美容室にクレジットカード決済を導入するメリットとは?

Alt text

近年は、現金以外にもクレジットカードや電子マネー、さらには仮想通貨での決済にも対応した店舗があるなど、決済方法が多様化しています。お客様の要望に合わせてさまざまな決済方法を導入していきたいのではないでしょうか。

今回は美容室の経営者に向けて、クレジットカード決済を導入するメリットについて紹介します。

キャッシュレス化の推進

Alt text

経済産業省では、2020年の東京大会開催に向けてキャッシュレス決済の普及を推進しています。

2014年に発表された「キャッシュレス化に向けた方策」のなかのひとつに、「地方商店街や観光地等でのクレジットカード等決済端末の導入促進」が掲げられており、東京だけでなく地方のお店などでもキャッシュレスへの対応が求められていることがわかります。

参考:キャッシュレス化に向けた方策についてとりまとめました

キャッシュレスによる決済は現金での取引決済時に比べて、会計の効率化、お客様の利便性の向上につながります。また、購買記録のデータを分析することで、マーケティング活動や販売機会の拡大につなげることもできます。

国によってはクレジットカードなどキャッシュレス決済が主流だというところもあります。多くの外国人が日本を訪れる2020年に向けてキャッシュレス化を推進していくことは、商売の活性化や新たなビジネスチャンスの創出にもつながっていくことが期待できます。

美容室でクレジットカード決済を導入することのメリット

Alt text

実際に美容院でクレジットカード決済を導入する場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。

販売機会、利用機会の確保および単価の向上

お客様は現金を引き出したり、財布の中身を気にしたりする必要がありません。お客様の中には「トリートメントサービスも受けようかな」「今日使ったシャンプーを買って帰ろう」と当初予定していた以外のサービスを受けることや商品を購入する人もいるでしょう。サービスの追加や商品の購入に対するハードルがキャッシュレスになることによって下がるかもません。

また、髪の伸び具合いやヘアカラーの落ち具合いに合わせて美容室を利用する人も多くいますが、急に髪を切りたい、時間ができたから行きたいという人もいるでしょう。そのようなときにクレジットカードに対応している美容室であれば、手持ちの現金を気にせずに利用できます。

さらに、新規のお客様を獲得したいという際にも、クレジットカードと現金の両方に対応することで、現金派、クレジットカード派、両方の顧客獲得の機会を広げることも期待できます。

キャッシュレス化に伴う満足度の向上

お客様が美容室に行く目的は、髪のカットやケアです。お客様が重視するのはサービスの質はもちろん、サービスそのもの以外の部分でもお客様を満足させることで、トータルでの満足度を上げることをできます。

たとえば、クレジットカード決済はお釣りのやりとりがない分、レジでの作業効率が上がり、スムーズな会計につながります。また、クレジットカードのポイントを積極的に貯めたいという人や小銭が煩わしいと感じる人もお客様もいるでしょう。

博報堂生活総合研究所が発表した 「お金に関する生活者意識調査」では、最近2〜3年の支払い方法の変化について、「現金での支払いが減少し、クレジットカード支払いが増えている」という結果が出ています。これらのことからも、クレジットカード決済導入がお客の満足度向上につながる可能性が考えられます。

参考:お金に関する生活者意識調査(博報堂生活総合研究所)

現金管理の手間が省ける

クレジットカード決済の場合、会計時に現金を直接受け取る必要がありません。また、カードでの支払い分については、明細からその日の売り上げを確認できます。小銭などを計算する現金と比較して、レジ締めが楽になると考えられます。カード決済端末の使い方をマスターしておけば、会計時の作業スピードも上がります。作業の効率化を図るという意味でもカード決済を導入してみてはいかがでしょうか。

導入にあたっての2つの懸念点

Alt text

クレジットカード決済導入に伴うメリットがある一方で、導入の際に注意しておくべき点もいくつか存在します。

導入にはコストがかかる

クレジットカード決済を行うにはクレジットカード会社と直接契約、もしくは決済代行会社と契約を交わす必要があり、また手数料も発生します。

クレジットカード会社との直接契約の場合、各カードブランドの会社と個別に契約するので、受け付けたい会社ごとに契約を結ばなければいけません。

一方、決済代行会社は、いくつものクレジットカード会社との間に入って一括で契約を代わりに行ってくれます。決済代行会社と契約を結べば複数のブランドのクレジットカードを受け付けることが可能です。また、契約に関する手続きも代行してくれるのでお店側の負担が減るため、決済代行を利用する店舗が多いようです。しかし、決済代行の場合、カード決済手数料に加えて、月々の利用料金がかかることも多く、その分コストもかかります。

従業員のトレーニング

クレジットカード決済を導入した場合、従業員向けにトレーニングを徹底的に行う必要があります。決済端末の使い方といった基本的な内容からカードの不正利用に関する教育までです。

レジの効率化にも役立つカード決済であっても、従業員が操作に戸惑ってしまっては現金決済以上に時間がかかってしまう可能性もあります。また、万が一カード情報が漏洩してしまうと、お客様からの信用を失ってしまうほか、店として責任を追及されることになるかもしれません。

こういったことが起こらないようにするためにも、導入時にはしっかりと従業員に対する教育を行っておく必要があります。

スマホやタブレットでカード決済を受け付ける

Squareでカード決済
無料のアカウントを作成

カード決済導入のヒント

実際にカード決済を導入しようとしても、サービスはいくつもあり、初めてだとどれを選べばいいのか迷ってしまうかもしれません。

たとえばコスト面で考えると、Squareなら決済端末のICカードリーダー購入にかかる4,980円と、カード決済を受け付けた際の決済手数料のみです。月々の固定費用などはないので、カードの利用がないときには費用はかかりません。ICカードリーダーを普段使っているスマートフォンやタブレット端末と接続すれば、簡単にクレジットカード決済を導入することが可能です。

また、トレーニングの面から考えても、普段からスマートフォンやタブレット端末を使用している人であれば操作は難しくはありません。

コスト、トレーニングの両方から考えて、これからカード決済を導入しようという人にとって気軽に利用できるサービスではないでしょうか。

現金での支払いを好む人も多いですが、政府を中心にキャッシュレス化を推進していこうという動きも見られるようになってきました。2020年に向けて外国人観光客が増えていくことが予想される今、カード決済の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

簡単にカード決済を導入できる、スマホ決済とは
美容サロン必須!Instagramを活用した集客のすすめ

執筆は2018年3月12日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash

さらに詳しく

機能満載のPOSシステムがここまで身近に

あなたの成長に合わせた Square POSシステム

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。