スモールビジネスの事業主が検討する開業資金の調達方法とは?

Square (スクエア), ブログ編集者

幼い頃から暇さえあれば遊びまわっていた野山で使えるアウトドアアイテムを扱う店舗、異国で出会った食文化をできるだけ忠実に再現するレストラン……形は何にしても、ずっと温めてきたアイデアを実現できる店舗を営むことは、多くの人が憧れを抱く職かもしれません。しかしながら、いざ開業すると決めたときに考えなければいけないのは開業資金です。

数年前までは開業資金として1,000万円ほど用意するのが一般的であったものの、近年では500万円以内で開業をする人も増えているようです。そもそも開業するにあたり、考慮しなければいけないのはどのような費用で、近年ビジネスオーナーはどのような手段で資金調達をしているのでしょうか。

ここではスモールビジネスが利用できる開業資金調達方法を紹介するとともに、申請の流れや条件、煩雑な手続きをラクにする方法などをわかりやすく解説します。店舗の規模や資金調達を目指す期間、調達したい目標額などによっても適切な手段は異なるので、自分のお店に合う資金調達方法を見つけてみてはいかがでしょうか。

(1) 開業に発生する費用とは
(2) 補助金・助成金を活用しよう
(3) 融資を活用しよう
(4) クラウドファンディング・ビジネスコンテストにチャレンジしてみよう

執筆は2019年12月9日時点の情報を参照しています。
当ウェブサイトからリンクした外部のウェブサイトの内容については、Squareは責任を負いません。
Photography provided by, Unsplash