。

また、Squareは複数税率を扱う中・小規模事業者を対象とした軽減税率対策補助金制度にモバイルPOSレジシステムの指定ベンダーとして正規登録されているため、飲食料品を扱うなど対象事業主であればSquare Readerと32,980円(税込)の専用レジスタンドSquare Stand(Square Reader、専用ドックをあわせた三点セット)について導入費用の4分の3が補助されます。その場合、Square Readerなら1,995円、Square Standは8,245円で導入できます。それぞれの事業やキャンペーンの実施期間および対象条件など詳細については、以下のウェブサイトを参考にしてください。

・キャッシュレス・消費者還元事業についてはこちら
・キャッシュバックキャンペーンについてはこちら
・軽減税率対策補助金についてはこちら

さまざまな業種で、会計処理だけでなく店舗の運営や経営戦略に役立つ便利な機能を一カ所で利用できるのがSquare POSレジです。

※Squareのクレジットカード決済をご利用には、Squareアカウントの作成と審査通過が条件です。
※SquareのIC カードリーダー(Square Reader)や請求書機能、継続課金のご利用に際しては、こちらよりカード決済手数料をご確認ください。

ubiregi(ユビレジ) / ユビレジ

iPadで使うアプリです。月額利用料が無料のプランから、機能をカスタマイズして利用できる有料プランまで、レジの用途や店舗規模、業種などに合わせて選べます。

基本的なレジ機能はもちろん、お客様の来店・購入履歴が一目で把握できる顧客管理や、発注や仕入れ業務をアプリとクラウドで管理する在庫管理サービスなど、売上アップに効果的な機能が使えます。

POSレジ利用に必要なインターネット回線の開通からレジ導入までの作業だけでなく、モバイル端末と周辺機器の設置だけ、または商品登録やレジの操作講習だけを依頼することが可能で、導入サポートも豊富です。iPadや周辺機器のお試しレンタルもできるので、手厚いサポートのもと、店舗に最も適したレジ環境を慎重に選べます。

スマレジ / スマレジ

iPhoneまたはiPadで使うアプリです。レジ待ちに対するお客様の不満を解消する仮販売(前捌き)機能や取り置き機能、まとめて販売して値引きするバンドル販売など、販売の現場から生まれたフィードバックをもとに、すぐに効果を発揮するような便利な機能が充実しています。

売上分析機能では、時間帯や曜日別に売り上げを分析できるだけでなく、パレート図を用いたABC分析なども簡単に行なえます。お客様と対面しながらリアルタイムで在庫状況を確認できる在庫管理機能に加えて、プランによっては棚卸しや店間移動などの高度な機能が使える在庫管理機能があります。

利用したい店舗数や、追加機能によって異なる料金プランが用意されていますが、お試し期間の30日間はすべての機能が無料で使えます。運用開始後も利用プランをいつでも変更できます。

免税店運営にも対応しているので、広いビジネスチャンスを狙えます。

執筆は2017年4月4日時点の情報を参照しています。2019年8月14日に記事の一部情報を更新しました。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、スクエアは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash