メリット多数!デビットカード決済のすすめ

alt text

デビットカードは、海外においてクレジットカードに並ぶ決済手段です。日本でも利用者が増えていることから、「デビットカード決済を導入したい」と考える経営者もいることでしょう。しかし、クレジットカードとの違いが不明だったり、どんなメリットがあるのかわからなかったりする人もいるかもしれません。

今回は、そもそもデビットカードとは何かやデビットカードのメリット、導入時の注意点、導入に必要なものについて説明します。

デビットカードとは?

alt text

デビットカードは、「即時決済機能のあるカード」です。カードで支払った金額が、すぐに銀行口座から引き落とされる仕組みになっています。ちなみに、デビット(Debit)とは、簿記用語で「借方」という意味です。

「デビットカード」と呼ばれるものは、大きく2種類あります。一つは、VISAやMasterCard、JCBなどの国際ブランドによるデビットカードです。もう一つは、銀行のキャッシュカードをそのままデビットカードとして使う「J-Debit(ジェイデビット)」です。即時決済できる点はどちらも同じです。

クレジットカードとの一番大きな違いは、「銀行口座から即時引き落としされる」という点です。クレジットカードは、利用料金の引き落としが1カ月から2カ月先ですが、デビットカードはその場で引き落としが完了します。

デビットカードのメリット

alt text

デビットカードは、カード利用者だけでなく、経営者にもメリットがあります。それぞれの側から利点を見ていきましょう。

利用者側のメリット

お金を使いすぎなくて済む
デビットカードの限度額とは、すなわち銀行口座の預金残高です。そのため、預金残高を調整すれば、お金を使いすぎる恐れが少なくなると考えられます。「キャッシュレス決済をしたいけれど、クレジットカードは不安」という人でも安心して利用できるカードだといえます。

ポイント還元やキャッシュバックがある
カードによっては、ポイント還元やキャッシュバックの制度があるので、お得感があるといえます。

審査がない
クレジットカードの発行と異なり、デビットカードは審査不要な場合があります。クレジットカードに比べて、気軽に使えるといえます。

15歳から持つことができる
デビットカードは、中学生を除く15歳から持てるものもあります。クレジットカードよりも利用できる年齢の幅が広いカードです。

ATMで現金を下ろす手間が省ける
現金しか持っていない場合、手持ちのお金が足りなければATMや銀行窓口で下ろすか、商品購入を諦めなければなりません。しかし、デビットカードを持っていて、銀行口座に預金があれば、手持ちの現金を気にせずに買い物ができます。ATMに行く手間が省けるので便利だといえます。

現金を扱うわずらわしさが減る
会計時は、デビットカードを従業員に渡すだけで支払いができるため、小銭やお札を取り出さずに済みます。また、多額の現金を持ち歩く必要がないのも、防犯面でのメリットだと考えられます。

経営者側のメリット

会計が楽になる
カード1枚で決済が完了するため、会計処理の手間が省けて楽になると考えられます。お客様から渡される現金の金額を数えたり、お釣りを確かめて手渡したりする一連の作業が必要なくなるためです。

売り上げアップが期待できる
デビットカード決済ができれば、お客様側は手持ちのお金を気にしなくてよいため、機会損失を避けられると考えられます。いつもよりも少し高額なの商品を買ったり、一品多く頼んだりなど、売り上げアップにつながることが期待できます。

外国人観光客など、カード決済に慣れた人に選ばれやすくなる
海外では、日本よりもキャッシュレス化が進んでいる国々があります。外国人観光客の中には、現金払いよりも、慣れているカード払いをしたいと考える人も多いと考えられます。カード決済に対応することによって、このようなニーズを持つお客様に選ばれやすくなることが期待できます。

防犯につながる
デビットカード導入でキャッシュレス決済が中心になると、必然的にレジの中の現金が少なくなり、防犯につながると考えられます。

上述のとおり、デビットカードはメリットが多い決済手段といえます。政府を中心にキャッシュレス決済を推進する動きもあるため、今後はデビットカードでの支払いを希望するお客様も増える可能性があります。

便利な支払い方法が選べるとわかれば、積極的にお店を利用してくれるお客様も出てくるかもしれません。経営者にとってもデビットカードはメリットがありますので、活用を検討してみてください。

デビットカード導入前に知っておきたい点

デビットカードを導入する前に、いくつか留意しておくべき点もあります。

決済には専用機器が必要

デビットカードによる決済を行うには、カード情報を読み取る端末が必要です。

手数料がかかる

クレジットカード決済と同様に、手数料がかかります。

スマホやタブレットでカード決済を受け付ける

Squareでカード決済
無料のアカウントを作成

デビットカード決済導入にはモバイル決済がおすすめ

モバイル決済は、スマートフォンやタブレット端末を用いたカード決済の方法です。操作がわかりやすく、従来のカード決済よりも手数料も低く抑えられるという利点があります。

たとえば、SquareICカードリーダーは、お手持ちのスマートフォンなどに接続し、無料のPOSレジアプリと連携するだけで、簡単にカード決済ができます。場所を取らない上、普段使い慣れているスマートフォンなどで決済ができるのがメリットです。

もちろん、クレジットカードだけではなく、デビットカードの決済も可能です。具体的には、以下のカードブランドロゴが搭載されたものが利用できます。
・VISA
・MasterCard
・American Express
・Discover
・Diners Club
・JCB

デビットカードには、発行のしやすさや即時決済、ポイント還元など、現金にはない強みがあります。カード利用者はもちろん、キャッシュレス化が進む時代において、経営者にとっても強い味方といえるでしょう。ぜひこの機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

クレジットカード決済について学ぶ。CAFISとは?
経営者必見!「ICチップ対応」のクレジットカード決済端末導入のススメ

執筆は2018年12月11日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いせん。
Photography provided by, Unsplash

クレジットカード決済を導入する

Visa、Mastercard、American Express、JCB、Diners Club、Discoverの6ブランドが利用可能です。

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。