ネットショップの最適な配送方法とは?メール便と宅配便サービスを徹底比較

ネットショップの開業に合わせて、商品の配送方法を選択する必要があります。ネットショップと商品の特性に合う配送方法を選ぶには、サイズ、価格、早さ、安全性など「求める条件」とのマッチングが重要です。各配送事業者のメール便や宅配便のサービスを比較し、ネットショップの配送方法を決定しましょう。

目次



なぜネットショップの配送方法が重要か?

ネットショップの商品の配送方法は、ビジネスの評判や運営コストに大きく影響するため、事前にしっかり比較検討をして決定する必要があります。シンプルに考えると、早さ、安さ、安心感のどれを重視するかで最適な配送方法は違ってきますが、メリットだけに注目するのでなく、各配送サービスの特性が自社のネットショップの運営スタイルやコンセプトに合うかが重要です。配送方法の選び方がネットショップに与える可能性のある影響として、以下のようなものが考えられます。

  • 配送方法により、商品の破損や紛失などのトラブルが起きることがある
  • 配送事業者のサービス品質が、ネットショップの印象にもつながることがある
  • ネットショップが送料を負担する場合、 高額な配送方法はビジネスのコストが大きくなる
  • 配送事業者とネットショップとの契約により、配送料の割引、集荷サービスなどが利用できることがある

jp-blog-shipping01

ネットショップで買い物をするお客様の立場からも、配送方法と送料は見逃せない問題です。特に、同一や類似の商品をどのネットショップで購入するか決定するために、送料や到着までの早さなどの配送方法がポイントになるケースは少なくありません。また、時間指定や追跡などのサービスがあるとお客様の利便性はアップします。

お客様がネットショップで商品を注文し、受け取って使うまでのトータルの流れを買い物体験と考え、より高い満足を提供するためにも、配送方法を慎重に検討しましょう。

ネットショップの商品の配送方法としては、軽量で薄型の商品を送るのに適したメール便(小型便)と、重く大きいサイズの商品に適した宅配便(小包)の2種類が便利です。各配送業者のサービスを比較しながら詳細を見ていきましょう。

配送方法(1) メール便

メール便は、以下のような特徴を持つ配送方法です。

  • 軽量・薄型の荷物の配送に適している
  • 全国で料金一律のサービスが多く、配送料が安い
  • 郵便ポストに投函して発送できるサービスもある
  • 届け先の郵便受けに届くので、受け取りが不要(※手渡しのサービスもあり)
  • 追跡サービス、破損などの損害賠償がないケースもある

jp-blog-shipping02

総合的に、手軽かつ安価に利用できる反面、メール便では追跡や損害賠償などが利用できないこともあると把握した上で、利用するサービスを選びましょう。メール便や同等の小型便として、ネットショップで利用しやすい日本郵便とヤマト運輸のサービスを紹介します。

日本郵便のメール便サービス

日本郵便のメール便サービスには、「クリックポスト」「ゆうメール」「レターパック」「スマートレター」などがあります。1キロまで配送可能なクリックポストは、インターネット上でクレジットカード決済ができ、自分で印刷したラベルを荷物に貼って発送できるため、ネットショップ運営者にとって利便性が高いといえます。

また、4キロまで対応可能なレターパックは、専用封筒の購入で送料の支払いが完結する点が便利で、対面で受取人に受領印をもらう配送方法と、郵便受けに届く配送方法から選ぶことができます。

クリックポスト(日本郵便)

特徴 ・オンラインで決済・ラベル作成が完結
・全国で料金一律
送れるもの(例) ・衣料品
・サプリメント
・CD、DVD
・雑誌、コミック
・スマホケース など
サイズ・重さ 最大34×3×25cm、1kg以内
料金 198円
※全国一律
利用方法 ・オンラインで利用者情報を登録(初回のみ)
・専用画面に荷物情報を入力し、決済
・ラベルを印刷して荷物に貼る
・郵便局の窓口、またはポストから差し出す

※利用にはYahoo!ウォレットかAmazon Payによるクレジットカード払いの利用登録が必要
配達方法 郵便受けに届く
※到着:発送の翌日から翌々日、離島など除く
備考 追跡可
速達などのオプションの追加は不可
損害賠償なし

ゆうメール(日本郵便)※旧・冊子小包

特徴 ・冊子の配送用
・代金引換などのオプションあり
送れるもの(例) ・書籍、雑誌、カタログ、会報、マニュアル
・CD、DVDなどの電磁的記録媒体
・カレンダー
サイズ・重さ 最大34×3×25cm、1kg以内
料金 180円(150g以内)から360円(1kg以内)
※全国一律
利用方法 ・宛名の他、見える位置に「ゆうメール」と記載し、内容物がわかるようにする
・郵便局の窓口、またはポストから発送
配達方法 郵便受けに届く
備考  追跡不可だが、以下のオプション追加が可能:
速達、書留、配達証明、引受時刻証明、特定記録、本人限定受取、代金引換、配達日指定

レターパックプラス(日本郵便)

特徴 ・最大4kgまで対応可
・専用封筒で、全国一律料金で対面配達
送れるもの(例) ・衣料品
・カタログ、書籍
・チケット
・業務用サンプル など
サイズ・重さ 最大34×24.8cm(厚さ3cmを超えても可)、4kg以内
料金 520円
※全国一律
利用方法 専用封筒を購入(ネット、郵便局)
宛名などを書き、中身を入れたら郵便ポストに投函
配達方法 対面で配達(受領印要)
備考 ・追跡可
・損害賠償なし
・郵便受けに届く「レターパックライト」は別の専用封筒を利用(370円)

スマートレター(日本郵便)

特徴 ・A4の約半分の小型サイズで、全国一律180円で送れる
・信書も同封可能
送れるもの(例) ・文庫本、小冊子
・文房具
・靴下、ハンカチ
・アクセサリー
・CD、DVD、など
サイズ・重さ 最大25×17cm(厚さ2cm以内)、1kg以内
料金 180円
※全国一律
利用方法 ・専用封筒を購入(郵便局、コンビニエンスストア、ネット)
・宛名などを書き、中身を入れたら郵便ポストに投函
配達方法 郵便受けに届く
備考 ・追跡不可
・速達などのオプションの追加は不可
・損害賠償なし

ヤマト運輸のメール便サービス

ヤマト運輸による「メール便」の名称がついたサービスは2015年に終了していますが、同等サイズの薄型の小包を送る「宅急便コンパクト」と「宅急便コンパクト薄型」、さらに「ネコポス」というサービスがあります。割引や配送契約などを利用でき、いずれも荷物の集荷や追跡サービスがあるのでネットショップの商品配送に便利です。

宅急便コンパクト(ヤマト運輸)

特徴 ・オプション、割引の種類が豊富
・サイズ内なら重量の制限なし
送れるもの(例) ・化粧品、小物など
サイズ・重さ 20×25×5cm、重量上限なし
料金 680円(箱代込み、関東圏内から関東圏内に届けた場合)
※キャッシュレス決済、メンバー割、持込割など利用の場合、上記の金額より安くなります
利用方法 ・専用の箱を購入(直営店、コンビニエンスストア、ネット)
・梱包したら、手書きまたはデジタルで宛名用紙を作成し、直営店・取扱店やコンビニエンスストアに持参、または集荷を依頼し、決済
配達方法 対面で配達
備考 ・追跡可
・着払い、届け日・時間帯指定なども可能
・損害賠償あり
・「宅急便コンパクト薄型」はサイズ24.8×34cmで、厚さは8mm程度(A4コピー用紙約100枚)、料金は同上

ネコポス(ヤマト運輸)

特徴 ・専用の梱包材不要で、小型の荷物を郵便受けに配送
・契約ごとに固定額制
送れるもの(例)  ・書籍、CD
・手帳、カードケース
・ネクタイなどの衣料品
・アクセサリー など
サイズ・重さ 縦23cmから31.2cm、横11.5cmから22.8cm、厚さ2.5cm以内、最大1kg
料金 契約により異なる(最大385円)
利用方法 ・ヤマト運輸と契約(法人、個人事業主のみ利用可)
・専用宛名ラベルを印刷し、梱包した荷物に貼る
・営業所へ持参、または集荷を依頼
配達方法 郵便受けに届く
備考 ・追跡可
・責任限度額の範囲は3,000円まで
・届け日・時間帯の指定は不可
・掛売契約可

以上のように、料金の面では日本郵便のメール便サービスが安い傾向にありますが、ネットショップの特性に応じて、届け日指定や追跡などの求められるサービスを検討して配送方法を選ぶと良いでしょう。

配送方法(2) 宅配便

メール便のサイズに収まらない商品をネットショップから配送したい場合は、宅配便(小包)を利用しましょう。宅配便には、主に以下のような特徴があります。

  • サイズを問わず配送可能
  • 商品特性に応じた配送サービスがある
  • 冷凍や冷蔵の商品に対応したサービスもある
  • 破損や紛失に対して損害賠償がある
  • 配送距離、重量、サイズに応じて料金が変わる
  • 窓口への持込割引などがある

jp-blog-shipping03

宅配便の運賃は、荷物のサイズと宛先によって決定します。トラック運送件数のトップ3社であるヤマト運輸、佐川急便、日本郵政のサービスを比較してみましょう。

宅急便(ヤマト運輸)

特徴 ・割引の種類が豊富
・掛売契約も可能
サイズ・重さ 最大3辺合計160cm、25kg以内
料金 60サイズ:930円から(同一県内)
※メンバー割、持込割などを利用可
利用方法 ・オンライン、または手書きで送り状を作成し荷物に貼る
・直営店・取扱店の窓口、コンビニエンスストアに持参、または集荷を依頼して発送
配達方法 対面で配達(受領印要)
備考 ・追跡可
・集荷可
・届け日・時間帯指定サービスあり
・エリアにより、当日配達サービスあり
・着払いのオプションあり
・損害賠償:最高30万円
他に、160サイズ以上や30万円以上の物品を送る「ヤマト便」、冷蔵と冷凍で食品を送る「クール宅急便」、精密機器を送る「パソコン宅急便」などの配送方法あり

飛脚宅配便(佐川急便)

特徴 ・30キロまで対応可能
・掛売契約も可能
サイズ・重さ ・最大3辺合計160cm、30kg以内
料金 60サイズ:770円から(同一県内)
※荷物を持ち込むと100円割引
利用方法 ・専用宛名ラベルに記入し、荷物に貼る
・営業所・取次店の窓口に持参、または集荷を依頼して発送 
配達方法 対面で配達 
備考  ・追跡可
・集荷可
・届け日・時間帯指定サービスあり
・エリアにより、当日配達サービスあり
・代金引換、着払いのオプションあり
・損害賠償:最高30万円
・他に、260サイズまでの宅配便を送る「飛脚ラージサイズ宅配便」、冷蔵・冷凍状態で食品を送る「飛脚クール便」などの配送方法あり

ゆうパック(日本郵便)

特徴 ・170サイズまで対応
・当日配達サービスも利用可(エリアによる)
サイズ・重さ 最大3辺合計170cm、25kg以内
※最小は60サイズ(縦・横・高さの合計が60cm以内)
料金 60サイズ:810円から(同一県内)
※持込割引利用の場合、120円割引
利用方法 ・専用宛名ラベルに記入し、荷物に貼る
・郵便局・取扱所(コンビニエンスストアなど)の窓口に持参、または集荷を依頼して発送
配達方法 対面で配達
備考 ・追跡可
・集荷可
・届け日・時間帯指定サービスあり
・エリアにより、当日配達サービスあり
代金引換、着払いのオプションあり
・損害賠償:最高30万円
・他に、30キロ以内の荷物を送る「重量ゆうパック」、保冷が必要な食品を送る「チルドゆうパック」などの配送方法あり

以上3社の宅配便を比較すると、サービス内容に大きな違いはないことがわかります。3社とも営業所などへの持ち込み割引を行っていることから、窓口の近さなどの利便性も考慮した上で、配送方法を選んでみてはいかがでしょうか。

なお、荷物のサイズと重量は、梱包材にも影響を受けます。配送各社が用意している梱包材の他、かさばらない緩衝材や軽くて丈夫な素材の封筒や箱を検討してみると良いでしょう。ネットショップごとに適切な配送方法を選ぶことで、効率的なビジネスの運営を目指してください。記事内に登場する配送方法、価格などは2021年1月現在の情報です。

無料であなたのビジネスに合ったネットショップを

Squareなら店舗もネットショップも一括で管理。無料で簡単に始められます。


Squareのブログでは、起業したい、自分のビジネスをさらに発展させたい、と考える人に向けて情報を発信しています。お届けするのは集客に使えるアイデア、資金運用や税金の知識、最新のキャッシュレス事情など。また、Square加盟店の取材記事では、日々経営に向き合う人たちの試行錯誤の様子や、乗り越えてきた壁を垣間見ることができます。Squareブログ編集チームでは、記事を通してビジネスの立ち上げから日々の運営、成長をサポートします。

執筆は2020年2月23日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash