ネイリストの独立開業について

Alt text

ネイルサロンに勤務しているネイリストの中には、「将来自分のサロンを持ちたい」と考えている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、ネイルサロンの開業について紹介します。

ネイルサロンの開業方法

Alt text

ネイルサロンを開業する方法には大きく分けると、自宅、店舗、出張の3つがあります。それぞれのメリットやデメリットを解説します。

自宅でネイルサロンを開業

自宅の一部を、ネイルサロンにする方法です。

メリット

・コストを抑えられる
自宅をサロンにするので、他の場所を借りるための賃貸料が必要ありません。改装や什器の購入は必要ですが、新たに物件を見つけるよりもコストを抑えることができるでしょう。

・営業時間を自由に決められる
ライフスタイルに合わせて、営業時間を設定できるのもメリットのひとつです。同居する家族が家にいない『平日の日中だけ』、副業と兼ねている人は『週末のみ』営業するなど、ライフスタイルに合わせて調節できます。

・育児と両立できる
子どもが幼稚園や保育園に行っている間、自宅で仕事ができます。スキマ時間に家事をこなすこともできるので、子育てをしている人にとっては、時間のやりくりがしやすいのではないでしょうか。

デメリット

・集客が難しい
駅から離れた場所にあったり、住宅街などのわかりにくい場所にあったりする場合、集客が難しいことが考えられます。お客様は、通いにくいサロンより通いやすいサロンの方を選ぶのではないでしょうか。

お客様を最寄りの駅やバス停まで送迎したり、割引サービスを提供したりなど、通いにくさをカバーする工夫も必要でしょう。

・生活感が出る
お客様がサロンに来た際、玄関やお手洗いなど、普段の生活の一部がお客様の目に入ることが考えられます。家の中の掃除や片付けを怠っていると、「清潔感のないサロン」というイメージにつながってしまいます。お客様の目に入る場所は、清潔な空間に保ちましょう。

「好きを仕事に!自宅サロンを開業するには」の記事もぜひ参考にしてみてください。

物件を借りてネイルサロンを開業

物件を借りて、ネイルサロンを開業する方法です。

メリット

・営業時間を自由に決められる
自宅での開業と同じく、営業時間を自分のライフスタイルに合わせて設定することができます。時間をより有効的に使いたい人や、決まった時間だけ営業したい人におすすめです。

・仕事とプライベートの切り替えができる
自宅で開業した場合は、仕事とプライベートの切り替えがなかなかできないことに悩む人もいます。一方、自宅とは別の場所に店舗があることで、仕事とプライベートの切り替えがしやすくなるでしょう。

・好みの内装に仕上げることができる
自宅だと内装を変えられる範囲に限りがありますが、店舗用の物件なら自分のネイルサロンのイメージに合わせて、内装を仕上げることができます。より明確なブランドイメージを作り上げることができるでしょう。

デメリット

・初期費用がかかる
自宅で開業するのとは異なり、物件の賃貸契約には保証金や仲介手数料、前家賃、保険料など、ある程度まとまった資金が必要です。もちろん、内装の工事費や什器購入費などのコストもかかります。前の店舗の内装や設備が残っている居抜き物件か、何も残っていないスケルトンの物件かでも初期費用に差が出ます。また、賃貸料もエリアによって価格が異なるので、事前にどのくらいが相場なのかよく調べておきましょう。

スマホやタブレットでカード決済を受け付ける

Squareでカード決済
無料のアカウントを作成

出張ネイルサロンとして開業

自宅にお客様を招き入れることに抵抗感がある人や、店舗を借りる資金がない人もいるかもしれません。そんなときは、出張ネイルサロンという方法があります。

出張ネイルサロンは、直接お客様の元に足を運び仕事をする方法です。

メリット

・コストを抑えられる
店舗を借りない分、物件の契約費用や月々の賃貸料、内装や什器など費用がかかりません。最低限、道具やネイルのパーツを揃えるだけで始められます。コストを抑えて開業したいと考えている人に、向いてるのではないでしょうか。ただ、お客様のご自宅までの交通費は、サービス料金に含めるか、自己負担にするかを考える必要があります。

・出店場所を選ばない
出張ネイルサロンは、お客様の元に足を運びネイルケアサービスを提供します。お客様のご自宅だけでなく、最近では大勢が集まる場所やイベントで出店するネイリストもいるようです。たとえば、地域にある温泉施設で、ネイルケアサービスを提供しているネイリストもいます。普段ネイルケアに興味がない人にも、ネイルケアについて知ってもらえる機会を作れますし、そこから常連のお客様になる可能性も考えられます。

デメリット

・荷物が多い
お客様のご自宅に直接伺って仕事をすることになるので、道具や材料などを含めた荷物が多くなります。タオルや仕事中に座るイス、手元を明るく照らすライトなど、出張場所によって必要なものも変わってきます。荷物の量が多いと、公共交通機関での移動が難しくなることも考えられます。

・設備が整っていない
お客様のご自宅でネイルをするとき、手を置くデスクやイスなど、ちょうど良いサイズのものがない場合もあります。その場にあるものを利用することに、不便を感じる人もいるでしょう。

開業後に利用したいサービス

Alt text

どんな方法で開業をする場合でも、ネイリストとして独立したあとは集客やリピーターの獲得に力を注ぐ必要があります。お客様の満足度を上げる方法のひとつに、クレジットカード決済の導入があります。

たとえば、SquareならSquare Readerと無料アプリSquare POSレジを使えば、普段お使いのスマートフォンやタブレット端末で簡単にクレジットカード決済を受け付けることができます。出張する際も荷物がかさばらないでしょう。ぜひ導入を検討してみてください。

関連記事

ケータリング、パーティープランナー、整理収納アドバイザー系の職業
地域密着型に適した集客とは?エステサロンのチラシ作りポイントまとめ

執筆は2018年1月29日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash

業務効率化に役立つPOSシステム

あなたの事業の成長に合わせて使えるPOSシステムです。

無料アカウントを作成

詳細はこちら

最新の情報や使い方のヒントなどを直接あなたのメールボックスへ。

事業成長やマーケティング、会計のヒントなどの特集やアドバイスが満載。