レストラン向け、オススメ予約システム

alt text

飲食店の集客向上や業務効率化に生かせる方法はいくつかありますが、その一つに予約システムの導入があります。手書きの予約台帳に比べてミスを減らせるのと同時に、オンライン上でも予約できれば、お客様は時間を気にせずいつでも予約でき、機会損失の防止にもなります。

今回はレストラン経営者向けてに予約システムを導入するメリットと、おすすめの予約システム、そして予約システムを有効活用する方法について紹介します。

予約システムを導入したい理由

alt text

予約システムの導入にはどんなメリットがあるのでしょうか。

主なメリットとしては以下のようなものが考えられます。

・予約の漏れやダブルブッキングの防止
・予約に割く労力の削減、コストカット
・オンライン予約なら従業員の手間がかからない
・お客様情報の事前取得
・お客様を逃さない

それでは一つずつ確認していきましょう。

予約の漏れやダブルブッキングの防止

手書きによる受付だと、いくら気をつけていてもミスが起こる可能性があります。予約の漏れやダブルブッキングなどは、お客様に迷惑をかけるだけでなく、お店の評判を下げてしまいかねません。予約システムの利用はミスの防止にもつながります。

予約に割く労力の削減、コストカット

電話を取りながらメモをしたり、手書きの予約台帳の中からお客様の情報を探してテーブル配置をしたり、これらの業務にかかる時間を減らすことで、別の作業に充てることができます。1回あたりはわずかな時間ですが、積み重なればそれなりの時間になります。長い目で見たときに、システムの導入はコスト削減にもつながることが期待できます。

オンライン予約なら従業員の手間がかからない

電話予約の場合、電話が鳴ったら必ず誰かが対応しなければならず、時間が取られてしまいます。オンラインの予約システムなら、お客様が情報を入力するだけでいいので、従業員の手間を省くことができます。

お客様情報の取得

年齢や性別、場合によっては料理やコースなど、お客様の情報を入力できる把握システムもあります。また、来店後にアンケートを送ることでより詳細な情報が手に入ります。手書きの台帳と比べて情報が管理しやすくなるでしょう。

お客様を逃さない

電話の場合、お客様がかけたときにたまたま通話中だったり、従業員が忙しかったりすると、お客様は別のお店を予約してしまう可能性があります。しかしオンラインの予約システムを導入しておけば、お客様の都合に合わせていつでも予約ができるため、せっかくお店に興味を持ったお客様を逃す心配がないのです。

おすすめの予約システム

alt text

トレタ

iPad専用アプリで、予約台帳、顧客台帳、集計・分析機能、ウェブ予約ページ作成機能などが使えるシステムです。電話で予約を受け付ける際に、アプリを立ち上げて必要な情報を入力していけば、聞き漏らしを防ぐことができます。また、ウェブ予約のページを作っておけば営業時間外も予約受付が可能です。お客様毎の来店履歴、オーダーした料理などのデータが蓄積されるので、メニュー開発などにも生かせます。

KALEIDO RESERVE(カレイドリザーブ)

KALEIDO RESERVE(カレイドリザーブ)は、POSシステムのposcubeと連動する予約システムです。POSシステムと連動することで、来店履歴をスムーズに検索でき、何度も来店しているお客様なら好みを把握した上で接客が可能です。また、蓄積されたお客様情報はDMの送付、キャンペーンの展開などマーケティングにも利用できます。

リザーブキーパー

リザーブキーパーは、パソコンとiPadで使える予約を一元管理ができるシステムです。電話の着信履歴が自動的にシステムに保存されるので、予約を受け付ける際の電話番号入力が必要ありません。また、話し中にかかってきた電話には一度自動音声で対応し、その後折り返し電話できる機能もあるので、お客様の取りこぼし防止にもなります。

SELECTTYPE

SELECTTYPEは、予約フォームの作成、問い合わせの受付、ホームページなどを作成できるサービスです。レストランだけでなく、ヨガ教室やネイルサロン、整体など業種に合わせて予約フォームのテンプレートが豊富に用意されています。ディナーコースだけ予約を受け付けるなどお店の営業形態に合わせて予約フォームのカスタマイズが可能です。オンライン上の予約フォームなら、お客様はいつでも好きなタイミングで予約ができるので、お店としてはチャンスを逃す心配が減ります。

ビジネスの成長に合わせたPOSレジアプリ

Square POSレジを設定
無料のアカウントを作成

POSレジとの連携

予約システムと連携して使えるPOSレジを紹介します。予約システムにはお客様の氏名や来店者数などの事前情報、POSレジには注文した料理や飲物などの来店時の情報が蓄積されるので、両者を連携することでより詳細な売上分析が可能になります。

ユビレジ

ユビレジは、iPadで使えるPOSレジです。前述のトレタと連携し、顧客ごとの売り上げ、予約経路ごとの売り上げなどを把握できるため、売上分析に貢献し、メニュー改善にも役立ちます。また、Squareと連携すれば、クレジットカード決済を受け付けることもできます。

poscube

poscubeは、飲食店専用のPOSレジで前述のKALEIDO RESERVEと連携します。大型のレストラン、多店舗展開をしている飲食店にも対応しています。セルフオーダーシステムやクレジットカードのSquareと連携できるだけでなく、システムの言語を英語に切り替えられたり、トレーニングモードがあったりと、多くの従業員を抱える飲食店におすすめです。

関連記事

POSアプリをCRMに活用しよう
飲食店が「5P分析」で効果的なマーケティング戦略を実践する方法とは?

執筆は2019年1月23日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash

さらに詳しく

業務効率化に役立つPOSレジシステム

あなたの事業の成長に合わせて使えるSquare POSレジシステムです。

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。