業務効率アップ&事業拡大を目指す、ビジネスのデジタル化。メリットや成功事例を紹介

業務効率アップの糸口のひとつが、ビジネスのデジタル化です。現在、各業界・職種ごとにさまざまな取り組みが行われています。課題を解決し、効率アップを図ることで時間と予算にゆとりが生まれ、新事業の立ち上げも可能になるでしょう。本記事では、デジタル化のメリットや成功事例を分かりやすく解説していきます。

デジタル化とは?

デジタル化とは、デジタル技術によって社会や生活スタイルをよりよいものへ変えることをいいます。経済産業省はデジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX 推進ガイドライン)を公表しました。業務の効率化・自動化・多様な働き方を実現することで、新サービスやビジネスモデルを開拓し事業を成長させることがデジタル化の本質であるといえるでしょう。ここでは、デジタル化のメリットや各業界の事例を紹介していきます。

デジタル化のメリット

デジタル化の主なメリットは次の通りです。

  • 作業の効率化
  • 労働環境の改善
  • ヒューマンエラーの防止
  • コスト削減
  • 顧客満足度の向上
  • 新しいビジネスモデルの創出
  • 新型コロナウイルスの流行により、人々の行動や消費動向、働き方は大きく変化しました。ニューノーマルな時代のニーズに沿った新サービスやビジネスモデルの創出は、事業拡大の大きなチャンスです。新事業に取り組む時間と予算を確保し、競合優位性の高い付加価値を生み出すために、デジタル化は欠かせません。

【関連記事】ビジネスを変革するデジタルトランスフォーション(DX)とは

デジタル化の具体例

ITツールの発展やテレワークの導入により、各企業でデジタル化は急加速しました。デジタル化の具体例を見ていきましょう。

決済・請求書
決済や契約書を電子契約・電子署名に変更することで、契約までの時間や紙・印刷・郵送・印紙にかかるコストを大幅にカットできます。電子契約やデータ化した資料の保存には、クラウドサービスが便利です。収納スペースの縮小&検索性の向上につながるほか、場所や時間に囚われずアクセスできるため、テレワーク時の情報共有もスムーズです。

シフトや退勤管理システム
アナログでのシフト管理は、非常に工数のかかる業務の一つです。デジタル化により、売り上げ予測に対して適切な人員が配置されているか、アルバイトスタッフの希望に合わせて配置できているかなどを一括管理できます。また、勤怠管理はスマートフォンやタブレット端末で記録することが可能です。労働時間や休日数をリアルタイムに把握することで、労働時間が長いスタッフの業務分散につながり、給与計算の負担も削減されます。

売り上げ・在庫管理
売り上げ管理とレジ機能を一体化することで、売り上げに対する人件費、売れている商品や売れ行きのよい時間帯・季節、仕入れ量の分析が可能になり、コストのかけ方や運営方法の見直しができるようになりました。会計ソフトと連携すれば、帳簿管理も一体化できます。ほかにも、AIによる自動予測システムで発注ミスや商品の欠品・廃棄ロスを防ぐなど、手間や時間をかけることなく管理が可能になりました。

このように、今まで人間が行ってきた業務をデジタル化することで、時間も手間もコストも大きく削減できる時代になりました。「当たり前」の作業を見直してみませんか?

業種別デジタル化の成功事例

業種・企業ごとにデジタル化への取り組みは多種多様です。労働環境の改善やカスタマーの満足度向上などの成功事例を詳しく見ていきましょう。

小売店

【課題】食品廃棄ロス削減

【取り組み】販売期限が迫る商品の値引きについて、人による判断からAIによる分析へ変更しました。その日の在庫状況に応じて対象商品や数量、値引き額、値引き時間などをAIが導きだし、店舗近くの見込み客に値引き情報を配信したのです。効率的に売り切る仕組みを作った結果、食品廃棄ロスの削減に成功しました。

飲食店

【課題】労働力不足とデリバリー増加

【取り組み】配膳ロボットの活用や券売機・セルフサービスの注文システム、クレジットカード・電子マネーなどのキャッシュレス非現金決済を導入し、人材不足を解消しました。また、デリバリーの増加を受けて、配達員専用アプリを開発した例もあります。配達ルートの最適化やデリバリースタッフへのサポートを行い、配達時間の短縮とデリバリースタッフの定着率向上に一役買いました。

【関連記事】飲食店をDX化して、ビジネスに変革を起こそう

美容サロン

【課題】セルフカラーの需要増加や美容院数の増加に伴い、競争が激化

【取り組み】他店舗と差別化するサービスを検討し、スマートミラーを導入しました。これは、鏡にヘアカタログや動画を映し、顧客の顔写真上でヘアシミュレーションを行える画期的なミラーです。他店にはないサービスで顧客満足度を上げ、差別化を図ることに成功しました。

【関連記事】美容室で今すぐ始められるDXとは?

イベント

【課題】ペーパーレス化による業務効率化とコスト削減

【取り組み】イベント公式アプリにチケットやパンフレット、MAPなどの機能を組み込むことで、印刷費用やミスによる刷り直しコストの削減を実現しました。また、会場内の誘導やチケットの確認作業も公式アプリが担い、スタッフの人件費を大幅にカットすることができたのです。チケットやパンフレットなどの荷物が減ることで、来場者もより身軽に参加できるようになりました。

病院・クリニック

【課題】医療スタッフの人材不足、正確性の向上

【取り組み】医療業界のデジタル化成功事例といえば、電子カルテです。リアルタイムで情報共有ができるため、医師・看護師・検査スタッフとの連携がスムーズになりました。転記ミスや書き間違いなども回避できるため、安全性が向上したという声も上がっています。また、会計システムとの連動で受付・会計業務がスピーディになり、事務の効率化も実現しました。患者さんの待ち時間が減り、今まで以上に丁寧な診察ができる環境が整ったのです。

【関連記事】店舗運営にDXを導入して、売り上げアップを目指そう

大型・複数店舗

【課題】深刻な人材不足による、長時間労働や生産性の低下

【取り組み】従業員の業務負担を減らすため、公式アプリによるキャッシュレス決済を導入しました。カスタマーは、自身のスマートフォンにインストールした公式アプリを使用して、購入したい商品のバーコードを読み込み、決済します。お店側はオペレーション人数を減らすことに成功し、人材不足が解消された一例です。

次のステップ

事業継続と事業拡大

経営が軌道に乗ってきた後は、いかにして事業を継続するかが大切です。事業によっては拡大を目指すこともあるでしょう。事業の継続と拡大について学びましょう。


本ページは情報提供を目的としており、掲載している情報は記事更新時点のものです。法律、雇用、税務、その他経営に関する最新情報に関しましては必ず専門家にご相談ください。当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。