花屋を開業するには

Alt text
 
「自分の花屋を開業したい」と考えているものの、「どこから、何を始めたらいいかわからない」という人も多いのではないでしょうか。

今回は、花屋の開業に際して

・必要な手続き
・用意するもの
・あると便利なもの
・経営について考えておきたいこと

を紹介します。

花屋の開業に必要なこと

Alt text

手続き

「花屋を開業したけど、何も資格を持ってない…」と思う人もいるでしょう。

花屋を開業するには特別な資格や免許は必要ありません。フラワーアレンジメントなどの資格があったほうが、お客様に信頼してもらいやすいこともありますが、必須というわけではないです。

個人事業主として花屋を開業する場合は、税務署に開業届けを出します。青色申告を希望する場合は、併せて申請書の提出も行いましょう。

参考:
[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続(国税庁)
[手続名]所得税の青色申告承認申請手続(国税庁)

物件選び

ネットショップではなく、店舗を構える場合、物件を探す必要があります。

賃料は、

・駅からの近さ
・広さ
・築年数
・設備

などによって、かなり差が出てきます。

花屋の開業には、

・道路に面した1階
・日当たりが良い
・駅から近い

といった店舗が集客の面から考えるとオススメです。

個人で花屋を開業する際は、広さよりもアクセスや日当たりを優先した方が良いでしょう。年間で見込める売り上げなどを考慮し、無理せず支払える範囲の賃料の店舗を借りるようにしましょう。

仕入先の選定

花屋を開業するときに必要なのが、仕入先の選定です。

仕入先に関しては、

・生産者と直接契約する
・市場で仕入れる
・仲卸から仕入れる

方法があります。

市場の方が、花を安く仕入れられることが多いようです。朝早くから通うことになる場所なので、品ぞろえはもちろんのこと、自宅や店舗となる場所から通うための経路や時間をしっかり確認しておきましょう。しかし、市場の場合、競りで箱単位で買うことになるため、小規模な花屋を開業する人は、仲卸から仕入れることもあるようです。

また、仕入れや配達のためには車も必要になってきます。

ビジネスの成長に合わせたPOSレジアプリ

Square POSレジを設定
無料のアカウントを作成

花屋の開業にあると便利なもの

花屋の開業に、あると便利なものを紹介します。

フラワーキーパー
フラワーキーパーとは、花を長持ちさせるために使う温度管理機能を持った冷蔵庫のようなものです。季節によって常温だと花がすぐに傷んでしまうことがあります。フラワーキーパーにより、花が長持ちするため、ロスを減らすことができます。

モバイルPOS
在庫管理や売り上げ分析に便利なPOSレジ。特に、鮮度が重要な花を扱う花屋にとっては、効率的な在庫管理は非常に重要なことでしょう。

しかし、POSレジの導入の導入となると、コストや手間が気になる人もいるかもしれません。

そこでオススメしたいのが、「モバイルPOS」です。モバイルPOSは、スマートフォンやタブレットを利用したPOSシステムです。従来のPOSレジよりも簡単にコストを抑えて導入することができます。

たとえば、Square POSレジは、iPhoneとAndroid端末の両方に対応している無料アプリです。専用のICカードリーダーを購入し、お手持ちのスマートフォンやタブレットにインストールすれば、POSレジ機能とクレジットカード決済の両方が使えます。ぜひ導入を検討してみてください。

経営について考えておきたいこと

Alt text
花屋を開業したとしても、お客様が来てくれなければ、営業を続けることが難しくなります。そのため、集客方法やマーケティングを学ぶことも大切です。

最近はマーケディングが分かりやすく学べる漫画やビジネス書もあるため、本屋でそれらを手に取って読んでみるのもオススメです。

本を読むだけでなく、そこで得た知識を花屋の経営に応用することが重要です。

たとえば、以下のようなことが事業計画には必要になってきます。

・お店のコンセプトやテーマ
・サービスの特色
・競合との違い
・1年で達成したい売り上げ目標
・日々のオペレーションのシミュレーション
・集客方法(ソーシャルメディアやダイレクトメールなどの活用方法)

現在、花を取り扱う事業所は日本で15,000店舗以上あります。

参考:花きの現状について(農林水産省)

こうした現状で、お客様に選ばれる花屋になるためには「独自性」が大切です。

「独自性」がなかなか思いつかない場合は、まずは「その街で1番になれる特徴」を打ち出してみてはいかがでしょうか。

たとえば、

・その街で1番バラの種類が豊富
・その街で1番ラッピングがおしゃれで男女ともに喜ばれる
・その街で1番フラワーアレンジメントが早い

などが挙げられます。

こうした独自性を打ち出したら、お店のウェブサイトやソーシャルメディア、ダイレクトメールなどで、積極的に発信しましょう。

関連記事

今や欠かせない「インスタ映え」を集客に活かすには
広告費を無駄にしないチラシ集客のコツ

執筆は2018年6月20日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash

機能満載のPOSシステムがここまで身近に

あなたの成長に合わせた Square POSシステム

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。