新型コロナウイルスへの対応

美容業にはSquare。毎日のタスクをラクにする3つの機能

Square (スクエア), ブログ編集者

美容院やネイルサロン、エステサロン、整体院、整骨院などでは、施術の技術はもちろんのこと、リラックスした空間作り、楽しい会話、定期的な新規メニュー提案など、常連客を囲い込むためにさまざまな努力が必要です。加えて閉店後には、帳簿管理やスタッフのシフト作成など、経営者としての業務も待っています。

Squareは美容やリラクゼーション関連のビジネスで役立つ機能を無料で提供しています。その中でも、特に日々の業務をラクにする3つの機能を紹介します。

1. 売り上げの自動集計には、POSレジ機能

スーパーマーケットやコンビニエンスストアで使われているPOSレジ。美容関係のビジネスにはあまり関係ない、と思うかもしれません。しかし、規模が小さな美容院やネイルサロンこそ活用したいのが、POSレジです。事前に提供メニューを登録しておけば、会計が早くなるだけでなく、お店を閉めたあとのレジ締めも手作業での集計に比べると圧倒的に楽になります。

PD00026 stand S1d R12 appointments people counter screen iPad hands

Square POSレジは手持ちのスマートフォンやタブレットで使えるPOSレジアプリです。従来のPOSレジで必要だった初期投資や月々の固定費用は必要ありません。アプリのダウンロードも利用も無料です。

必要な作業は、アプリをダウンロードをして、メニューを登録しておくだけ。どのメニューがどれくらい売れたのか、どの時間帯にお客様が多かったのかなど、経営者にとって助かる情報が自動的に集計されます。

2. 店舗販売品の在庫管理には、在庫管理機能

店頭でシャンプーやワックス、ネイルケア製品を販売しているというお店、多いのではないでしょうか。小売店ほど商品数が多くないなら、専用の在庫管理ソフトは必要ないかもしれません。しかし、「どの商品がどれくらい売れたのか。発注がどれくらい必要か」は把握しておきたいところです。表計算ソフトで管理するのもいいですが、Square POSレジなら在庫管理も可能です。

inventory JP PD00392

商品名、値段、数量などを登録しておくだけ。商品が売れれば、在庫数に自動的で反映されます。店舗販売品の売れ行きが把握できるのはもちろん、月末や年度末の棚卸し作業も楽になります。

3. お客様の情報管理には、顧客リスト機能

日々の売り上げ、店舗販売品の売れ行きに合わせて経営者として把握しておきたいのは、どんなお客様が来店しているのか。一日の来客数、お客様がよく来る時間帯・曜日、人気のあるメニュー、売れ筋の商品、客単価は、経営状況の把握には欠かせない情報です。

Square POSレジではこれらの情報が自動的に集積・データ化されるだけでなく、お客様を「顧客リスト」に登録しておけば、どのお客様がいつ来店し、どのメニューを頼んだのか、を無料で、毎日使うPOSレジ上で把握できます。

Square Readerで今日からキャッシュレス決済導入を

カード決済、タッチ決済、電子マネー決済がこれ1台で


続けて読もう!ビジネスの成長に寄り添う、4つの機能

(1) 美容業にはSquare。毎日のタスクをラクにする3つの機能
(2) 美容業にはSquare。ビジネスの成長に寄り添う、4つの機能
(3) 美容業にはSquare。セットで揃えたいレジの周辺アイテム

Squareのブログでは、起業したい、自分のビジネスをさらに発展させたい、と考える人に向けて情報を発信しています。お届けするのは集客に使えるアイデア、資金運用や税金の知識、最新のキャッシュレス事情など。また、Square加盟店の取材記事では、日々経営に向き合う人たちの試行錯誤の様子や、乗り越えてきた壁を垣間見ることができます。Squareブログ編集チームでは、記事を通してビジネスの立ち上げから日々の運営、成長をサポートします。

執筆は2020年3月31日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。