【Squareにおまかせ! POSレジアプリ】モバイルPOSレジ3社を比較!

▶︎この記事では、モバイルPOSレジ3社を比較しています。

この記事では、Square POSレジSquare リテールPOSレジ、ubiregi(ユビレジ )、Loyverse POSレジのオススメ業種、料金や有料オプション、対応OS、必要なもの、導入日数などについて比較します。

jp-blog-pos-comparison

1. Square POSレジ / Square(スクエア)

オススメの業種:小売業、飲食業、ヘアサロン、宿泊業をはじめとしたあらゆる業種
初期費用や月額利用料:無料
有料オプション:スタッフ管理(1店舗あたり月額3,000円)
対応OS:iOSおよびAndroid
必要なもの:アカウント作成と、スマートフォンまたはタブレット端末
導入までの日数:今すぐにでも

クレジットカード決済サービスを提供するSquareの無料POSレジアプリです。スマートフォンやタブレットがあれば、アカウントを作成しアプリをインストールするだけですぐにPOSレジを導入できます。iOSとAndroidに対応しており、端末を買い替えてもデータを引き継いで使えます。

売上・在庫管理などのPOSレジの基本的な機能に加え、請求書をメール送信できるSquare 請求書やクラウド会計ソフトfreeeとの連携、ギフトカードの作成・販売など、会計業務の手間を省いたり、新規顧客を獲得したりするための便利な機能を無料で使えます。また、有料のスタッフ管理には、30日の無料お試し期間があります。

POSレジアプリをダウンロードしたモバイル端末を専用のIC カードリーダー(Square Reader)とBluetooth接続すれば、キャッシュレス決済(※1)にも対応できます。「タブレットを持っていない」「レシートプリンターも用意したい」などの場合は、POSレジとレシートプリンターを一台に凝縮したSquareのオールインワン決済端末(Square Terminal)もおすすめです。タブレット、決済端末、レシートプリンターを個別に用意するよりも低コストで導入できる可能性があります。

Squareだと、キャッシュレス決済導入にかかる初期費用は端末代金のみで、クレジットカード決済手数料を除いて毎月の利用料などはかかりません。決済手数料(※2)はVisa、Mastercard、American Express、Diners Club、Discoverは3.25%、JCBは3.95%です。最短で翌営業日に振り込まれるので、キャッシュフローの面でも助かります。

※1 キャッシュレス決済の利用には審査通過が必要です。
※2 Square Readerのカード決済手数料については、こちらを確認してください。

ずっと0円。機能満載のPOSレジ

手軽さを追求した無料で使える直感的なPOSレジ

2. Square リテールPOSレジ / Square(スクエア)

オススメの業種:小売業
初期費用や月額利用料:初期費用は無料、月額利用料は無料プランと有料プランから選択可能
有料オプション:【Square リテールPOSフリーをご利用の場合】スタッフ管理(1店舗あたり月額3,000円)
対応OS:iOS
必要なもの:アカウント作成と、スマートフォンまたはタブレット端末
導入までの日数:今すぐにでも

Square リテールPOSは、小売店に特化したPOSレジです。商品の登録数は無制限。商品の登録やお会計機能はもちろんのこと、お取り置き情報の登録や商品の返品・交換処理も簡単に行うことができます。在庫管理や売上分析を細かく行いたい人におすすめなPOSレジアプリです。また、スマートフォンやタブレットに内蔵されたカメラで商品のバーコードをスキャンすることができるので、バーコードスキャナーの用意も不要。詳しくはこちらからご確認ください。

3. ubiregi(ユビレジ) / ubiregi(ユビレジ)

オススメの業種:飲食業、小売業
初期費用や月額利用料:初期費用は無料、月額利用料はプランやレンタルの利用有無によって異なる
対応機器:iPadのみ
必要なもの:「無料おためし登録」とiPad
導入までの日数:最短即日(多店舗などへの導入はスケジュール調整が必要)

iPad専用のPOSレジアプリです。月額利用料が無料のプランから、月額9,300円(税別)の飲食店プランや小売店プラン、さらに高度に機能をカスタマイズできる有料プランまで五つのプランがあります。iPadや周辺機器はレンタルすることもできます。

顧客の来店履歴や購入履歴が一目で把握できる顧客管理や、食べログ とのメニュー共有、StockScan(ストックスキャン)との連携による発注や仕入れ業務の効率化、Squareと連携してカード決済を受け付けることも可能です。

無料プランでは会計した日から3日間(72時間)を経過すると会計データに閲覧制限がかかるので、売上高の計算や分析をする場合は、制限がかかる前にダウンロードするか有料プランへ変更しましょう。

4. Loyverse POSレジ / 合同会社エムシーテクノロジーズ

オススメの業種:飲食業、小売業初期費用や月額利用料:無料
有料オプション:従業員管理(従業員1名あたり月額500円)、高度な在庫管理(1店舗につき4,000円+税)、各種訪問サービスは40,000円から
対応OS:iOSおよびAndroid
必要なもの:アカウント作成とスマートフォンまたはタブレット端末
導入までの日数:今すぐにでも

Loyverseはヨーロッパで開発されたスモールビジネス向けのPOSシステムです。無料のアプリLoyverse POSはiOSとAndroidの両方に対応しています。小売店や飲食店などで在庫確認や売上分析ができるアプリLoyvere Dashboard、オーダーエントリーシステムLoyverse KDSなども無料で使えます。

有料オプションサービスの従業員管理は従業員1名あたり月額500円、高度な在庫管理は1店舗につき4,000円(税別)、アプリと機器のセットアップや従業員を対象にした操作方法についてのトレーニングなどの訪問サービスは一回につき40,000円で利用できます。14日間の無料トライアル期間では全機能を試すことができます。

続けて読もう! 「POSレジの完全版、Square Standとは