書肆スーベニア | カード決済導入事例

クレジットカード決済の導入で、機会損失を防止

「Squareは(審査が)すごく早かったので。びっくりしたくらい早かったんです。やっぱりそういう設備関係って、導入できるかどうかわからない状態だとお店のほうは結構つらいものがあったりするので。レスポンスが早いのはいいですよね」ー書肆スーベニア店主 酒井隆さま

書肆(しょし)スーベニアは、東京の東側、向島にある小さな古本屋。隅田川にかかる言問橋(ことといばし)を向島方面に渡り、水戸街道沿いを4分ほど進んでいくと、たどりつく。店舗が面している水戸街道は四車線で、車が常に行き来している。ところが店内に一歩踏み込むと、その喧騒を忘れてしまうほど、ゆったりとした時間が流れはじめる。

店主の酒井隆さんは、出版社や本の流通関係の物流倉庫に勤めたのち、独立。本に関わるさまざまな仕事を経験してきたなかで、唯一まだ携わったことのなかった本の小売に踏み込んだ。

オープン当初から、キャッシュレス決済に対応するために利用してきたのが、Square。キャッシュレス決済に対応しようと思った理由や、Squareにしてよかったと思う点などを店主の酒井さんに伺った。

業種 古本小売業
業態 古書店
利用しているサービス Square リーダーSquare POSレジ
導入を検討した理由 ・低コストで導入できた
・アプリや決済端末の操作方法が簡単でわかりやすいと感じた
Squareが役に立っている点 ・無線かつコンパクトなので、店のレイアウトも自由自在に変えられる

jp-blog-shoshi-souvenir02

見込み客を取りこぼさないためにも

書肆スーベニアでは古本と新書の両方を扱い、店内スペースはコンパクトなものの、背の高い棚には絵本や小説、料理本、アート本、哲学書など、さまざまなジャンルの本が詰め込まれている。酒井さんが本をセレクトするうえでの大きな軸は、実際に生活に役立つかどうか。

「もともと学んで身につけられるような、実用的な本が好きということもありまして。生活に寄り添ったものですとか、新しく何かを知るためのものをお客様に手にとってほしいな、という思いがあります」

お会計カウンターに高く積み上がるほど大量な本を買う人もいれば、一冊、二冊買っていく人もいる。単価が低い商品もあるなかで、「キャッシュレス決済も導入しておこう」と思ったのは、自分もクレジットカードを普段から利用していたから、と話す酒井さん。

「単純にクレジットカードのほうが便利だよね、って思っていて。古本屋さんってなんとなく現金払いのイメージが強いですが、クレジットカードや電子決済などに対応していれば、お客様もまた少し増えたりするのかな、という思いがあり、そこはしっかり用意しておこうと思いました」

jp-blog-shoshi-souvenir03

検討するにあたり、重要視したのは使いやすさ。SquareならPOSレジアプリをタブレットやスマートフォンにダウンロードすれば、レジのように使用できる。Square リーダーを使うには、タブレットなどとBluetoothで接続するだけ。アプリのすっきりとしたインターフェースは、迷いなく操作ができそうと感じ、導入に進んだ。また、手頃な導入コストも、導入を後押ししたという。早速申し込んでみると、クレジットカード審査の結果がすぐに届いた。

「キャッシュレス決済って審査にすごく時間がかかったりすると思うんですが、Squareはすごく早かったので。びっくりしたくらい早かったんです。やっぱりそういう設備関係って、導入できるかどうかわからない状態だとお店のほうは結構つらいものがあったりするので。レスポンスが早いのはいいですよね」

届いたのは電源ボタンが一つに、カードの差し込み口がついた真っ白の決済端末(Square リーダー)。決済端末を触るのははじめてだったという酒井さんだが、迷うところはなかったのだろうか。

「電源さえ入っていれば、あとはカードを挿したり、タッチしたりするだけなので。そういう意味でいえば、すごく簡単です。一度覚えてしまえば、いろんなボタンをぽちぽち押してやるよりも楽ですね」

jp-blog-shoshi-souvenir04

書肆スーベニアがある墨田区では、2018年から「すみだキャッシュレス実証実験プロジェクト」を実施していたり、区役所で発行する証明書の手数料がキャッシュレスで支払えたりと、キャッシュレス決済を推奨してきた。そのせいか、キャッシュレス決済に馴染みのある人も多いという酒井さん。このような流れのなかで、古本屋がキャッシュレスに対応しておくメリットを聞いてみた。

「本屋さんってやっぱり偶然の出会いで買うものが結構多かったりするので。お財布に今現金足りない!みたいなときにも、やっぱりクレジットカードがとりあえず使えるってなっていると(笑)。特に古本は一点ものがほとんどなので、クレジットカードが使えるんだってなると、買っていただけることが多いですね」

キャッシュレスで支払う人が増えれば増えるほど、大事になってくるのが入金サイクル(※)。

「やっぱりすぐに入金していただけるのは、本当にありがたいです」

※Squareでは売上額が最短翌営業日に指定した口座に入金されます。詳しくはこちら

jp-blog-shoshi-souvenir05

レイアウトを変えるときも楽

オープンしてから2年ほどは、お店のレイアウトをちょこちょこ変えていたという酒井さん。

コードレスかつコンパクトなSquareなら、コンセントの位置やスペースの制約を気にすることなく、頭で思い描いた配置をそのまま実現することができる。

jp-blog-shoshi-souvenir06

「スペース的にいえば、自由度が高いのはすごくありがたいですよね。それこそカウンターがなくても、全然使えますからね。レイアウトを変えるときも、iPadさえ置ければいい点は、結構大きかったです」

新書の売れ行きもPOSレジから随時確認

酒井さんが毎日のように行っている作業は、本の入れ替え。週に2、3回酒井さんがセレクトした本が店舗に届けられるなかで、「どの本を出して、どの本を一回下げようか、ということを毎日のようにやっています」と酒井さん。

jp-blog-shoshi-souvenir01

「今どの本を棚に並べるか」を決めるうえで役立っているのは、タダで使えるSquareの売上レポート機能。

売上レポート機能を活用するために必要なのは、POSレジアプリへの商品登録だけ。書肆スーベニアでは「新刊」「古本」という項目を商品として登録し、会計の際にいずれかを選択したうえで値段を打ち込んでいる。そうすると、Square POSレジアプリ(※)から「新刊は何冊出ているのか」「古本は何冊出ているのか」などを「商品別売上」の箇所から確認ができる。もちろん商品に限らず、週ごと、月ごとと期間を指定して売り上げを見ることもできる。

※パソコンからSquareのアカウントにログインして、Square データから見ることもできます。

酒井さんは売上レポート機能で新刊の売れ行きを見ながら、実際に今の品揃えがお客様に合っているかを見極めることもあるという。

jp-blog-shoshi-souvenir07

書肆スーベニアの今後

本屋の名前を決めるときに「書肆(しょし)」という言葉を入れた理由は二つある。一つは、古本を取り扱うからこそ古めかしい言葉を選んだ、という点。もうひとつは、書肆という言葉が今後挑戦したいことを包含しているため。

「もともと書肆っていう言葉が一般的に使われてた頃って、ただ小売の本屋さんではなくて、出版から流通、小売まで全てやる業者さんを書肆と呼んでいたんです。最終的には自分のところでも出版ができたらいいなという思いで『書肆』にしています」

今後書肆スーベニアからどのような作品が生まれるのかも、注目していきたいところ。最後にこれまでも、これからも意識していきたい心得を聞いてみた。

「やっぱり本屋さんってその地域や、お客様次第な部分が大きくて。特に古本屋さんなんかはそうなんですけど。お客さんと会話しながら、『どういう本が読みたいのかな』とか、『実はこういう本を求めていた』みたいなお客様のニーズを日々探りながら、品揃えを変えるというのはずっと続けてきたことです。それをこれからもずっと続けるのが本屋さんかな、とは思ってますね」

「特に古本は一点ものがほとんどです。やっぱりそういったときにカードが使えると、買っていただけることが多いですね」ー書肆スーベニア 店主 酒井隆さま

Squareが実現したこと

すぐに導入できた

クレジットカード決済を導入する際に、意外と時間がかかるのがクレジットカードの加盟店審査です。Squareでは最短即日で審査の結果が届くため、書肆スーベニアではすぐに導入することができました。

決済端末初心者でもすぐに使えた

オープンなどで多忙なとき、決済端末のセットアップ手順が複雑だと負担を感じてしまうかもしれません。Square リーダーなら電源を入れて、タブレットなどとBluetooth接続するだけで決済を受け付け始めることができます。決済端末をはじめて使う酒井さんも、すぐに使いこなすことができました。

レイアウトを自由自在に変えることができた

店内の什器の配置は、使い勝手に合わせて柔軟に変えていきたいかもしれません。Square リーダーはコンパクト、かつコードレス。コンセントの位置を気にすることもなければ、重たいレジを移動させる必要もありません。書肆スーベニアでも、決済端末の配置などを気にせず、自由自在に店内のレイアウトを組み換えることができました。

Square リーダーで今日からキャッシュレス決済導入を

カード決済、タッチ決済、電子マネー決済がこれ1台で

Squareでは、キャッシュレス決済を受け付けられる決済端末に加えて、POSレジ売上レポート機能など、古本店の業務に役立つサービスや機能を多く提供しています。

この事例に登場したSquareのサービスは:

jp-blog-shoshi-souvenir08


Squareのブログでは、起業したい、自分のビジネスをさらに発展させたい、と考える人に向けて情報を発信しています。お届けするのは集客に使えるアイデア、資金運用や税金の知識、最新のキャッシュレス事情など。また、Square加盟店の取材記事では、日々経営に向き合う人たちの試行錯誤の様子や、乗り越えてきた壁を垣間見ることができます。Squareブログ編集チームでは、記事を通してビジネスの立ち上げから日々の運営、成長をサポートします。