新型コロナウイルスへの対応

【Squareで解決】エステサロンや整体院でカード決済を導入したい!

エステや整体の施術など、「もの」ではなくサービスを提供するビジネス。一回では終わらずに複数回にわたるサービスも多いですよね? そのような施術コースや回数券の代金が、一万円を下ることはほとんどありません。お店としてもお客様としても高額な施術代をカード決済できれば助かりますよね。

でも、実際にエステサロンや整体院を経営している方からは、こんなお悩みが寄せられていてます……

お悩み

  • カード決済を導入しようとしたけれど加盟店の審査に通らなかった!!(神奈川県エステサロン経営者)
  • カードが使えればお客様の選択肢も増えて、顧客満足度も高まると思うのだけど……(東京都鍼灸治療院経営者)
  • カードが使えればもっと他のコースやオプションも売れそうなんだけどな……(大阪府整体院院長)

そうなんです、こうした長期にわたって継続的に高額なサービスを提供することは「継続的役務提供」とよばれ、クレジットカード加盟店の審査が通らないことが多いのです。結果、お店側はカード決済の受付ができず、お客様には施術コース代金を現金で支払っていただくしかありません。

そんな方に朗報です。

alt text

Squareなら期間と金額の条件さえ満たせば、施術代や回数券代の支払いもカード決済で受付できます。以下ポイントをまとめて紹介します!

目次



ポイント1 エステの施術コースなら、金額が5万円以下「または」金額が5万円以上でも期間が1ヶ月以内であればカード決済OK!

この「または」がポイントです。
金額か期間どちらかの条件を守っていただければ、コース代金や回数券もカード決済していただけます。

jp_blog_ekimu_chart-01

つまり、
- サービスの金額が5万円以下のコースは、提供期間が1年以内ならカード決済が可能
- サービスの金額が5万円を超えるコースは、提供期間が1カ月以内ならカード決済が可能
ということです。

なお、コースに関連しないご自宅用の物品販売や都度支払いの施術代は、5万円を超えてもご利用いただけます。

注意:
※エステの定義はこちらのヘルプセンターにある「特定継続的役務提供」の欄でご確認ください。なお、弊社途上審査により業種変更等の判断をする場合がございます。ご了承ください。
※上記ルールにある1カ月以内とは、厳密にはサービスの提供期間が翌月の同日までのコースを指しています。
※上記の取引条件は、特定商取引法に則りSquareが定めています。特定商取引法の詳細はこちらでご確認ください。
※Squareお申し込み時の審査や承認後も途上審査がございます。上記ルールを遵守いただき、安全にご利用いただくために、商品名やメニュー名を商品登録いただくことをお奨めいたします。
※Squareでご利用可能な電子マネーも特定商取引法が適用されます。iDでの決済は、継続的役務提供は禁止されているため、利用できません。交通系IC電子マネーのSuicaにて、回数券等の継続的役務を提供する場合は、その取引の内容(引き渡し、提供方法等)を店舗またはホームページ上に明記する必要があります。また、その内容についてSquareからお問い合わせが入る場合があります。これらに違反すると、振り込み金の保留、もしくはSquareアカウントの利用停止となる可能性があります。

ポイント2 整体や治療院の施術コースなら、金額が5万円以下「または」金額が5万円以上でも期間が2ヶ月以内であればカード決済OK!

ポイント1と同じく、
金額か期間どちらかの条件を守っていただければコース代金や回数券もカード決済をご利用いただけます。

jp_blog_ekimu-chart-others

つまり、
- サービスの金額が5万円以下のコースは、提供期間が1年以内ならカード決済が可能
-サービスの金額が5万円を超えるコースは、提供期間が2カ月以内ならカード決済が可能
ということです。

なお、コースに関連しないご自宅用の物品販売や都度支払いの施術代は、5万円を超えてもご利用いただけます。

注意:
※上記ルールにある2ヶ月以内とは、厳密にはサービスの提供期間が翌々月の同日までのコースを指しています。
※上記の取引条件は、特定商取引法に則りSquareが定めています。特定商取引法の詳細はこちらでご確認ください。
※弊社途上審査により業種変更等の判断をする場合がございます。ご了承ください。
※Squareお申し込み時の審査や承認後も途上審査がございます。上記ルールを遵守いただき、安全にご利用いただくために、商品名やメニュー名を商品登録いただくことをお奨めいたします。
※Squareでご利用可能な電子マネーも特定商取引法が適用されます。iDでの決済は、継続的役務提供は禁止されているため、利用できません。交通系IC電子マネーのSuicaにて、回数券等の継続的役務を提供する場合は、その取引の内容(引き渡し、提供方法等)を店舗またはホームページ上に明記する必要があります。また、その内容についてSquareからお問い合わせが入る場合があります。これらに違反すると、振り込み金の保留、もしくはSquareアカウントの利用停止となる可能性があります。

ポイント3 シンプルな料金体系で導入後も安心!

Squareは業種や事業規模に関わらず、カード決済手数料はVisa, Mastercard, American Express, Diners Club, Discoverカード、交通系ICカードでは3.25%、QUICPayは3.75%、JCBカードでは3.95%です(*)。

しかも、月額固定料金や入金時の振り込み手数料、払い戻し(返金)時の手数料も無料です!
カード決済を使ったときだけ手数料がかかる、そんなシンプルな料金体系で安心してご利用いただけます。

注意:
※交通系ICに含まれるのはSuica, PASMO, Kitaca, TOICA, manaca, ICOCA, SUGOCA, nimoca, はやかけん、です。PiTaPaはご利用いただけません。
※Visa, Mastercard, American Expressカードではカード情報を直接手入力して決済することができます。その場合、手数料は3.75%になります。

ポイント4 入金サイクルも嬉しい !!最短翌営業日から。

クレジットカードを含むキャッシュレス決済は便利な支払い方法ですが、入金サイクルが遅いのが難点ですよね。Squareなら国内の金融機関の口座ならどこでも登録でき、最短翌営業日、遅くとも週に一度のサイクルで入金いたします。 現金と変わらない感覚でキャッシュレス決済をご利用いただけます!

支払い方法の選択肢を増やしてお店もお客様もハッピーに。
今までカード決済の導入を諦めていた方、もう一度Squareで検討してみませんか?

ヘルプセンターの記事「回数券や継続的にサービスを提供する際のSquareカード決済制限について」もぜひ参考にしてください。

Square Readerで今日からキャッシュレス決済導入を

カード決済、タッチ決済、電子マネー決済がこれ1台で

以下の記事もご参考ください。