【商いのコト】時計一筋の父と、37歳で時計の道を選んだ息子ーアトリエスピカ

成功も失敗も、すべては学びにつながる。ビジネスオーナーが日々の体験から語る生の声をお届けする「商いのコト」。

つなぐ加盟店 vol. 42
アトリエスピカ 大澤範之さん、大澤正明さん

spica01

新しいことをはじめるのに、年齢は関係ない。

今回は腕時計修理専門店『アトリエスピカ』を営む親子を紹介する。大澤範之さんと父の正明さんだ。父の正明さんは仕事人生のほとんどを時計とともに過ごした。一方で息子の範之さんが時計の仕事をはじめたのは、37歳のとき。

なぜ範之さんはそれまでのキャリアとは異なる時計の道を選んだのだろうか。前編では腕時計修理専門店をはじめるまでの2人のキャリアを紹介する。

後編はこちら

16歳から時計一筋

spica02

「きっかけですか……。人の紹介です。昔は時計メーカーが社内で組み立てを行うのではなく、外注するのが一般的だったんです。僕はその外注先で組み立ての仕事をしていました。時計が好きだったかといわれると…そんなことはありませんでしたね。学生の頃、僕は体が小さかったので楽な仕事に就きたいと思っていたんです。時計の仕事は座ってできるから、外を飛び回る営業とかよりは楽そうだなと思って(笑)。」

柔らかな表情で語ってくれたのは、父の正明さん。16歳からキャリアのほぼすべてを時計に捧げてきた。“職人”のイメージとは少し異なり、穏やかでゆっくりとした口調で喋る様子が印象的だ。

spica03

「もういいやと思ったこともありましてね、時計の仕事を辞めて従兄弟がやっている鉄鋼の仕事に就いたんです。でもやっぱり鉄鋼の仕事って重労働できつくて……。なんだかんだ時計を扱う仕事が自分に合ってるんだろうと思って戻ることにしました。修理の仕事をするようになったのはそれからですね。」

時計の修理は長時間細かい作業をするため、肉体労働とは別の大変さがある。しかし正明さんには、集中力が求められるこの仕事が合っていたようだ。定年を迎えるまで会社勤めで時計の修理を続けた。65歳になった正明さんは会社を辞め、個人で時計の修理をすることにした。

「これからはアルバイトくらいのつもりで仕事を受けて、年金をもらってのんびり生きていけたらいいなと思っていたんですよ。だから、それまで時計とは全く関係のない道を歩んでいた息子から『自分もやってみたい』と言われたときはびっくりしましたね(笑)。」

会社勤めからフリーのコピーライターを経て

spica04

時計の道一筋で生きてきた正明さんとは対照的に、息子の範之さんのキャリアは変化に富んでいる。コピーライターになりたいと思っていた範之さんは、求人情報などを扱う会社に就職し、企業の新卒採用や中途採用に関わる仕事をしていた。

1度目の転機が訪れたのは27歳のとき。会社の先輩が独立してクリエイターが直接クライアントとつながり、企業ブランディングを行う会社を作るということで、範之さんは創業メンバーとして参画した。

「9年間ほど働きました。今では会社は大きくなって名古屋や大阪、福岡にも支社があるんですよ。創業メンバーとして会社を大きくする仕事はもちろん充実感がありました。ですが当時の僕はとにかく仕事がすべての生活をしていたことや、マネジメントの仕事が多かった一方でプレイヤー志向が強かったので、別の働き方をしたいと思うようになりました。」

spica05

範之さんは働き方を変えるために35歳で会社を辞め、フリーのコピーライターとなった。これが2度目の転機である。そして2年ほどが経過し、日本を大災害が襲った。東日本大震災である。

「当たり前の日常が突如としてなくなってしまうことへの恐怖を覚えました。コピーライターの仕事は楽しかったですが、自分が60歳や70歳になったときにこの仕事を続けているイメージが持てなくなってしまったんです。何か資格を取得してずっと働き続けられる仕事をしたい。震災をきっかけに仕事に対する価値観が大きく変わりました。」

3度目の転機を迎えたタイミングで、父の正明さんは会社を定年退職。時計の修理を個人でやるという話を聞き、初めて興味を持つようになったという。

spica06

「時計自体にはあまり関心はありませんでしたが、父がずっとやってきた時計修理の仕事が一体どのようなものなのだろうと興味が湧きました。灯台下暗しじゃないですけど、時計は世界中にありますし、体が元気ならずっと続けられる仕事なんじゃないかと。37歳で未経験のところから覚えられるかどうか分からないけど、とりあえずやってみようと決意しました。」

人生の中で何度か大きな転機を迎えてきた範之さん。37歳にして父の正明さんと同じ時計の道に進むことを決心した。後編では、範之さんが時計修理を学んだ過程や仕事の魅力、そして今後の展望について紹介する。

後編はこちら

アトリエスピカ
埼玉県春日部市大畑305-1
Tel/Fax : 048-812-8783
定休日 : 水曜・日曜・祝日

(つなぐ編集部)
写真:小沼祐介


Square加盟店の取材記事【商いのコト】。最新記事や取材風景は Instagram をフォローしてご覧ください。

さらに詳しく

機能満載のPOSシステムがここまで身近に

あなたの成長に合わせた Square POSシステム

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。