TikTokのビジネスアカウントは企業も個人も利用可!運用方法、メリット、注意点を解説

人気動画を生み出すソーシャルメディア「TikTok」のビジネスアカウントは、ビジネスの宣伝やマーケティングにも使える無料サービスです。TikTokをビジネスに導入するメリット、ビジネスアカウントの特徴、使える機能などを探ってみましょう。

TikTokの新規登録からビジネスアカウント開設までの手順、ECサイトなどのURLのリンク方法も解説します。

目次



TikTokについて

TikTokは15秒から10分までの動画をコンテンツとし、世界で約10億人の月間アクティブユーザー数(2021年9月時点)を抱える人気のSNSです。総務省の調査によれば、最も多いユーザー層は10代から20代ですが、次いで30代から40代の利用者も多く、全年代で利用者数が増加傾向にあります。

TikTokの投稿動画は若年層だけでなく広範な年代で影響力を増しつつあり、マーケティングや認知拡大への利用価値の高さがうかがえます。

参考:
10億人の皆様に、ありがとうございます!!!(2021年9月27日、TikTok)
令和3年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書(総務省情報通信政策研究所)

TikTokビジネスアカウントとは

TikTokのユーザーアカウントには、「個人アカウント」と「ビジネスアカウント」の2種類があります。一般ユーザーが個人で投稿や視聴を楽しむ目的で使う個人アカウントに対し、ビジネスアカウントではTikTokのビジネス向けの機能を利用することができます。

TikTokのビジネスアカウントは企業はもちろん、個人事業主やこれからビジネス活動を展開していこうと考える人など個人でも利用でき、大手企業や個人経営の店舗、ブランドなど、既に多くのビジネスアカウントが運用されています。個人アカウントからの切り替えもできるため、既にTikTokを利用中の人が既存アカウントをビジネス用に使いたいというケースにも対応可能です。

加えて、無料で多彩な機能を利用できる点がTikTokビジネスアカウントの特徴です。

TikTokビジネスアカウントで利用可能な機能

TikTokのビジネスアカウントでは、具体的に以下の機能を利用できます。自分のニーズとマッチする場合は、ビジネスアカウントの利用を検討する価値があるといえます。

アカウントのカテゴリー選択

ビジネスアカウントでは活動ジャンルを設定すべく、以下の例のような「カテゴリー」を選択できます。

  • 芸術・工芸
  • 赤ちゃん
  • 衣類・アクセサリー
  • グルメ&ドリンク
  • ショッピング・小売
  • レストラン・バー
  • ゲーム
  • 健康
  • ペット

カテゴリー設定により、同カテゴリーの動画を好むTikTokユーザーに対して投稿が表示されやすくなり、ビジネスや商材に興味を持ってもらえる可能性が高まります。個人アカウントにはアカウント自体のカテゴリーを設定する機能はなく、ビジネスアカウントだけの機能です。

プロフィールに外部リンクを設置

TikTokのビジネスアカウントでは、公式ウェブサイトや問い合わせ先の情報などの外部リンクを設置できるため、投稿に興味を持ったTikTokユーザーがアクセスしやすくなります。外部リンクはプロフィール画面に設置可能です。

投稿動画の分析データの利用

投稿動画の合計再生時間、合計および平均の視聴回数、トラフィックソースの種類、視聴者の国別所在地などの分析データを確認することができるのも、TikTokビジネスアカウントだけの機能です。ポイントは投稿動画ごとの分析データがリアルタイムで見られる点で、「どの投稿がより狙った効果が出たか」が分かります。

インサイト分析の活用

フォロワー数の増減やプロフィールの閲覧回数といった、TikTokユーザーのインサイト分析データも見られるビジネスアカウント。曜日や時間帯ごとの投稿動画の再生回数も確認でき、インサイト情報を元に視聴数が伸びやすい時間帯を選んで投稿することでさらにユーザーの目に止まりやすくなります。

商用楽曲ライブラリーの利用

TikTokで動画とともに再生する音楽は、動画を印象付ける有効な手段です。個人アカウントと異なりビジネスアカウントでは「商用利用可能」な楽曲のライブラリーが用意され、著作権侵害を気にすることなくその中から選んだ楽曲を利用します。

個人アカウントのように好みや流行の曲を自由に使えるわけではありませんが、ビジネスアカウント用の楽曲ライブラリーには50万曲以上が登録されているので選択肢は十分です。

jp-blog-tiktok-business-account1

TikTokビジネスアカウントを利用する五つのメリット

既に少なくない数の企業がTikTokに参入してビジネスアカウントを運用している背景には、ビジネスにおけるTikTokの利用価値として注目すべき五つのメリットがあります。

1.運用コストをかけずにマーケティング活動ができる

TikTokビジネスアカウントの利用は無料です。訴求力の高い動画コンテンツとTikTokというプラットフォームの人気を生かしたマーケティング活動が無料でできれば、大きな価値創出が期待できます。

コスト面での負担がないことで、TikTokビジネスアカウントはスモールビジネスや個人事業主にとっても利用しやすいマーケティングツールといえます。

2.簡単に動画投稿ができる

TikTokのプラットフォーム上には、ビギナーでも迷わずに使える動画編集の機能が搭載されています。そのため、専用の動画編集ソフトなどを購入することなく、気軽に投稿が可能です。
ビジネスアカウントではTikTokアプリから「ビジネスクリエイティブガイド」という情報にアクセスでき、動画撮影の方法や投稿のタイミングに関するアドバイスやヒントも得られます。

3.投稿動画が拡散・共有されやすい

視聴ユーザーにとってTikTokは、趣味嗜好に合う動画が「おすすめ」として表示され、興味のある投稿を見つけやすいSNSです。これは、投稿動画とユーザーとのマッチング機能がシステム化されているためで、ビジネスアカウント利用者にとってはターゲットオーディエンスにリーチしやすいメリットがあります。

多くのユーザーが気に入った投稿動画は、「いいね」の評価やコメントを付けられたり、繰り返し視聴されたり、人に共有されたりします。こうしてさらに多数のユーザーの目に触れ、投稿が拡散され、マーケティング効果が高まります。

4.幅広い年齢層にリーチ

TikTokユーザーの中心は10代から20代ですが、利用者数も利用年齢層も拡大中です。特に、インターネット上の情報に対する感度の高い人や動画メディアに親和性の高い人が今後もTikTokを利用すると考えられます。トレンド感や直感的な魅力を伝える動画ならではの訴求力で、幅広い年齢層に対しビジネスアカウントでアプローチしていきたいところです。

5.一般ユーザーの投稿となじみやすい

個人アカウントが投稿するダンス動画も、ビジネスアカウントが投稿する動画も、アカウントの区別なく注目される可能性があるのがTikTokの特徴です。

ビジネスアカウントの動画のクオリティーがTikTokの雰囲気にマッチしていれば、いかにも宣伝やマーケティングという印象になりにくく、一つのプラットフォームの中のコンテンツとして拡散や共有の可能性があります。

TikTokビジネスアカウントを利用する二つのデメリット

TikTokのビジネスアカウントを利用する際に注意すべき点は、個人アカウントとの機能の違い、そしてSNSのビジネス利用におけるリテラシーの2点です。

1. 商用ライセンス未取得の楽曲は使用不可

TikTokで人気の投稿動画には、トレンドの楽曲を使用しているものも多く見受けられます。ただし、前述の通りビジネスアカウントの投稿で使えるのは、商用楽曲のライブラリー内の楽曲のみで選曲に制限があることを理解しておきましょう。

2. 炎上リスクがある

拡散力の強いTikTokでは、たった一つの投稿動画をきっかけにビジネスアカウントやビジネスそのものが批判を受けるといった炎上のリスクがあります。これはTikTokに限らずSNS全般に同じことがいえ、差別的な発言や投稿者の思い込みによる断定などが社会からの反発を招く可能性は常にゼロではありません。

しかし、投稿を見る一人ひとりのTikTokユーザーをイメージしながら、社会情勢を鑑み、誤解を招かない言語・映像表現を用いることで炎上リスクは回避可能です。

jp-blog-tiktok-business-account2

TikTokビジネスアカウントと個人アカウントの使い分け方

ビジネスアカウントを運用する際のメリットとデメリットを踏まえ、具体的にどのようなケースでTikTokのビジネスアカウントを利用すべきか考えてみましょう。

「分析データ」や「アカウントカテゴリー」を使用したい場合はビジネスアカウント

データ分析やカテゴリー設定が必要な場合は、ビジネスアカウントとしての運用がおすすめです。また、ビジネスアカウントではウェブサイトのURLや連絡先情報の追加登録もできるため、ユーザーとのインタラクティブな接点を持つことができます。

ECサイトを持つビジネスであれば、投稿でブランドや商材を紹介し、プロフィール内のECサイトのリンクからの購入を促すといったTikTokの使い方も可能です。販売促進やマーケティング施策の一環としてのTikTok利用には、ビジネスアカウントが有効と覚えておきましょう。

気軽に「ビジネスの認知」を拡大したい場合は個人アカウント

企業や個人事業主であっても、ビジネスアカウントでなく個人アカウントの利用が適したケースもあります。TikTokを使った企業やブランド、商品などの「認知」を目的とする場合です。

「まずは組織の存在や事業の概要を知ってほしい」というシンプルな目的でTikTokを利用するなら、使用楽曲に制限のない個人アカウントで、トレンドの楽曲を使いながら動画投稿を始めてみましょう。

TikTokアカウント運用のポイント

ビジネス活動の一つとしてのTikTokアカウント運用は、以下の四つのポイントを網羅することで効果が出やすくなります。

「ユーザー巻き込み型」のコンテンツやキャンペーン

TikTokユーザーが参加したくなるような、視聴者を巻き込んでリアクションを誘発する投稿を企画すると、ビジネスの存在感を高めることができます。思わず真似したくなるオリジナルのダンスやキャラクター、挑戦したくなるクイズやトリックなど、他のアカウントと差別化しつつユーザーを巻き込むコンテンツやキャンペーンを意識しましょう。

広告・公式らしさを排除した動画

公式サイトの企業紹介ムービーのような改まったビジネス感や、テレビコマーシャルのような広告らしさのある動画は、TikTok上ではユーザーの関心を引かず、スワイプして飛ばされてしまいがちです。他のメディアとTikTokの違いを理解した上で、一般ユーザーの投稿と並んでも違和感がないような親しみやすさやテンポの良さを感じさせつつ、独自性を出すことが動画制作のポイントです。

ターゲット層に合致する動画

動画作成前にターゲットを明らかにし、ペルソナを詳細に設定しておくことで対象者の心をつかむコンテンツに一歩近づきます。

たとえば、ターゲットを「40代女性」とするだけでは不十分で、「アパレル企業管理職の40代女性、家族は同年代の夫と小学4年生の女児で、趣味は韓国ドラマ鑑賞、休日は家族で買い物と料理」といった鮮明なペルソナを描きます。投稿動画の内容に加え、登場人物や言葉づかい、映像のエフェクト、テンポ、楽曲などもペルソナをイメージしながら決定可能です。TikTokに投稿した動画に対して思ったような反応が得られない場合は、ターゲット設定と投稿内容が合っているか見直してみましょう。

投稿と分析を毎日実施

定期的な投稿でファンをつかむべく、動画投稿は毎日行うことが理想的です。興味深い動画を頻繁に公開してフォロワーが増えれば、TikTokでの影響力が高まります。

加えて、ビジネスアカウントの機能であるデータ分析も毎日活用しましょう。動画の再生データはもちろん、インサイト分析でプロフィールの閲覧数の推移なども日々チェックすると、効果のある投稿時間帯や人気の動画の特徴などを理解できます。

jp-blog-tiktok-business-account3

TikTokビジネスアカウントの設定手順

いざTikTokでビジネスアカウントの利用を決定したら、以下のステップで新規登録、設定、投稿を行います。

1. アカウント登録

TikTokの新規アカウント作成には、まず電話番号、メールアドレス、既存のSNSアカウントのいずれかを使って登録します。この際、生年月日の登録が必要ですが、プロフィール上には公開されません。なお、新規登録の時点では、個人アカウントとして設定されています。

参考: TikTokに登録する(TikTok)

2. ビジネスアカウントの設定

TikTokアカウントにログインした状態で、「プロフィール」の画面から「設定」をタップし、次に「アカウント管理」をタップします。そして「ビジネスアカウントに切り替える」を選び、続いてアカウントのカテゴリーも選択したら、ビジネスアカウントへの切り替えは完了です。ここまでできたらプロフィールを編集し、外部リンクのURLなども記載して設定を終了します。

3. 動画投稿

投稿は、スマートフォンアプリまたはパソコンのインターネットブラウザから行うことができますが、ブラウザ版は機能が制限され、動画の投稿はできても編集ができません。パソコンを使う場合は、別の動画編集ソフトウェアなどで編集したものを投稿しましょう。

スマートフォンアプリの場合は、「+」のアイコンをクリックすると投稿画面に遷移します。投稿したい動画を選択したら、動画の長さや内容を自由に編集し、楽曲を選び、ハッシュタグやキャプションを入力して投稿します。

TikTokでは一度投稿した動画を再編集・修正することはできませんが、キャプションは投稿後にも編集可能です。

参考: 【公式】TikTokのビジネス(企業)アカウントとは?概要と作成方法をスクショ付きで解説(TikTok)

TikTokの動画ではビジネスの魅力をさまざまな角度から発信することができ、集客や動画分析などを行う場合はビジネスアカウントがおすすめです。何より、広告出稿以外は無料であるため、コストをかけずに人気のプラットフォームでマーケティング施策を打てる点は大きな魅力です。

特にECサイトを持つビジネスであれば、TikTokビジネスアカウントのプロフィールにURLを設置し、訴求力の高い動画コンテンツで商品のPRや販売を行うことが可能です。

これからECサイトの開設を考えている場合は、「Square オンラインビジネス」を利用してみてはいかがでしょうか。Square オンラインビジネスはグローバルに利用されるビジネス向けプラットフォームでありながら、初期費用・月額利用料ともに無料で、3.6%から3.95%の決済手数料だけでECサイトを維持できます。Square オンラインビジネスで作成したECサイトをTikTokにリンクさせ、低コストでビジネスの魅力を発信して収益力アップにつなげましょう。

ネットショップを無料で開始するならSquare

EC作成から、オンライン決済、店舗連動の在庫管理まで、便利な機能が無料で簡単に始められます。


Squareのブログでは、起業したい、自分のビジネスをさらに発展させたい、と考える人に向けて情報を発信しています。お届けするのは集客に使えるアイデア、資金運用や税金の知識、最新のキャッシュレス事情など。また、Square加盟店の取材記事では、日々経営に向き合う人たちの試行錯誤の様子や、乗り越えてきた壁を垣間見ることができます。Squareブログ編集チームでは、記事を通してビジネスの立ち上げから日々の運営、成長をサポートします。

執筆は2022年10月27日時点の情報を参照しています。当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。Photography provided by, Unsplash