新型コロナウイルスへの対応

ブラウザ決済の使い方とメリット

Square (スクエア), ブログ編集者

▶︎この記事では、Squareのブラウザ決済の使い方とメリットについて紹介します。

お客様から問い合わせや注文の電話を受けた際、「この電話で決済できたらいいのに」と思ったことがある事業主は多いでしょう。Squareブラウザ決済を使えば、電話口でそのまま決済ができます。

目次



ブラウザ決済とは?

クレジットカード決済サービスを提供するSquareのブラウザ決済は、お客様と直接対面することなく、非対面で会計を行う方法の一つです。パソコンのブラウザ上に、お客様のクレジットカード情報を入力し、瞬時に決済が完了します。インターネットにつながるパソコンがあれば利用できるので、専用の端末が必要なく、導入費用ゼロで始められます。

ブラウザ決済のメリットは?

ブラウザ決済のメリットをみていきましょう。

1. 問い合わせから注文、決済までを1本の電話で完了できる
ホテルやセミナーなら空室や申し込み状況について、ビンテージものなど希少性の高い商品の販売なら入荷状況について、お客様から電話による問い合わせがよく入るでしょう。ブラウザ決済なら、問い合わせの電話から、そのまま注文・決済までを一度に済ませられます。

2. 客層が広がる
電話一本で注文と決済が完了できるブラウザ決済なら、パソコンやスマートフォンの利用に慣れていないお客様や電話注文を好むお客様にも対応できます。また、必要事項を入力して会計するだけのシンプルな流れなので、パソコンの操作に不慣れな事業主でも簡単に操作できます。

3. 今すぐクレジットカード決済を始められる
必要なものはインターネットにつながるパソコン、そしてSquareのアカウントのみです。アカウントの作成は無料で、オンライン上で数分あれば完了します。月額利用料金もかかりません。

4. 入金が早い
クレジットカードの決済手数料が引かれた金額が最短で翌営業日に入金されるため、キャッシュフローの面でも安心です。ブラウザ決済で使えるクレジットカードはVisa、Mastercard、American Expressで、決済手数料は一律3.75%です。

ビジネスの効率を上げるPOSレジアプリ

手軽さを追求した無料で使える直感的なPOSレジ

ブラウザ決済の使い方

ブラウザ決済なら、次の三つのステップでクレジットカード決済が完了します。

用意するもの:Squareのアカウント、インターネットにつながるパソコン

STEP1: Squareアカウントにログインし、「ブラウザ決済」から「支払いの受付」を選ぶ
STEP2: お客様の支払い情報を入力する(請求金額、カード番号、有効期限、セキュリティーコードなど)
STEP3: 「お会計」をクリックする

取引の詳細などを残せるメモ欄があり、またお客様の携帯電話番号宛てに電子レシートも送信できます。

続けて読もう!「ブラウザ決済を他の決済方法と比べてみました!