小売店向けおすすめPOSレジアプリ3選

Square (スクエア), ブログ編集者

小売店経営者にとって、限られた資金・人材で効率的に店舗を運営することは、経営課題の一つです。商品がどのようなタイミングでいくつ売れたのかや、在庫状況などをスムーズに記録・管理するPOSレジは、業務効率化に欠かせないツールです。

スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで見かける従来のPOSレジは大きく、業種や使用目的に合わせてシステムをカスタマイズするために1台に何十万円もの費用がかかることがあります。導入のみならずランニングコストや設置スペースなどを理由に、これまで導入をためらっていた小売店経営者も多くいるでしょう。しかし最近は、タブレット端末やスマートフォンなどを利用して、場所を取らずに手軽かつ低コストで導入できるPOSレジアプリが登場しています。

今回は、小売店にオススメのPOSレジアプリを三つ紹介します。

POSレジアプリとは

POSレジアプリは、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末にインストールし、端末にPOSレジ機能をもたせるアプリケーションです。サービスによって機能は異なりますが、商品の売上管理や在庫管理など従来のPOSレジ機能をそのまま持ち運べるようにしたのがPOSレジアプリといえるでしょう。

一日の売上高だけでなく、在庫情報や来店人数、客単価などの情報をモバイル端末から確認できる点は忙しい経営者にとっては大きな助けとなります。

小売店にPOSレジアプリがオススメな四つの理由

小売店でPOSレジアプリを導入するメリットには、主に四つあります。

1, 売上アップが期待できる
アパレルやインテリアショップなど、小売店では季節やトレンドだけでなく、お客様の様子を見ながら定期的に商品の配置や品ぞろえを変えたり、ディスプレイを見直したりすることで、満足度の高い買い物体験を提供しています。その際、参考になるのは何が売れていて、何が売れていないか、どんなお客様が何を買っているかという情報です。POSレジアプリを使えば、販売数だけでなく、具体的な客層や購買傾向もリアルタイムで確認できます。購買傾向に合わせた商品を用意することで、さらなる売上アップを期待できます。

2, コストを削減できる
人件費や広告費は適切ですか。POSレジアプリを使えば、混雑する時間やお客様が少ない時間を簡単に把握できるため、適切な人員配置が可能になります。また、客層や購買傾向もデータとして集計されるため、どのような媒体にどのような広告を打つべきか戦略を練るときにも大いに役立ちます。

3, 在庫管理が簡単に
お客様がほしいときに在庫切れだった、という経験はありませんか。在庫は多すぎても少なすぎても経営に影響します。POSレジアプリを使えばリアルタイムで在庫を把握できるため、在庫切れのタイミングや発注タイミングを逃すことはありません。売上分析ができるため過剰在庫も防げます。

4, 複数店舗の管理も簡単に
複数の店舗を経営している場合、それぞれの店舗の売上状況をどう把握していますか。POSレジアプリなら、どの店舗で何が売れているか、在庫はどのような状況かといった情報をリアルタイムで把握できます。

事業を軌道に乗せ、売り上げを増やしていくうえで、POSレジアプリはコスト以上のパフォーマンスを提供してくれます。

小売店にオススメのPOSアプリ3選

1. Square POSレジ/Square(スクエア)

Squareが提供している無料アプリSquare POSレジは、小売店の経営に役立つ機能が豊富にそろっています。アカウントを作成し、普段使用しているスマートフォンやタブレットなどにインストールするだけでPOSレジを導入できます。iOSとAndroidの両方に対応しているため、端末を買い換えても同じデータをそのまま使えます。

シンプルなデザインで、価格や商品名の登録が直感的に行なえます。会計データは自動集計され、いつでもどこからでもSquare データ上で確認でき、顧客情報在庫情報と結びつけられます。会計データに保管期限はないため、過去のデータと現在のデータを比較することも簡単です。スタッフ管理機能を使えば、だれがレジを担当したのかを確認できるだけでなく、従業員一人ひとりの出退勤も管理できます。

Square POSレジさえあれば、もう一日の終わりに紙の伝票をまとめて売り上げを計算したり、月末にタイムカードを確認したりする手間も時間も必要なくなります。

また、専用のIC カードリーダー(Square Reader)とBluetooth接続すれば、クレジットカード決済も可能です。今なら経済産業省が推進しているキャッシュレス・消費者還元事業またはキャッシュバックキャンペーンで、通常7,980円(税込)のSquare Readerを実質0円で導入できます。また、主に飲食料品を対象とした軽減税率にも、複数の税率を設定できるSquare POSレジなら対応可能です。

・キャッシュレス・消費者還元事業についてはこちら
・キャッシュバックキャンペーンについてはこちら
・軽減税率の設定についてはこちら
・軽減税率対策補助金についてはこちら

ビジネスの効率を上げるPOSレジアプリ

手軽さを追求した無料で使える直感的なPOSレジ

2. ubiregi(ユビレジ)/ユビレジ

iPad用のPOSレジアプリです。無料プランを含めて五つのプランがあり、小売店向けプランは月額9,300円です。クラウドで在庫管理、発注管理をサポートするStockScan(ストックスキャン)と連携させれば、在庫管理業務の効率化が期待できます。Squareと連携して、カード決済を受け付けることも可能です。

また、無料プランでは会計した日から3日間(72時間)を経過すると会計データに閲覧制限がかかり、売上高の計算などから除外されますので、利用時には注意が必要です。

3.スマレジ/スマレジ

iPhoneやiPad用のPOSレジアプリです。五つの料金プランがあり、中には業種に特化したプランもあります。小売店やアパレル向けのリテールプランは高度な在庫管理機能が売りで、1店舗につき月額12,000円がかかります。レジ待ちの不満解消につながる仮販売機能や、「三つで1,000円」など商品をまとめて値引きできるバンドル販売など、現場の声を生かした機能がそろっています。ユビレジ同様、Squareと連携して、カード決済を受け付けることも可能です。POSの基本機能が無料で使えるスタンダードプランは1店舗のみの利用になります。

さまざまなPOSレジアプリがありますが、小売店の営業を助ける便利で多様な機能が無料(※)で使えるのはSquareだけです。ぜひこの機会にSquareのPOSレジを導入して、在庫管理の強化と売上アップを目指してみてはいかがでしょうか。

※スタッフ管理は一部有料機能になります。Squareの料金体系についてはこちら

執筆は2018年7月13日時点の情報を参照しています。2019年8月14日に記事の一部情報を更新しました。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash