注目の販売手法!ライブコマースとは

Alt text

IT技術の普及に伴って、さまざまな販売手法が登場しています。なかでも、最近注目を集めているのがライブコマースという手法。ECサイトにおいても非常に有益な販売手法として、国内外を問わず多くの企業が導入しています。

今回は、ライブコマースの特徴や注目を集める理由、具体的事例について解説します。

ライブコマースとは

Alt text

リアルタイムで動画を配信し、動画の中で商品を紹介、販売する手法です。テレビショッピングをインターネット上で見るようなもの、と考えると分かりやすいかもしれません。生放送のライブ感を生かすことで、前もって制作された動画よりも臨場感ある情報を提供することができます。

2016年に中国で流行しはじめた新しい販売手法ですが、効果的なプレゼンテーションによって、2時間で数億円を稼いだという事業者もいるようです。日本では2017年ごろから注目を集めはじめ、スマートフォンのアプリなどでライブコマースサービスを提供する企業も出てきました。

ライブコマースの特徴

これまでのECサイトでは、口コミや画像、説明文などを基に、消費者が商品を選び、購入していましたが、ライブコマースは違います。どのような違いがあるのか、ライブコマースの特徴を4つに絞って解説します。

商品やEC店舗に対する不安の軽減

ECサイトで商品を購入する場合、商品を直接手にとって確認できないことを不安に感じる消費者は多いでしょう。購入後に「思っていたのと違った」というリスクを感じる消費者も少なくありません。

ライブコマースでは、動画に登場する人が商品を試着したり、使用したりしている状況を見ることができ、実際の使用感をリアルに知ることができます。消費者が自分自身が使うイメージを想像しやすく、購入へのハードルが下がることも考えられます。

配信者側と視聴者側とのリアルタイムコミュニケーションが可能

動画を見ている最中に、商品について気になることがあれば、質問することができるなど、リアルタイムでコミュニケーションを取ることができます。家にいながら、実際の店舗で商品を選んでいる感覚で、ショッピングが楽しめます。

また、配信する側としても、消費者の反応をリアルに感じながら、より効果的な販売方法を探ることもできるでしょう。

商品の購入検討から実際の購入までがスムーズ

動画を見て、「これが欲しい!」と思えば、ワンクリックでスムーズに購入画面に移動できるのもライブコマースの特徴です。事前にクレジットカード情報を登録しておけば、すぐに購入手続きが完了するサービスもあり、時と場所を選ばずにショッピングを楽しめます。

さまざまなジャンルで導入しやすい

アパレルや雑貨をはじめ、食品関連などさまざまなジャンルの商品やサービスで導入しやすいのも特徴です。

注目されている理由

Alt text

ライブコマースが注目されている理由はいくつかあります。

中国など海外での大きな成功が影響

中国やアメリカなど、海外ではすでに成功例があります。特に中国では、大手ECプラットフォームがライブコマースを展開したことが火付け役となり、一気に発展していきました。このように海外での成功例を参考に、国内でも多くの企業が早急に取り入れようとしています。

インフルエンサーの存在

ソーシャルメディア上で多くのフォロワーを持ち、大きな影響力を持つインフルエンサーは、ライブコマースにおいても重要な存在です。

フォロワーにとって憧れの存在であるインフルエンサーに質問ができるなど、コミュニケーションをとれることは大きな付加価値となります。インフルエンサーが利用していたり、オススメしていたりする商品を購入したい人にとって、ライブコマースは魅力的なサービスといえるでしょう。

商品の良さががリアルに伝わりやすい

一般的な商品広告の場合、企業側が顧客側へ商品をオススメするBtoCになります。一方で、ライブコマースは、消費者に近い配信者が商品を紹介する形になり、CtoCに近い取引になります。一方的な宣伝ではなく、よりリアルに商品の良さを伝えられるのも注目される理由のひとつでしょう。

オリジナルデザインのギフトカードを導入

自店限定カードを作る
ギフトカードを注文する

ライブコマースの導入例

2018年現在、国内でも新たにライブコマースを提供しているサービスが続々と登場しています。3つの導入例を紹介します。

フリマアプリサイトでの導入例

フリマアプリを展開する企業が、ライブコマースを新たに導入し、より身近に消費者とやりとりをしながら実際の購入につなげています。フリマアプリを利用している一般の人でも配信はできますが、レビューや運営会社からある程度の評価を得ている人など条件が設定されている場合もあります。

また、配信時間は限られていますが、リアルタイムで視聴者の質問に答えることで、商品の販売につなげているようです。何より、出品者を動画で確認できることで、購入を検討している消費者により安心感を持たせられる効果もあります。

女性向けジャンルでの導入例

ライブコマース導入のなかでも女性向けジャンルは注目されています。モデルやソーシャルメディアでのインフルエンサーが配信者になることで、飛躍的に売り上げを伸ばす可能性を秘めています。

インフルエンサーがオススメするファッションやメイクなど、気になった商品をリアルタイムで購入できるほか、なかには、インフルエンサーがデザインした商品や私物などを扱っているサービスもあります。憧れのインフルエンサーと双方間コミュニケーションができる導入事例のひとつです。

インフルエンサー以外を配信者にする事例も

ライブコマース導入企業は、あるジャンルに特化したサイトから、ジャンルに縛られず配信者が好みの商品を紹介するサイトまで幅広く、インフルエンサーを配信者としないものもあります。企業が手掛ける既存のサイトのユーザーであれば配信できるような間口が広いサービスの場合、特定のジャンルで根強い人気を持つユーザーが配信者となっているケースもあります。

このように、ライブコマースはさまざまな可能性を秘めており、国内でも今後、ますます多様化していくことが予想されます。消費者側のニーズによってもどんどん変化し、さらなる広がりをみせることでしょう。

関連記事

集客力に差をつける!ネット販売のためのおすすめ機能まとめ
ホテルや旅館の経営に!YouTube動画を使った集客方法

執筆は2018年7月27日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash

さらに詳しく

機能満載のPOSシステムがここまで身近に

あなたの成長に合わせた Square POSシステム

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。