2店舗目の出店を考える飲食店が知っておきたいこと

alt text

1店舗目の飲食店が順調に売り上げを伸ばし、そろそろ2店舗目を出店しようかと考える経営者もいることでしょう。しかし、多店舗経営を効率よく運営していくには、メリット・デメリットを把握したうえで、成功するためのポイントをおさえておくことが重要です。

今回は、2店舗目の出店を検討している飲食店経営者に向けて、知っておきたいポイントを紹介します。

多店舗展開には戦略が必要

2号店、さらに3号店と多店舗展開を目標に掲げている経営者もいるのではないでしょうか。1店舗のみの経営と、多店舗経営ではその戦略は異なります。人材の確保や教育にはじまり、食材や備品の調達方法、資金繰りといった形で、考え選択すべき項目がいくつもあるでしょう。

1店舗のみの経営ではうまくいっていたのに、2店舗目は雲行きが怪しい、なんていう話も耳にしたことあるかもしれません。多店舗展開には何が必要か、どのような準備をするといいのかを紹介していきます。

タイミングを見極める

出店のタイミングは重要なポイントです。1店舗目の売り上げが順調な時期であることはまずクリアしたい条件です。たとえば、人気メニューがメディアなどで紹介され、コアタイム以外でも一定数の来店客がいる場合、2店舗目の出店を考えてもいいかもしれません。

また、出店先地域における類似店舗の現状把握も重要です。似通ったジャンルの飲食店であれば、当然競合することになります。事前に必ず競合他社についてリサーチしておくようにしましょう。

スタッフの教育・習熟度を把握

alt text

飲食店を効率よく運営するには、店長や一人ひとりのスタッフの力が大切になってきます。2店舗目を出店する際に、店長やフロアリーダーなどを任せられる人材がいるかどうかも重要です。どこの飲食店でも、開店時は思うように運営できないことがあります。店舗経営をスムーズに進めるためには、人材を育成しておくことがポイントです。

出店する業態についてもよく検討を

alt text

飲食店と一口にいっても、種類は多岐にわたります。日本料理店、中華料理店、ラーメン店、焼き肉店、そば・うどん店、喫茶店などがあげられます。同じ飲食店でも、提供する料理が違えば、材料の種類・調理器具・メニューの選定・調理方法などさまざまです。

1店舗目が順調であれば、自然と同じ業態で出店を考える場合が多いかもしれません。ノウハウがない分野での出店はリスクが大きくなると考えられます。

多店舗経営のメリット

alt text

多店舗経営をすることで得られるメリットを紹介します。

・知名度のアップ
・リスクの分散化
・調達材料のコストダウン
・キャリアパスの形成によってスタッフのモチベーションがあがる
・売り上げが伸びる

複数の店舗が存在すれば、お客様から知られるきっかけが増え、集客効果につながります。複数の店舗があれば、1店舗の売り上げが悪化しても他店舗でカバーできる可能性があります。調達する材料も、量が増えれば単価を下げられることにつながるでしょう。

多店舗経営するには、それぞれの店舗に人材が必要です。マネジメントを行う人材が必要であるとともに、店舗の規模が大きいほど将来的なキャリアアップを描けることになります。

多店舗経営では、1店舗だけに比べて売り上げの伸びが期待できます。売り上げアップを期待できる反面、それぞれの売上管理・コスト管理も重要になるでしょう。

多店舗経営のデメリット

alt text

メリットがある一方、デメリットがあることも忘れてはいけません。多店舗経営をするうえで考えられるデメリットは、主に5つあげられます。

・初期費用および毎月の経費がかかる
・人材の管理が複雑になる
・人材不足に陥りやすい
・人材の教育・研修なども重要になる
・資金管理や経営管理が複雑になる

飲食店の出店には、厨房機器をはじめ、店舗の内装、求人広告、オープンのチラシや広告掲載代など初期費用が大きくかかります。オープン後も当然、2店舗分の経費がかかることになります。売り上げが伸び悩めば、2店舗ともに運営が厳しくなります。

人材も約2倍になるので勤怠管理も複雑になるでしょう。また、地域にもよりますが、人材が集まりにくい地域の場合は慢性的な人材不足に悩むことも考えられます。人材が増えることで教育体制も整備する必要があり、各種研修の実施などの経費もかかるでしょう。

多店舗経営の場合、仕入れ発注の把握、売上集計など金銭面での管理も複雑になります。

ビジネスの成長に合わせたPOSレジアプリ

Square POSレジを設定
無料のアカウントを作成

POS レジのすすめ

限られた人員のなか、効率よく飲食店経営をしていくにはITツールの活用は欠かせません。アナログな作業が多く、事務仕事が増えてしまうと、本来すべき来店客への対応がスムーズにできなくなる可能性があります。

たとえば、Square POSレジは、無料で使える便利なツールです。スマートフォンやタブレット端末と無料アプリがあれば、POSレジを導入できます。出退勤時間を記録できる従業員機能もあるので、タイムレコーダーの設置なども不要です。専用のICカードリーダーと組み合わせることで、クレジットカード決済も受け付けられます。ぜひ導入を検討してみてください。

関連記事

経営者のための多店舗経営の基礎知識
実店舗にクレジットカード決済を導入するメリット

執筆は2018年10月12日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash

さらに詳しく

業務効率化に役立つPOSシステム

あなたの事業の成長に合わせて使えるPOSシステムです。

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。