【Square基本のき】(5) カード決済を練習しましょう

▼この記事を読むと……本番の決済の前にご自身のカードでテスト決済ができます。会計画面の流れや指サインの書き心地など、実際に体験をして準備しておきましょう。

■オンラインでの決済に関しては「5分でわかるSquareのオンライン決済」をご参照ください。【Square 基本のき】のススメ(もくじ)に戻るにはこちら

クレジットカード決済の練習をする

それでは実際にご自身のクレジットカードで決済の練習をしてみましょう。テスト決済なので必ず金額は100円で行います。実際に決済が完了しますが、このあとの払い戻し(返金)操作の練習でその取引を払い戻し処理しますのでご安心ください。

注意:この記事ではSquare リーダーとiPadをBluetoothで接続して利用した場合のテスト決済について説明していますが、Square ターミナルでもテスト決済が可能です。

【iPadでの操作方法】

① 端末を横にしてSquare POSレジアプリをひらきます。

jp_kihon-no-ki-5_ipad_screen

②「ログイン」ボタンをタップします。

jp-emoney-P5 01 IMG 0051

③ ご登録いただいたアカウントのメールアドレスとパスワードを入力し、「ログイン」ボタンをタップします。

alt text

Square リーダー (Bluetooth接続)をお使いの端末に接続します。

Square Reader

⑤ レジ画面で、画面右下角の電卓のマーク(下記画像内の黄枠部分)をタップします。

alt text

⑥ 電卓の画面が表示されるので、「1」「0」「0」の順にタップして「100」円と入力します。

alt text

⑦ [お会計]ボタンを押して、Square リーダーの緑色のランプがひとつ点灯することを確認します。

⑧ クレジットカードをSquare リーダーに差し込み、カチッとはまるまで、押し込みます。

JP R12c GSG 5 Dip

⑨ そのまま指でサインをする画面になります。テストなのでご自身のお名前を書いて「OK」ボタンを押して下さい。
※本番の決済ではカード所有者様にサインをいただいてください。

alt text

⑩ お会計が完了したら「カードを取り除いて下さい」というメッセージが表示されます。Square リーダーからカードを外してください。
※本番の決済ではカード所有者様にカードをお返しください。

alt text

⑪ 電子レシートの送信画面になります。SMS対応の携帯電話番号、または、Eメールアドレスを入力し、「レシートを送信」ボタンをタップしてメールで電子レシートを送信します。

ここでは実際にご自身に送信して、どのようにレシートが表示されるのか確認してみましょう。

alt text

注意:
・本番の決済ではカード所有者様に送信先を入力してもらいます。「送信」ボタンをタップする前に、入力間違えがないか、カード所有者様に必ず確認してください。
・レシートに記載される事業者情報は、アカウント登録時に入力した初期の会社情報や個人情報がそのまま反映されます。必ず、Square データより正しいお店の情報に設定し直しましょう。設定がまだの方は店舗情報を設定してください。
・レシート不要の場合は「必要なし」をタップしてください。
・レシートが届かない場合はこちら

⑫ レシートの送信が完了したら画面左上の「新規販売」ボタンをタップしてステップ⑥の電卓画面に戻します。これでカード決済は完了です。

注意:
・QUICPay、またはiDをお持ちであれば、電子マネーでのテスト決済も可能です。
・テスト決済は払い戻しができる決済方法に限り、実施を推奨しています。交通系ICは払い戻しができませんので、電子マネーでのテスト決済は、払い戻しが可能なQUICPay、またはiDでお試しください。電子マネーの払い戻しについてはこちらをご確認ください。
・現時点では、タクシー・ハイヤー等での電子マネー決済のご利用はできません。ご了承ください。

100円のテスト決済は無事にできましたか?次はその払い戻し(返金)処理をしましょう!

【Square基本のき】(6)「払戻し(返金)処理を練習しましょう」